Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2011.06.24  In & Out Of Love / Armin Van Buuren feat. Sharon Den Adel  


昨年くらいに出てたUK盤のプロモで、
なんだか遅れ遅れて
今頃個人的アンセムに(笑)

元は2008年にリリースされたもので、
だいぶ遅れて2010年にRemix版が
リリースということになってはいますが、
実質2010Verのようになっちゃってます。

Original Mixはハウスともトランスともつきにくい、なんとも不思議な印象のある
綺麗な雰囲気の曲で、どっちかというとホームリスニング向け。

個人的にお気に入りなのは、流れるような仕上がりになっている
Kenny Hayes Blue Sphere Remix
見事に綺麗なユーロトランス風に仕上げている良作だと思います。

Jorg Schmid も今回は趣がやや異なるようで、いつものポップ全開というわけではなく
彼らしいポップの要素をやや残しながら、元のイメージを上手く絡めて綺麗な
トランスポップに仕上がっています。
BPMがやや高めですが、アクセントにはなるのでトランスから、
あるいはトランスへのスイッチ曲として使えそうです。

LMC Remix どっちかというとハウス寄りですが、トランシーな音使いも織り交ぜながら
なんともバランスの良い仕上がりです。踊りやすく、聞きやすい
LMCらしい仕上がりになっています。
ただ、LMCの真骨頂といえばやはりキラキラポップだと思うのですが、
ここ最近 そういう曲は全然出てきませんねぇ。

Klubfiller はBPMが最も高いRemixのようで、スピード感のある哀愁トランスポップへと
変貌を遂げています。
これが合わないと思いきや、実際はそうでもなく、
元のフレーバーをしっかりと残しているので、アップテンポでも映えます。

どのRemixもそつなくはまっているということは
つまり、元の曲の出来がいいということですねこれ。
素敵です。

ちなみに日本の iTunes Store でも売ってますが、
Jorg Schmid と Klubfiller のRemixがありません。
が、Kenny Hayes と LMC は しっかりと収録されてます。

In & Out Of Love / Armin Van Buuren feat. Sharon Den Adel

01. UK Edit 2:49
02. LMC Extended Mix 6:27
03. Chicane Remix 07:32
04. Christian Davies Remix 6:30
05. Whelan & Di Scala Remix 7:20
06. Original Extended Mix 6:07
07. Kenny Hayes Blue Sphere Remix 7:59
08. Kenny Hayes Broken Dub 6:06
09. Jorg Schmid Remix 6:09
10. Klubfiller Remix 6:03

Kenny Hayes Blue Sphere Remix

スポンサーサイト


No.465 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2010.03.26  Out Of The Blue 2010 / System F 


いわずと知れたFerry Corstenの代表曲
90年代後半からのトランスブームの走りともいえる曲の一つで
根強い人気を誇る。
その Out Of The Blue の 2010 Verがリリース。
先日リリースされた Airscape の Lesperanza と同じく
時代の流れということで、エレクトロ要素を含んだ
ヴァージョンをRadio Editとして起用。

傾向としてはエレクトロ方向にシフトしているのかなと思いきや
実際にはそうでもなく、Originalのイメージを強く残したものなど
多種多様なヴァージョンが製作された模様。

今回、Radio Cutされている Hi_tack と Rafael Frost はエレクトロの要素が強いヴァージョン。
ただエレクトロ一辺倒ではなく、オリジナルの持つイメージを残しています。
Rafael Frostのほうがトランシーな音使いが多く、元のイメージにより近い雰囲気です。

Tiest Remix は上記の Rafael のヴァージョンをより流れるような雰囲気に仕上げていて、
なかなか味のある展開になっています。
1999当時のTiestのイメージからするとちょっと地味かもしれないですが、
まさに今の音ですねこれは。

Giuseppe Ottaviani Remix は元のオリジナルを一回り広げて仕上げていて
スピード感もありトランシーでオリジナルの要素を十分に残し、
とても上手く仕上げてあると思います。
音のアタックを全体的に強くし、ダンサブルかつ臨場感のある雰囲気です。

Showtek はハードテック要素が強いのですが、中盤のブレイクからが
どのヴァージョンよりも幻想的でなんとも素敵。すごい対比になっています。

他に1999当時のOriginalと それを基にしたViolin Version が収録
Violin はOriginalと音は同じですが、
途中のブレイク時にバイオリンのソロパートが大きく使われていて
とてもドラマチックな雰囲気のあるものに仕上がっていて素敵です。

