Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2006.09.25  Waterfall The Essential Dance Remix Collection 


USのWater Music Danceから
Cascada Remixばかりを集めたコンピがリリース
しかも Un-Mixed で全曲独立です
Extendedがほとんどなのですが 中にはEditも・・・
このCDの最大の利点は 入手が難しいEU盤に比べて
かなり楽に入手できるというところに尽きます


ほぼ全ての曲がQuake Tranceシリーズをはじめ 日本国内のコンピに
収録済みなのでExtendedが欲しい人は是非どうぞ

しかし こうやって Cascada Remixをまとめて聞いてみると
見事なまでに出だしが同じで・・・・(笑)
うーん さすがだ

5曲目に Tomorrow (Cascada Remix) / Dyce とありますが
これ Tomorrow Can Wait のことです USでは Tomorrow なんでしょうか?
6曲目のLittle Star / Lazard は一見するとExtendedぽいのですが
イントロはあってもアウトロがないです(汗)
そこまで入れたんなら アウトロも入れればよかったのに(笑)


1. Big Boom Bang (Cascada Remix Extended) / Zane And Foster 5:49
2. 7 Years and 50 Days (Cascada vs. Plazmatek Remix) / Groove Coverage 3:37
3. Love You Promised (Cascada Remix) / The Usual Suspets feat Maia Lee 3:25
4. I Will Believe It (Cascada Remix) / Siria 5:31
5. Tomorrow (Cascada Extended Remix) / DYCE 5:18
6. Little Star (Cascada Remix) / Lazard 4:17
7. Rock (Cascada vs. Tune Up! Remix) / M.Y.C 5:39
8. Hurricane (Cascada Remix) / Alex Megane 5:45
9. Can I Get a Witness (Cascada vs. Tune Up! Remix) / Rob Mayth 5:06
10. Magic Summer Night (Cascada vs. Plazmatek Remix) / DJ Klubbingman 6:55
11. Bom Bom - Suenan (Cascada Remix) / Freddy Fader Meets Locana 5:34
12. I Can't Stand It (Cascada Remix) / Danielle Paris 5:17

注:赤字はEditです

Water Music Dance 302 060 662 2 US盤CDA 2006 Release
スポンサーサイト


No.184 / Compilation / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.25  Tomorrow Can Wait / DYCE 


Quake Tranceシリーズなどに収録されて 人気が出た
DYCEですが 日本でアルバムがリリースされました
彼らはヴォーカリストのSofiaと FritzとMarxによるプロジェクト
プロデューサーはヨーロッパなのですが 活動が北米という
やや異色な感じのユニットです


1曲目はアルバムタイトルにもなっているリードトラック
Tomorrow Can Wait (Cascada Radio Edit) から始まります
この手のダンスチューンがメインストリームですが
ポップス指向のものも多数収録されているので
アルバム構成に強弱がついて とても聞きやすいアルバムになっています
Sofiaのヴォーカルを十二分に堪能できる内容です

日本盤独自のボーナストラックですが
Tomorrow Can WaitのRemixトラックです

Nasca Remix (表記がないですが Editです)
話題のNascaによるRemix
爽やかトランシー 青空がバックに似合いそうな感じで悪くないです
抜けるような爽やかさですね

Yom Trax Remix Radio Edit
これはYomandaの変名です
みょ~ん という不可思議な音が耳に残ります
軽めのパーカッションが なんとなく斬新です
ただ 曲として中途半端に軽いので ダンスとしては無理があります ホームリスニング用ですね

Alex Megane Remix Radio Edit
やや攻撃的なシンセで攻めていき
シンセブリッジで かなりアタックの強いシンセが響き渡ります
フロア指向が強いRemixです

