Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2016.02.17  Tears In May / Missing Heart 


Moonlight Shadow リリースの後、2000年に初アルバム Mistery がやっとリリースされたMissing Heart しかしどういうわけか、日本盤のみ発売というある意味異例。日本で爆発的に人気があった・・・というわけでもないはずなのに・・。
で、この曲Tears In Mayはそのアルバム、Mistery からのシングルカット・・なのですが、ドイツではアルバムはリリースされていないのに、このシングルカットはドイツでリリースされると言うややこしい展開。

アルバムがエモーショナル感溢れる感じなので、この曲もその傾向が強い哀愁系のユーロダンスになっています。
そしてこの手の曲はこのCDがリリースされた2001年頃流行っていたトランスと相性がよく、Remixもトランシーな音使いになっています。
ただ、Club Mix は若干音が足りない感じでイマイチ。おそらく Talla2XLC(なんて読むの?)が一番「らしく」仕上げていますね。音使いもややトランス一辺倒ではなく、ユーロダンスやテクノらしいところも織り交ぜつつ上手いです。

でも、結局は一番音が厚い Original Ver が一番だと思います。
下手な小細工をしていない分、哀愁系ユーロダンスの音使いを存分に感じられるかなと。

ちなみに前述のアルバム Mystery にはタイトル通りで謎な部分が多くて、
まず、このCDの解説を読むとデビュー曲が シャーレーン という曲になってるのですが、実際には Wild Angels という曲だったはずです。これが抹消されているのは、多分この曲がまんまE-Roticと同じスタイル過ぎた(男性ラッパーが混ざるアレ)ため、他の曲とのイメージの問題上抹消されたのかと(笑)

あと、ヴォーカリストが Manu という女性 となってますが、それはDancemania X8とX9に収録されたNew Vocal Verのヴォーカリストであって、本来のヴォーカリスト(Moonligh Shadow のレビュー参考)のことは結局わからずじまいです。まあそこは覆面にしておきたかったんですかね?

そして、Misteryは日本盤の割りに入手がとても困難です。
でも、この Tears In May のCDは比較的簡単に入手出来ます(笑)

Tears In May / Missing Heart

Tr.1 Club Radio Mix 3:22
Tr.2 Talla2XLC Short Remix 3:42
Tr.3 Club Mix 5:32
Tr.4 Talla2XLC Maxi Remix 7:34
Tr.5 Plastic Age Mix 6:25
Tr.6 Original Mix 4:12
スポンサーサイト


No.529 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2016.02.16  Moonlight Shadow / Missing Heart 


1997年にドイツでリリース。Mike Oldfieldの名曲カヴァー。
オリジナルの雰囲気を残しつつ、ちょっとダークな感じの
見事な哀愁系ユーロダンスに仕上げています。

Missing Heartは94年頃にドイツでデヴィッド・ブランデスのプロデュースでデビュー。
デヴィッド・ブランデスといえばE-RoticやS.E.X. Appealなどのプロデュースで有名ですが、
当時はこのMissing Heartも含め、全部同じヴォーカリストなので、実質名義違いのような感じに。
この辺はややこしい話なので割愛しますけども(笑)

で、CDの内容ですが、やはりRadio と Extended が最高ですね。
Extendedは構成にちょっと難があるのが残念。
他はDubっぽい作りだったりするので、あまりオススメは・・・
この手の曲の場合、ヴォーカルありきだと思うので、カットされると辛いですよね(笑)

そしてこのシングルは入手難易度が今は高いです。数年前までは比較的楽だったのですが、
手放す人が減ったのか、最近は見なくなりましたね。
配信でも見かけたことが無いので、根気が必要です・・・。

Moonlight Shadow / Missing Heart

Tr.1 Radio Edit 3:57
Tr.2 Extended Version 5:43
Tr.3 Anton Banner Mix 6:57
Tr.4 Club Version 7:06

BROS MUSIC INT 8 84329 2 EU盤CDS 1997 07/21 Release

No.528 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2016.01.01  Captain Jack / Captain Jack 