ここには収録されていませんが、他にもRemixはありまして、
ポップトランシーな Akira Kayosa Remix もドラマチックでいい仕上がりです。

Out Of The Blue 2010 / System F

1 Hi_Tack Radio Mix 2:53
2 Rafaël Frost Radio Edit 3:06
3 Original Violin Edit 8:20
4 Tiësto Remix 9:33
5 Laidback Luke Remix 6:50
6 Giuseppe Ottaviani Remix 8:10
7 Koen Groeneveld Remix 7:37
8 Showtek Remix 6:49
9 Original 1999 Extended 6:41

EU(オランダ)盤 CDS PREMIER 1403-1

Giuseppe Ottaviani Remix



Akira Kayosa Remix


No.439 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.03.04  Medicine / Kim Leoni 


ちょうど一年位前に、一度レビューした曲なのですが
今年になって、新たにEU(オランダ)盤がリリースされ、
そこに新規に収録されたRemixがなかなか良かったので
再び紹介します。
去年はドイツのAndorfineからリリースされ、
Raindropz と Topmodelz のRemixが収録されましたが、

Remix自体は悪くないと思うのですが、どちらも似たような作風のRemixで、
結果的に食い合うような形になっていたのが残念でした。

今回、EU盤が新たにリリースされるにあたり、同時にUKでもプロモ展開されていて、
その際に新たに作られたのが、Static Shokx Remix です。
Topmodelz も Raindropz もハンズアップトランススタイルのRemixだったのですが
これは目先を変えて、ファンキーなハウスに仕上げています。
元がユーロハウスと言うこともあり、相性は悪くないようで、むしろ自然な展開です。
音もエレクトロ一辺倒に偏っているわけでもなく、割とスタンダードにまとまっています。
フロアで盛り上がる曲ではないでしょうが、ピーク以外で使うには
十分すぎる音になっていますので、安心して使えます。

残念なのは、このRemixのフルサイズは正規盤CDには収録されていないことで、
UKのプロモCDにのみフルサイズが収録されています。

Medicine / Kim Leoni

1. Original Radio Mix 2:49
2. Topmodelz Radio Mix 3:39
3. Static Shokx Remix 5:32
4. Original Extended Mix 5:38
5. Topmodelz Remix 5:35
6. Raindropz Remix 4:45

Incentive UK盤 Promo-CDR



No.390 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.03.10  Bearforce1 


2007年にオランダでリリースされるや否や
一気に人気が上昇した 熊さん4人の
ダンスユニットで その名もベアフォース1
テレビにも多数出演し、YoutubeでのPVは
再生回数100万回以上

見た目優先なのかと思えば
さすがにそういうわけでもなく
リードヴォーカルのロバート(ピンク)は
それなりに上手いです

メンバーは 左からYuri , Robert , Peter , Ian で
Robertがリードヴォーカル 声量がすごくてかなりパワフルなヴォイスに。
全員が全員ともユニット名の通りのガチムチ熊系で 脱いで踊る踊る(笑)

曲のほうはというと 80’sクラシックのカヴァーメドレー
Enigma~I Feel Love~You Make Me Feel~Boys,Boys,Boys~Respectable~
Don't Go~You Spin Me Round~Color Of My Love
という 名曲ぞろい
当然 ハイエナジーな要素が強く出るので 聞いてて安心できます(笑)

カップリングに収録されているのは クリスマスソングのカヴァーメドレーで
本国オランダでクリスマス時期にリリースされたもの
こちらも負けず劣らず濃いPVになってます

オランダでは別々にリリースされたんですが
オーストラリア盤では 1枚に集約され、しかも両曲ともにPVを収録しているお徳版
限定生産なのでお早めに

Bearforce1

1. Bearforce1 (Radio Edit)
2. Bearforce1 (Instrumental)
3. Christmas Is Here
4. Christmas Is Here (Instrumental)
5. Video-Bearforce1
6. Video-Christmas Is Here

Central Station CSRCD50552 AU盤 CDS 2008 2 Release



No.333 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.11.30  Sunrise / Milk Inc 


Milk Inc.もすっかり息の長いアーティストになりました
日本では話題にならないものの 本国ベルギーでは
シングルを定期的にリリースし頑張っているようです
このSunriseは ベルギー、オランダで6月にリリースされた新曲で
In My Eyesに代表されるような 彼ららしい ポップスタイルです
トランシーさは控えめにはなっていますが シンセブリッジが
前後に比べると意外に前のめりな雰囲気で
とてもアクセントになっていて悪くないです