試聴♪

Tomorrow Can Wait / DYCE

01 Tomorrow Can Wait (Cascada Radio Mix)
02 Stand Alone
03 Pictures Left In The Dark
04 Feels
05 Who You Really Are
06 Tonight
07 Painting
08 Beyond The Veil
09 In A While
10 World Of Mystery
11 Hourglass
12 Colours
13 My Fairytale
14 Ocean's Apart15 Storm
16 Dangerous To Touch
17 If I Could Shine
18 Tomorrow Can Wait (Nasca Mix)
19 Tomorrow Can Wait (Yom Trax Remix Edit)
20 Tomorrow Can Wait (Alex Megane Remix Edit)

Exit Tunes/Quake Records QWCE-00003 日本盤CDA 2006/09/20 Release




No.181 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.25  Listen To Your Heart / DHT 


DHTはベルギーのアーティストで
Furious F と ヴォーカリストEdmeeの2人組
ロクセットの名バラードのカヴァー Listen To Your Heartが
知っての通り ベルギーだけでなくUSでもチャートを賑わす大ヒットとなり
UKでもヒットとなったのは記憶に新しいはず
各地でアルバムがリリースされましたが これはその日本盤です

ダンストラックとバラードトラック半々くらいで バランスの取れた仕上がり
特にバラードトラックがどれも非常に綺麗で 聞き入ってしまいます
中でも ポール・デイヴィスの名曲をカヴァーした I Go Crazy がとてもメロディアスで素敵です
この曲 UKでリリースが予定されていたのですが なぜかリリース中止
しかしながら10月にアメリカでリリースされることが決まりました
ポール・デイヴィスのカヴァーということで 確実にUSでは受けがいいと思われます
ボーナストラックは Listen To Your Heartの新規Remixです
これらは既にレビュー済みなので こちらを参照してください

試聴♪

Listen To Your Heart / DHT

01 Listen To Your Heart (Furious F. EZ Radio Edit)
02 I Go Crazy
03 At Seventeen
04 I Miss You
05 Someone
06 Driver's Seat
07 I Can't Be Your Friend
08 My Dream
09 Sun
10 Why
11 Depressed
12 Listen To Your Heart (Edmee's Unplugged Vocal Edit)
13 Listen To Your Heart (DJ Uto Remix Radio Edit)
14 Listen To Your Heart (DJ Joker's Harmony Mix Radio Edit)
15 Listen To Your Heart (DJ Manian Remix Radio Edit)
16 Listen To Your Heart (Friday Night Posse Remix Radio Edit)
17 Listen To Your Heart (Rob Mayth Remix Radio Edit)

Exit Tunes/Quake Records QWCE-00001 日本盤CDA 2006/08/18 Release



No.183 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.24  I Want To Know What Love Is / Systematik 


2005年にAlmightyからリリースされた曲で
特にカヴァーというわけではないのですが とてもいい作品です
Definitive Mixは かなり普通な感じで 好きになれないのですが
Almighty Transensual Mixが 超アゲ仕様ポップハウスで
何度も聞いてしまいます
とてもキャッチーなので この手の曲が好きな人にはたまりません

Systematik Club Mixもなかなかで 上記のTransensualよりも
トランシーな展開で こちらも盛り上がります どちらもオススメです
他 Divine Inspiration によるRemixもあります
悪くはないのですが上記2つにはかないません

試聴♪

I Want To Know What Love Is / Systematik

01. Almighty Definitive Radio Edit 4:08
02. Almighty Definitive Mix 8:04
03. Almighty Transensual Mix 7:24
04. Almighty Alternative Mix 7:34
05. Systematik Club Mix 8:07
06. Systematik Dub 7:55
07. Bimbo Jones Vocal Mix 7:24
08. Bimbo Jones Dub 7:24
09. Divine Inspiration Mix 6:51
10. Chalk Farm 4:28

Almighty Records CDRALMY204 UK盤 CDRS


No.179 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.24  Gimme! Gimme! Gimme! / Abbacadabra 