1995年リリース Captain Jack のデビューシングル。
Captain Jack は男性ラッパーのフランキー・ジーと
ヴォーカルの リサ・ダ・コスタによるダンスアクトユニット。
その後フランキーはそのままに、ヴォーカルは3回ほど変わったり。
ところが2005年、フランキーが急死し、活動終了になると思いきや、
現在は別のラッパーとヴォーカルを迎えて
新生Captain JackとしてCDをリリースし、活躍中。


この Captain Jack は日本で Dancemania 1 に収録、
同シングルとデビューアルバムも日本盤でリリース。
CDSもドイツ盤と全く同じ内容でリリースされ、ファンにとっては嬉しいアイテムに。
言うまでもなくDancemaniaに収録されたShort Mixのインパクトが最も強いので、
Extendedに位置づけられる Peacecamp Mix が一番の目玉。
アルバムなどには一切未収録で、このCDSにしか収録されていない。
他のRemixはインパクトが弱くなってしまっているけど、唯一Club Mixだけは、
Peacecamp Mixをベースに、アタックの強めのハイテンション仕様になっていて、
これはこれでなかなかいい雰囲気に。

あまり知られていないことに、実はRemix盤のCDSも存在していて、そちらには
Dancefloor Syndroma の各Remixが収録されてはいるものの、
元のアクの強さがなくなってしまっていて正直なところイマイチ。
コレクターズアイテムな感じかと・・・。

CDSに関しては全て廃盤になっているので入手は困難ですが、
現在はiTunes Music Storeで販売されているので(Remix盤も)
気になる方はそちらをチェック!

2016 追記
Dancemania と言ったらやはり彼らのこの曲でしょうかね、一番に浮かぶのは。
というわけで最初に紹介することにしたのですが、このCDSは
割と最近再レビューをしていたので、軽い追記程度にとどめてあります。

ちなみにこのCDSはちょっと探せば割と安価で手に入れることが出来ると思います。
どうしてもCD媒体で欲しい方は(音がいいですしね)探してみてください。
Remixシングルはドイツ盤しか無いので探すのが困難ですが・・・

Captain Jack / Captain Jack

Tr.1 Short Mix 4:06
Tr.2 Peacecamp Mix 5:23
Tr.3 House Mix 5:04
Tr.4 Club Mix 5:19
Tr.5 Analog Mix 3:15

EMI 724388232821 EU(ドイツ)盤 CDS



No.525 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2013.04.28  Revolutin X / S&K 


これもまた絶対に入手が出来ない・・・と思ったら、
いつの間にか配信されていた系。
90年代の終わりに、Dancemania BASS シリーズ、
そして、DDR 2nd Mix に収録されて人気となった、
Get Up'n Move や、その後Dancemania SPEEDに収録された Going to SUZUKA などを含む
S&Kのフルアルバム。

リリースまで10年とずいぶん長かったですが、気軽に聞けるようになったのは嬉しい限り。
このアルバム、Originalだけでなく、Dancemania SPEED シリーズに収録された、
SPEED Ver.もしっかり収録されているのがまたニクい。
かゆい所に手が届く、しっかりとした美味しいアルバムになっています(笑)

トラックリストなどは以下を参照。

https://itunes.apple.com/jp/album/revolution-x/id293508019




No.512 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2013.02.02  4 am / Scooter 


久しぶりにScooterの紹介をしますが、彼らは実にコンスタントに
シングル、アルバムをリリースしていますね。
本国では安定した人気があるんでしょうね〜

この 4 am という曲、何年か前にリリースされた、
Lazard の 4 O'clock In The Morning のカヴァーのようです。
ただ、Lazardのこの曲もカヴァーで、元々はBeverly Cravenの
Promise Me という曲のカヴァーです。
タイトルからするとLazardの曲をイメージしたのかもしれませんが、
何にしてもScooterなので、イメージも何もなく、彼らの色に染まっちゃってます(笑)
やたらとパワフルな女性ヴォーカルにいつものラップが絡む展開で、
いつも通りなんですが、イケイケで悪くないんですよね(笑)
Remixはいくつかあるようですが、特になくてもClub Mixで十分かも。
Clubstar Remixはなかなかいいんですが、いくらなんでも短すぎます。

