Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2011.12.22  Dance Dance Revolution 2nd Mix 


ゲームサントラセールス 歴代1位の
DDR 2nd Mix のサントラがリマスターされて
再販されました。
久しぶりにDisc2のNon Stop Mixを聞いたら
なんだかとても懐かしい気持ちになると同時に
この頃のダンスポップは出来がいいなーと
改めて思ったり。
自分がダンスポップにはまるきっかけになったCDでもあるので、
思い入れはやはり強いですね。

今回の再販にあたり、新規Remixが追加されています。



正直なところ出来の方は・・・・・

文句なしに出来がいいのは Paranoia (kskst mix) で、
オリジナルの雰囲気そのままに、アッパーに仕上がっていていいですね。

Keep On Movin' (Y&Co. DJ Boss Remix)は、オリジナルに比べると
エレクトロ色が強い音のため、若干ダウナーになった雰囲気はありますが、
オリジナルに敵わないまでも、そこまで悪くはありません。

他のRemixに関しては、可もなく不可もなく と言った感じでしょうか・・・
Put Your Faith In Me はグルーヴ感に欠けてしまっていて作りとしては薄い感じが・・・
もう一回り厚みを増せばだいぶ違った感じがするのでしょうが。

そして、BRILLIANT 2U (AKBK Remix) これは一体何が起きたのか。
薄っぺらい の一言で表現するのが一番適しているような・・・・
無理やり強引に雑なユーロビートに当てはめた感じがして、聞くに聞けませんでした。



この調子で せっかくなのでDDR 3rdのサントラも
リマスターで再販して欲しいところですが、そうは上手く行きそうに無いですね(笑)




スポンサーサイト


No.485 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2010.01.28  姫トランス4 


姫トランスという言葉自体
なんだかとても久しぶりな感じが・・・
そんなわけで 4作目のリリースです。
前作 姫トラ3 がリリースされたのが
2007年8月 その間 ベストやサブタイトルが出ましたが
メインナンバリングとしては 2年半ぶりのリリースですね。

よくよく考えると この手の音を聞くのがすごく久しぶり。
たまに聞くと なんだか楽しい気分になります。

基本コンセプトは以前と変わらずで、Remixも含め
ほぼ全てが日本人クリエーターの作品。
そして その中のほとんどが 日本人クリエータの作曲したものというのも変更なし。

今回 姫トラ2~3で問題点だった、
「他社レーベルのライセンス曲の貸し借りが多すぎて、他のコンピとの差が感じられない。」
というのは なんとかクリアしています。
ただ、実際は 他社レーベルがこの手のCDを今現在出していない
というのが理由だったりしますが。

でも その分、オリジナリティが出るのは確かなことで、
今回はそれなりに新鮮味があったんではないでしょうか?
ただ 姫トラ1のようなインパクトまでには至らないのも事実です。
洋楽のRemixがもっとあれば雰囲気がまた違ったものになったんでしょうが
この辺はEMIそのものの洋楽に対する動向にもよるので なんとも言えないですね
北欧ダンスポップに限って言えば この手の音と相性がいいので
あえて言うなれば もったいない か。
あと もしかしたら 洋楽(というか英語の曲)に
抵抗があるリスナーが多いのかも?それはそれでちと切ない。


全体的なバランスは秀逸。Mix(繋ぎ)もスムースだし
ドライビングミュージックとしても最適。歌唱力云々は勢いで乗り切る感じで(笑)
こうなるとStay (Airscape Remix) だけが妙に浮く感じに聞こえるのが玉に瑕。
これだ!という曲はあまりないものの、
TSUKASA 関連の曲だけは やはり目立つ気がする。
今回は久しぶりということもあるけど なかなかいい感じで 何度も聞いちゃいそうです。

トラックリストは 公式サイト で。



No.432 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.12.02  Quake News #10 


ついに10作目がリリースとなりました。

今回、Cascada の
Evacuate The Dancefloor (Cahill Remix) を
日本盤CD初収録
他 新曲+既出曲の新Remixなど
盛りだくさんな内容でお送りいたします。
もちろん全曲Extendedフルサイズ収録。
よろしくお願いいたします。