毎度おなじみAlmighty RecordsのABBAカヴァー専門プロジェクト
このGimme!Gimme!Gimme!はかなり前に
リリースされていたのですが 2005年に新Remixを加えて
再リリースされました が 理由はもうお分かりでしょう(笑)
どう考えても マドンナが影響しているに決まってます!
マドンナのHung Upは この曲をサンプリングしているわけです

再リリースされましたが 肝心の新Remixは奮いませんでした
元からあった Flight One Mixがやはり一番「らしい」仕上がりでこれには勝てませんね
Almightyらしいポップハウスだと思います

試聴♪

Gimme! Gimme! Gimme! / Abbacadabra

01. Ian Stephen Anthem Radio Edit 3:35
02. Ian Stephen Anthem Mix 6:58
03. Pop'd Up Mix 6:45
04. Flight One Mix 6:29
05. Original Abbasalute Mix 6:52

Almighty Records CDAALMY207 UK盤 CDRS


No.178 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.24  I Believe In Dreams / Jackie Rawe 


85年にリリースされ イギリスで大ヒットしたハイエナジー
もちろん当時の日本のディスコでも大人気となった曲
それをUKの老舗名門レーベルAlmightyが
ヴォーカルはそのままに 2000年にリメイクしてリリース
そしてさらに2004年に 新たなRemixを追加して
またまたリリースしたのがこれです

何度もリリースされているということは それだけ人気のある曲というわけで
リメイクされるたびに 今風の音になって行きます
2000年にリリースされたものはDefinitive Mixが最もいい感じで
オリジナルのフレーバーを生かしつつ
Almightyらしい さわやかなハウスポップになっています
この2004ヴァージョンで 初収録となった Anthem Mixは
BPMを上げて 音をややトランシーにしてあります
文句なしに盛り上がる爽やかハウスポップで 言うこと無いです


この曲 なぜか トランスパラダイス2に収録されているのですが
(確かA★TeensのHalfway Around The Worldも収録されてた)
この曲はトランスだと思われてるんでしょうか?
複雑な心境ですね 日本のトランスシーンって一体・・・・?

試聴♪

I Believe In Dreams / Jackie Rawe

01. Full On Vocal Edit 4:03
02. Full On Vocal Mix 6:47
03. Almighty Anthem Mix 7:36
04. Almighty Anthem Dub 7:36
05. Almighty Master Mix 7:36
06. Trans-X Remix 8:06
07. Transensual Remix 8:06
08. Definitive Mix 6:58

Almighty Records CDRALMY108 UK盤 CDRS



No.177 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.23  Celebrate The Summer 2006 / Lacuna 


少し前にCelebrate The SummerのUK盤を紹介しましたが
これは 今年Lunaticからリリースされた2006ヴァージョンです
2006ヴァージョンというか ただ単に新規Remixを追加しただけ・・
のような気もしますが そこはまあ突っ込み無しで(笑)
新規リミキサー陣は Verano , Rob Mayth , Tim Dawes
中でもお気に入りは VeranoとTim Dawes

Verano はスタンダードですが アクセントとしてヴォコーダーを使用
シンセもなかなかハイテンションでいい感じです
Tim Dawes はピアノが鳴り響くちょっとレトロな雰囲気のRemix
こういうの好きです 哀愁漂う感じで 夏の終わりの曲みたいになってます
Tim Dawesは最近 Dancing DJ's の曲のRemixも手がけていますね
おそらくUKのリミキサーだと思います (情報が薄い;
Rob Mayth ですが うーん どうしてこういう感じなのか・・・
彼ってこんな感じでしたっけ???キックが太いだけで
はっきり言って使いにくいです

Partystylers は2005年ヴァージョンにも収録
UK盤にも収録されていましたので割愛します

Celebrate The Summer 2006 / Lacuna

Party Stylers Radio Version 3:51
Verano's Nasty Summer Remix Edit 2:59
Rob Mayth Remix Edit 2:59
Tim Daws Remix Edit 3:04
Party Stylers Remix 6:00
Verano's Nasty Summer Remix 5:34
Rob Mayth Remix 5:52
Tim Daws Remix 7:13