残念ながら以下のRemixシングルは日本のiTunesでは発売されていませんが、
RadioとClub Mix、それとClubstar Remixは購入することができます。

4 am / Scooter

1. Radio Edit 3:16
2. Club Mix 5:31
3. Picco Edit 3:59
4. Picco Remix 5:29
5. Clubstar Remix 3:25




No.508 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2012.10.02  Herz an Herz / Re-Vival 


Herz_an_Herz_CD.jpg2002年 今から10年ほど前に
今は無き渋谷のDMRに行ったら、店員さんが店内で
DJをして新譜を繋げていて、その時に耳にして
あまりの良さにそのアナログを即買いしたくらいに
大好きな曲です。
CDSの存在は知っていたのですが、なかなか見つからず、
あるいは見つかってもバカ高くて手が出なかったのですが、
10年経って、やっとお手ごろ価格の800円で購入できました(笑)
当時、メガトランスか何かに収録されて一気に人気が出て、一気に忘れ去られましたね。

タイトルはドイツ語なのですが、英語にすると Heart to Heart
あのBlossomのカヴァーなのですが、ダンスポップではなくて
完全にトランスポップとして生まれ変わっています。
明るめのヴォーカルとキャッチーなメロディに、スピード感のあるシンセが絡み、
トランスポップのお手本のような仕上がりになっています。

T.L.Connor Remix は 明るさを強調したようなRemixでハッピー度満点。
わかりやすいトランスポップですが、強烈に音が安いわけでもなく
しっかりとした作りでよく出来ています。聞いても良し、踊っても良しです。

Clubb Mix のほうは上記に比べるとキックがやや太く、全体的にどっしりとしています。
こちらのほうがよりトランシーでフロアライクですが、
そこまで印象は変わらないかも。
こちらのClubb Mixのほうが踊りやすくて、盛り上がりそうではありますが。

両Remixともに出来がよく、甲乙つけがたいですね・・・
ちなみに同じネタでカヴァーした Future Trance United の Face 2 Face がありますが、
あれはコードを進行を変えてしまっていて、微妙というかほぼ別の曲でしたね。

他には少し前に、Rob Mayth が同じネタでカヴァーし、
トランスポップ、ハンズアップ、エレクトロハウス風にしてました。
これはこれで選択肢が増えていいのですが、トランスポップとして使うのであれば
このRe-Vivalに勝るものは無いと思われます。

余談ですが、このCDは当時のドイツ盤に多かったCCCDでした。
ドライブによって読むことが出来ないので、家中のPCで試した結果、
いつも使っている自分のPCのドライブであっさり読めました・・・。
よかった と一安心(笑)

Herz an Herz / Re-Vival

1. Radio Cut 3:39
2. T.L. Connor Remix 7:16
3. Clubb Mix 7:25




No.503 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2012.08.11  My Life Is A Party / Italobrothers 


コンスタントに新曲をリリースしているイタロブラザーズですが、
次の新曲は Dragostea Din Tei / O-Zone のカヴァー。
日本でも数年前に流行した 恋のマイアヒ のカヴァーです。

カヴァーといってもおそらく
歌詞は変えているんじゃないでしょうか?
元のルーマニア語がわからないのでなんともですが・・・汗
とりあえず英語で歌っているのは確実です(笑)

今回、Video Editには R.I.Oのユーロ・ハウスVerが
起用されています。それも悪くないのですが、
やはり彼ららしい雰囲気のポップなExtended Mixが一番。
Ryan T & Rick M Remixはハンズアップ風のRemix
この手の音のイベントであれば盛り上がりそうなフロア仕様です。


My Life Is A Party / Italobrothers

1 Radio Edit 3:12
2 R.I.O. Video Edit 3:27
3 Ryan T. & Rick M. Radio Edit 3:30
4 Whirlmond Radio Edit 3:22
5 Extended Mix 4:54
6 Club Mix 5:03
7 Ryan T. & Rick M. Remix 5:00
8 Whirlmond Remix) 5:05

下記のPVはRadio Edit(Extendedと同じ音)のヴァージョンのPVです。
iTunes Music Store Japanで購入可能。





No.500 / Germany , Austria / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲



 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。