UKでライセンスされていますが ベルギーでのリリースの際に収録されたRemixと
UK Remixと両方収録されています
ベルギーで収録されたRemix Pedro Salazar と Jeckil & Hyde は妙なアクセントがついて
ちょっと使いにくい気がします Extendedのほうが万能です
UKでは まずBuzz Junkies がとても地味なエレクトロハウスに(笑)
そしてMicky Modelle が単調で安いシンセ仕上げに・・・・(汗)

Love To Infinity Remix もちろんUKハウスなんですが とても洗練されていて
アゲではないものの 音が厚くフロア向けだと思います
他のRemixと比べるとクオリティが違うのが はっきりとわかります
Fugitiveはややキラキラしています ちょっと踊りにくいのですが
雰囲気的には結構好きです

Sunrise / Milk Inc.

Listen♪

Radio Edit 3:35
Extended Mix 4:50
Buzz Junkies Remix 6:02
Micky Modelle Remix 6:20
Love To Infinity Remix 8:13
Fugitive Night Before Remix 6:33
Pedro Salazar Remix 7:30
Jorg Schmidt Remix 5:39
Jeckil & Hyde Remix 6:37
Buzz Junkies Radio Edit 3:27

AATW UK盤771 UK盤 Promo-CD


No.311 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.11.30  Voyage Voyage / Kate Ryan 


なんだか久しぶりのKate Ryanな気がしますが
実は結構シングル出してます が
あまり話題にならないものが多くて
Only If I から先 おとなしかったりしてました
今回 このVoyage VoyageがUKライセンスされ
UKでは 少し名前が知られることになりそうです


デビュー曲 Scream For More や Only If I と比較すると
トランシーさなどはすっかりなくなり 落ち着いたメロディ系のポップス といったところ
ダンスミュージックとしてはなんとか成立してはいます
こうなるとジャンル分けが難しい・・・ まあ ジャンルに分ける必要はあまりないと思うのですが
強いて言うなれば Euro House と言ったところでしょうか(from Discog)

ドイツ盤とオランダ盤が既にリリースされていますが Remixは一切無し
Radio+Extended と We All Belong という曲のRadio+Extended というシンプルな構成の
ダブルAサイドシングルになってます

Voyage Voyage//We All Belong / Kate Ryan

Voyage Voyage (Radio) 3:06
Voyage Voyage (Extended) 7:13
We All Belong (Eurogames '07 Edit) 3:29
We All Belong (Extended) 7:28

Zetigeist 1747874 ドイツ盤CDS


UKではコンピレーションには収録されているものの まだプロモの段階です
Remixは Flip & Fill、Dancing DJ's、Fugitive が手がけていますが
Flip & Fill は軽快なトランシー仕上げになっています 相性は悪くないようで
意外とすんなり入ってくる感じです
Dancing DJ'sはというと 相性が悪いようで 音が足りないような感じになり
なんとも使えないRemixになってしまってます
Dancing DJ's は最近パッとしないんですよね そろそろ転換期なのかな
Fugitiveなんですが ややトランシーな感じで さらーーーーーっと 流れて進むような感じ
でも 相変わらずの中途半端な感じで前半は進みますが
後半になると 突然ライトなシンセが出てきたりして アクセントになったりします
ただ 使いにくそうな感はアリアリです

Voyage Voyage / Kate Ryan

Radio Edit 3:08
Extended Mix 7:16
Flip &Fill Remix 6:34
Dancing DJ's Remix 5:22
Fugitive Borderline Mix 5:28

AATW CDDJGLOBE770 UK盤 Promo-CD


No.310 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.17  Sunrise / Milk Inc 


既に本国ベルギーなどではリリースされていて
彼ららしい トランステイストを含んだ バランスのいい曲です
昔に比べてトランス色がかなり薄くなりました

どうも久しぶりにUKライセンスされるらしく AATWが権利を取ったらしいのですが
UK Remixは現状 ほぼ全てハウスになってます
Buzz Junkiesなど エレクトロっぽいのが多いのですが
注目は Love To Infinity Remix ですね
Milk Inc と LTI というなんとも不可思議な組み合わせですが
個人的には聞き心地がいいなと思います

まだプロモすらリリースはされていないのですが 音源の試聴は可能です
Listen♪


No.299 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。