試聴♪





No.176 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.21  Around The World (La La La La La) / Killa Deejays 


こちらも素性がよくわからないアーティストで
2005年にもAATWからプロモのみリリースしています
こちらもとてもAATWらしい曲で ♀ヴォーカルの歌モノダンスポップ
タイトルにもあるように ラララララララ~ のフレーズが印象的
意外とアッパーな出来でノリがいいです


と思ったらどうやらカヴァーのようで
元ネタはドイツのダンスポップグループATCの同名曲
ただしATCのほうはかなり地味なので 印象が全く違います

ExtendedはAATWらしいポップ仕上げ アクセントとなるピロピロ音が
意外と悪くなく さらりと聞けます
Remixも多数あって
Dancing DJ's Remixは ヴォーカルのキーを上げて ちょっと子供っぽい声に変えています
これが効果絶大で 非常にインパクトのある仕上がりになっています
お遊び要素も満天で ヴォーカルエフェクトのほかにも
鳴り響くピアノなど ややレトロな雰囲気が泣かせます オススメです
Kenny Hayesはトランス風味ですが イマイチ地味です トランシーさに欠けるのでイマイチパンチに欠けます
KB Procjectは可も無く不可も無く いつもの出来です
Flip & Fill Remix いささか不安だったのですが テンポも速くてなかなかの出来です
ちょいトランシー程度で まだ甘い部分もありますが
これはこれで悪くないと思います

Around The World (La La La La La) / Killa Deejays feat Carrie Ryan

1. Extended Mix 5:51 <試聴♪
2. Dancing DJ's Remix 5:54
3. Kenny Hayes Remix 6:04
4. KB Project Remix 6:01
5. Flip & Fill Remix 5:45
6. Donk Machine Remix 6:23
7. Luvbass Remix 6:23

AATW CDGLOBE661 UK盤 Promo CDR

No.167 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.19  Santa Maria 2003 / Tatjana 


95年に Stock & Aitken プロデュースでUKでリリースされた曲で
日本でも人気のあったダンスポップ
それを2003年にリメイクしたものが Santa Maira 2003

・・・

なのですが プロモのみで正規リリースされませんでした
日本ではなぜか2004年になって Avexからアナログのみリリース
このため イマイチ知名度が広がらず かなり残念な結果になった曲です

2003Verは 大人っぽいハウスポップで これ自体はそこまでいい感じではありません
95年のオリジナルの雰囲気をあまり残していないため
おそらくこれが正規リリースされなかった原因かもしれません(汗)

Wayne G Rady Botox Remix はいわゆるアゲ仕様のハウスポップで
元々のフレーバーを残しながら 爽やかにかつライトに仕上げてあります

Almighty Mixは Wayne G よりもさらに聞きやすくポップにしたRemixで
とても安心して聞ける かつ アゲで踊れる仕様になっています
オリジナルのフレーバーを十分生かしているので 言うこと無しの仕上がりです

>>試聴<<


Santa Maria 2003 / Tatjana

01. 2003 Radio Version 3:51
02. Wane G Lady Boxton Mix 7:08
03. 1995 Harry Ola Mix 5:52
04. Almighty 12" Mix 7:06
05. BTD Downlord Extended Version 8:33
06. 2003 Extended Radio Version 5:40

Better The Devil Records BTD2PROMO UK盤Promo CDS 2003 Release


No.175 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.15  Piece Of Heaven / Akira 


2004年にドイツAndorfineからリリースされ
日本でも人気の出たジャーマンダンスポップです
ドイツらしい打ち付けるような音ですが
メロディラインがとても綺麗で ややキラキラしています
ヴォーカルも透明感のある感じで 伸びやかで爽やか系
ややハードなシンセと意外に相性がいいです