そして Quake Newsシリーズは この#10をもって、終了となります。
このCDのお話を頂いたのが1年前。
あっという間でしたが、自分で選曲、レビューするということの
楽しさと 難しさを感じることが出来、とても有意義なものとなりました。
このお話を頂いたクエイクさん、そしてお買い上げくださった方々にとても感謝しています。
ありがとうございました。

他にも紹介したかった曲はいくつもあるのですが・・・
Stamp On The Ground (FNP Remix) / Italobrothers
So Small (各種Remix) / Italobrothers
Revars In The UK / Manian
Dangerous (各種Remix) / Cascada
などなど

この中のいくつかは #10に収録したかったのですが 大人の事情で無理だったので
これははまた別の機会に紹介できるといいのですが・・・


Quake News #10

Manian / Ravers Fantasy (Basslovers United Remix)
Manox / Almost Lover (Club Mix)
De-Grees / I Believe (Club Mix)
Cascada / Evacuate The Dancefloor (Cahill Remix)
De-Grees / Just Dance (Michael Mind Remix)
Jan Wayne & Scarlet / Time Stood Still (Bastian Van Shield Remix)
Icon / Right Now (Full Vocal Extended Mix)
Lisaya feat Imke Heitzer / The Strongest Emotion (Tom Mountain Goes Melodyparc Remix)

Quake Record/Exit Tunes QWCE-00142 日本盤CDA


No.425 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.09.01  QUAKE NEWS #07 


9月2日リリース!

Cascadaの日本盤アルバム未収録曲に加えて
今回はエレクトロハウスも収録してますので
お楽しみにー

今回、ライナーノーツの曲解説に不具合があるようです。


① 5曲目と6曲目のレビューが入れ替わっている。
② その入れ替わったレビューのうち
   5曲目の NIE WIEDER (DE-GREES REMIX) / DJ PHIL のレビューが
   全く違う曲のレビューになっている。
   5曲目の正しいレビューは以下に掲載しておきます。


NIE WIEDER (DE-GREES REMIX) / DJ PHIL

2008年にYAWAからリリースされたDJ PHILのセカンドシングル。
男性ヴォーカルの比較的おとなしい感のあるトランスポップで、
ドイツ語で歌われているヴォーカルと、
シンセのアタック音が印象的な彼のオリジナルヴァージョンに対し、
ここで収録しているDE-GREESが手がけたヴァージョンは、
アッパーなジャンプスタイルになっている。
オリジナルの持つ独特の哀愁感をさらに上手く引き出し、
音使いもクリアで鋭いものになり、
ポテンシャルがグッと上がった良作品に仕上がっている。
ちなみにドイツ語のタイトルになっているが、英語にすると「NEVER AGAIN」となる。
DJ PHILことPhilipp Hinzmannは、ドイツのDJであり、アーティストでもある。
同じくYAWAからデビューシングル「ICH VERMISSE DICH」をリリースしている。


QUAKE NEWS #07

1. DREAM ON DREAMER / CASCADA
2. MUSIC (ALEX M vs MARC VAN DAMMAE REMIX) / BASSLOVERS UNITED
3. KINGZ OF THE MUSIC (EXTENDED MIX) / D TUNE
4. BLEEDING LOVE (JENS O. vs TI-MO REMIX) / DE-GREES
5. NIE WIEDER (DE-GREES REMIX) / DJ PHIL
6. YOU ARE NOT ALONE 2009 (DAVE DARELL REMIX) / LIZ KAY
7. FUNK (TALE AND DUTCH REMIX) / ANDY STROKE MEETS TALE & DUTCH
8. TRAVELLING / ACTIVE VISIONS

\999 2009/09/02 Release QWCE-00122
全曲セパレートトラック仕様(独立トラック) Extended(フルサイズ)収録






No.416 / Compilation-Japan / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲



2009.03.04  Quake News #01 / V.A 


クエイクレコードからの新規シリーズです。
今回、私が全曲の解説に加え、
選曲も携わらせていただきました。
選曲という作業は 予想よりも難しく、
「どんな雰囲気の曲を何曲ずつ」
「どの順番で」
「どのRemixを」
この3点で、かなり悩みました。
最終的に これでOK と思って頭から全体を通して聞いてみると。
「う~~ん」と思う部分もあったり かなり試行錯誤を重ねて
この#01の完成にこぎつけました。
ダンスミュージック初心者でも聞きやすいような曲順と選曲にしたつもりなので
興味のある方は是非とも聞いてみてください。