で この曲が今年に入ってからUKで注目され始め UKハードコアのアルバムに
ハードコア ヴァージョンとして収録
さらにAlex Kによる バウンシーなアップリフティングなヴァージョンも別のコンピに収録され
そしてついにアナログカットされることになりました
UKの新設アングラ(アンダーグラウンド)系レーベルからの最初のリリースで
アナログだけしかないと思っていたのですが
そのレーベルの親会社のオンラインショップで
限定CDSがリリースされていて即買いしてしまいました
Andorfineからはアナログしかリリースされていなかったので
CD音源はかなり貴重なので 有無を言わさず・・・

まあ 到着してびっくり CDRでしたけど・・・

ドイツ盤に収録の ExtendedとCentral 7に加えて UK Remixとして
Alex K と Dougal & Gammer Remix が収録されています

Alex K Remix はいつものAlex K節全開で とてもアップリフティングです
前半後半で同じ構成かと思ったら 後半部のサビ後は雰囲気が少し変わります
その後 ヴォーカルだけのブレイクになり ラストへ続くところがなかなかです
そしてランタイムが長い 7分あります

Dougal & Gammer Remix は前述のハードコア仕様です
オリジナルを大事にした感じで ピアノが非常にメロディックで泣かせます
ハードコア仕様ですが そんなにバンギンではないので 苦手な人でも普通に聞けると思います

Piece Of Heaven / Akira

01. Radio Edit 3:30
02. Extended Mix 5:57
03. Central Seven vs Project One Remix 5:34
04. Alex K Klubbed Up Remix 7:00
05. Dougal & Gammer Remix 5:45

Lab Recordings LAB002CD UK盤 CDRS 2006/09/11 Release




←and more
No.174 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.15  Satellites / September 


以前紹介したUS盤に続き
UK盤もリリースされます
トラックリストが また若干異なっていて
Soulseekerz Remix と KB Project Remix が
新規に収録されています
Soulseekerz は確かにハウスなのですが ちょっとノリにくいかも・・


Satelites / September

01. Radio Edit
02. Extended Mix
03. Acoustic Mix
04. Dancing DJ's Remix
05. Soulseekerz Remix
06. Flip & Fill Remix
07. KB Project Remix

AATW CDGLOBE538 UK盤 CDS 2006/09/25 Release

No.173 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.13  Exit Trance #01 


クエイクレコードから新レーベル"Exit Tunes"設立
そのExit Tunes最初のコンピアルバムです
今までのクエイク収録曲のほか 姫トラ Hard Trance Rave など
他レーベルの作品も数多く含んだベスト盤的内容になっています
ただ 洋楽のみ というわけではなく 日本製「トランス」も
やや多めに収録されています
2枚組み¥1980という価格設定なのでトランス初心者にも最適です
1曲あたりの収録時間が短い(長いものもあるけど)のが欠点

もちろん新曲もいくつか収録されていて

Rocking Son (Delaction Remix) / Khubirai Khan
もすかうに続く曲で やはりFlashネタのようです
Code Trapara Best 2にExtended Mixが収録されていますが
今回はDelaction Remixを収録 ポップでキャッチーな音になっていて
いい感じのダンスポップに仕上がっていると思います

Runaway (Cannon Cracker Remix) / DJ Gold Finger
聞いたことの無いアーティストですが 実はオーストリア
ボン・ジョヴィのカヴァーですが イマイチ乗り切れません
RemixもCannon Crackerにしては・・・・
ただRemix前のオリジナルのほうはもっとダメなので
ある意味納得かもしれないです(笑)

C'Mon Everybody (DJ UTO Remix) / Note & Pencils
タイトルだけでは全くわからない人が多そう・・・w
実は日産NoteのCMで使用されている曲です
それをDJ UTOがハードダンスにRemixしたもの かなりハードですが
オリジナルがあんな感じなので 意外と違和感ないです