このシリーズ 実は、毎月リリースされます。
たくさんの良い楽曲を紹介していこうと思っております。
1枚999円とお買い求め安い価格設定になってますので
是非ともよろしくお願いいたします。

Helios

QUAKE NEWS #01

1. DIVIDED (RADIO EDIT) / AYCAN
2. APOLOGIZE (TI-MO VS. STEFAN RIO RADIO EDIT) / DE-GREES VS. THE REAL BOOTY BABES
3. BACK 4 YOU (HEARTSTYLE EDIT) / ASPYR
4. WHEN YOU’RE LOOKING LIKE THAT (ROB MAYTH EDIT) / TOPMODELZ
5. DIGGERS SONG (PARTYSTYLERZ RADIO EDIT) / COMMERCIAL CLUB CREW
6. WIPE AWAY MY TEARS (ORIGINAL RADIO EDIT) / PG FEAT. JANE
7. I GET A RUSH (RADIO EDIT) / GRISSOM & STOKES
8. PARANOID (RADIO EDIT) / DEEPFORCES

QWCE-00084 \999 2009/03/04 Release
*全曲セパレート仕様



No.392 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.08.03  姫トラSPEED 


姫トラ最新作がリリース
今作は SPEED という名の通り BPMが高くなっていて
Dancemania SPEEDシリーズに似た傾向です

新・吉宗のサントラからの新曲やアニメソングのカヴァー曲を収録していたり
姫トラテイストが盛り込まれていますが
他の収録曲が 以前にSPEEDシリーズに収録されていたものがほとんど
気になる点はまだあって
姫トラテイストの曲は 実際のところBPMを上げただけ という曲があるので
せめて1曲目だけでもSpeed Remixすればよかったのになーと

Remixといえば Paya Paya だけ あのRedalice氏がRemixを手がけています
音的にとてもいい出来で さすが と言えます
これ以外にもRemixが聞きたくなります

あと アニメソングカヴァーの出来が悪いので そこは大きなマイナスポイント
そのほとんどはヴォーカルが問題だと思うのですが・・・・・
残酷な天使のテーゼ なんかはせっかくファストフォワードが手がけてるのに
とてももったいない・・・・・

全体的な感想としては ギリギリ及第点 かなと

ちなみに BPMは一定ではなく 160~170~175~180 と上がっていきます
180はラストの曲だけです

トラックリストはコチラ

No.356 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.05.16  姫トラ・ベスト / V.A 


前作 姫トランス3のリリースから約9ヶ月
4作目はベスト盤になったようです
今回 ベスト盤となっていますが
新曲もいくつか収録されており
さらにコンセプトとして

100%日本語

というのが掲げられています
というわけで ベスト盤というよりは 日本語楽曲のみを集めた特別盤に近いです

全体的な流れは初代姫トラに近いようで ライトでわかりやすい楽曲が立て続きます
似た雰囲気の曲が多い中 TSUKASAの「君へノ想イ」が頭一つ抜きん出ていい出来です
音は他の曲と似た展開ですが ヴォーカルが上手いので 印象がだいぶ異なります
やはりフルヴォーカルとして聞かせるものに関しては
ヴォーカリストが極めて重要なファクターだと言うことがよくわかるかと思います

愛の駆け引きはダ☆ウ☆ト☆ のようなタイプの曲ならそこまで気にならないのですが
冒頭のアクエリオンや中盤の残酷な天使のテーゼにような曲の場合
モロに直球でヴォーカル主体なので やはりキツイです
特にアクエリオンがちょっと・・・・ 音はなかなか感じが出てていいんですが・・・
しかしアニメ楽曲はやはりカヴァーなんですね これをぶち壊す勇者はいないものか(笑)
ちなみに 残酷な天使のテーゼは姫トラ3に収録のものとは異なります

トラックリストは公式サイトでどうぞ



No.346 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。