←and more
No.172 / Quake Trance / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.09  Angel (Watcing Me) / Flip & Fill 


Flip & Fillの新曲で
Joee というカナダの男性アーティストのカヴァー
いかんせん普通のダンスポップ
ただ 今回はヴォーカルがD:CodeのEmmaのようで、
声質と曲の相性がいいのか 意外と良く聞こえます(笑)
Alex K Remixのほうもアップリフティングでいいです
キャッチーですが 盛り上がり系ではないので
ピークは無理でしょうが その前ならいけそうです
CDプロモのみ収録のKenny Hayesはキラキラキラキラ・・・・
趣が違いすぎます ややダークですが曲の雰囲気と
マッチしているので 悪くないですね

>>>試聴<<<

Angel (Watching Me) / Flip & Fill

1. Original Mix 5:33
2. Alex K Remix 6:20
3. Kenny Hayes Remix 7:34

AATW CDGLOBE664 UK盤 Promo CDR 2006/9 Release


No.170 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.08  Stayn' Alive (DJ Tora Mix) / N-Trance  


こないだシスコに行ったとき たまたまSBT6のサンプラーを
見かけたので Ass Up 2006 Baracuda 目当てで試聴・・・
Ass Upはまあまあかな ただ ちょっとやりすぎって感じもします
前作のほうがいいかなぁ

ぶったまげたのは
N-Trance feat. Ricardo Da Force / Stayin' Alive (DJ Tora Remix)

これ。。。何?
なんか。。うるさいだけっていうか 原曲無視と言うか・・
何でもかんでも Somebody Scream!を入れりゃあいいってもんじゃない・・
その掛け声でお茶を濁した感じがありありで
ここまで強引なのは久しぶりですね~
びっくりしました

No.171 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.06  GOGOカリート 


7月にリリースされてから人気が出ているらしい
カリート というアーティスト

まあ この手のふざけたキャラ勝負アーティストといえば
例によって北欧なのですが(笑)




スウェーデンからやってきた


謎のメキシコ人



国の設定が極めて

まあ この手の設定からして




って





あれ?





前にも似たようなのがあったような・・・・






あっ!!!





これだーーー!!!





ずいぶん前にリリースされた DR BOMBAY
これとコンセプトが似ている・・・・

と思ったら

どうやら同一人物の模様(笑)

どうりで・・・・・w


曲のほうは もう なんていうかネタモノの香りがする
北欧ダンスポップでキャッチーポップで言うことは無いです

しかし・・・・DR BOMBAYは一体なにをやっているのやら・・・・

謎な人だ(笑)

No.169 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.04  Celebrate The Summer / Lacuna 


以前 ドイツのLunaticからリリースされていた曲で 1年遅れで
UKライセンスされたようです
非常にキャッチーな曲で 子供声の♀ヴォーカルが非常に効果的
新規Remixは全てAATW勢になっています



Tune Up Remix これは昨年のドイツ盤にも収録されていました
Tune Up=DJ Manian なのでどこから聞いてもCascadaな仕上がりです
しかも Extendedの出だしが UKで爆発的人気になった
CascadaのEverytime We Touchにそっくり
通りでこれが選ばれたわけです(笑)
Dancing DJ's Remixは なぜかヴォーカルのキーを落としてしまって
ちょっと不自然に感じます
ヴォコーダー処理されたMCが印象的ですが 全体の雰囲気としてはやや地味です
夏というより 秋な雰囲気
Partystylers Remix これも既にドイツでリリースされたCDに収録済みです
なかなかアッパーかなりいい感じのRemixです
一言で言えばジャーマントランシーで アゲ仕様です
Alex K Remix アップリフティングかつAlex KらしいMCがまくし立てる展開です
ただ これもヴォーカルのキーが落ちています オリジナルをアップリフティングにした感じで
悪くないとは思うのですが やや単調に聞こえます
KB Project Remixは なぜかいつもより安っぽいです(笑)
音も軽くて そこまでトランシーではありません 微妙~^^;
Flip & Fill Remix 本命です

これ、

ここ最近のFlip & Fill Remixと作ってる人が違うだろう?


疑いたくなるほど洗練された出来で 昔のイケイケFlip & Fillに完全に戻っています
スタイルとしては Show Me Love(Flip & Fill Remix) / Indien や
Give Me Your Love (Flip & Fill Remix) / XTM のようなスタイルで
特に目立ってダメなところも無く かなり出来のいい作品だと思います
ヴォーカルもそのままだし 非常にトランシーな展開
特に最初のブレイク後のサビ部分の盛り上がり方がとてもいい感じ
シンセブリッジも非常にトランシーで悪くないです
今年イチオシのFlip & Fill Remixになりそうです
フロア受けも良さそうな感じしますけどね~

>>>試聴<<<

Celebrate The Summer / Lacuna

1. Tune Up Radio Edit 3:14
2. Dancing DJ's Remix 6:15
3. Tune Up Remix 5:22
4. Partystylersz Remix 6:01
5. Alex K Remix 6:22
6. KB Project Remix 6:27
7. Flip & Fill Remix 6:22

AATW CDGLOBE646 UK盤 Promo CDR



←and more
No.168 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.04  Summer Is Magic / Frisco 


Summer Is Magic ・・・って もう夏が終わるんですが・・
正規リリースが秋以降になりそうな 夏の曲です
どうやら新規アーティストのようで 素性がよくわかりません
曲のほうはどこかで聞いたことのあるような バックトラックに
♂ヴォーカル(多分)のAATWらしいハウス寄りのダンスポップです
CDプロモにはRemixがやたらと収録されています
そんなに力を入れている作品なのでしょうか・・・?
ExtendedはひたすらにAATWらしい軽めのダンスポップハウスという感じ
Dancing DJ's Remixはいつもの感じで ややトランシーです
Alex K 恐らくこれが一番ノリノリで盛り上がります
スタンダードですがAlex Kらしいアップリフティングで突き進みます
KB Projectはいつもと音使いが違うようで かなりトランシーです
ブレイク部はいつもと同じですが その前後も比較的トランシーで
なかなかいい雰囲気に仕上がっています Messiah(メシア)Remixとなっていますが
何か意味があるのかは不明
ここ最近 イマイチ地味なFlip & Fillですが
これもそこそこの出来で ギリギリ及第点と行ったところです
決め手に欠けるので もうちょっと方向性がハッキリしているといいのですが・・

Summer Is Magic / Frisco

1. Radio Edit 3:02
2. Extended Mix 6:21
3. Dancing DJ's Remix 5:59
4. Alex K Remix 7:19
5. Max Volume Remix 6:31
6. DJ Demand Remix 5:50
7. KB Project Messiah Remix 6:02
8. Infextious Remix 5:32
9. Flip & Fill Remix 5:20

AATW CDDJGLOBE643 UK盤 Promo CDR


No.166 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.09.02  Field Of Dreams (Usual Suspects Remix) / Flip & Fill 


先日iTunesでなんとなく曲整理していたら
Flip & Fillの曲が目に止まったのですが
このField Of DreamsのCDSに
Usual Suspects Remix ってあるんですよね
このCDS買った当初 このリミキサーは知らなかったので
特に何の疑問も無くレビューとかしてましたが

よくよく考えると このUsual Supectsって
シンガポールのレーベルの あのUsual Suspects???
確かにやや地味なので言われてみればそうかなとも・・・(笑)
CascadaやGroove Coverageとかとの繋がりがあるのは知ってるのですが
UKのしかもFlip & Fillとは・・なんか意外です・・

Usual Suspects Radio Edit 3:46
Usual Suspects Remix 6:56 *アナログプロモのみ収録


No.165 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。