Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2006.12.31  2006総まとめ 


さてさて2006年も今日で終わり
2006年は 自分にとっては本当に音楽の年で
いい曲ともたくさん出会いました

でも

それだけでなく
CDの曲解説を書いたり
クラブで新たな一面を発見したり
DJさんと知り合いになったり
本当に音楽面でいろいろありました

ダンスミュージックを趣味として早10年
こんなに充実したのはある意味初めてです
クラブ・ダンスミュージックが本当に素晴らしいものだと
再認識しました

来年は何が起こるのかなぁ(笑)


というわけで 来年もよろしくお願いいたします

Helios




年末恒例なので書き出しました(笑)
試聴リンクつき(要iTunes)
2006年に出会った曲全てが対象なので
2006年以前にリリースだけど 2006になって新規Remixが~
というのもここに含まれます


ランキング形式ではありませんのであしからず
あと オールジャンルです
基本歌モノですが
ハウスとトランスとダンスポップが全部混ざってます


続きは折りたたんでます・・・





スポンサーサイト


←and more
No.210 / Column / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.29  Quake Trance Best 13 


27日にクエイクトランス13がリリースされました

全24曲収録されているわけですが
その中で5曲ですが
Ultimate Vocal Collection に続き
またもや私 Helios が曲解説を書かせていただきました

1曲目のWhen Love Becomes A Lie / Liz Kay
これの解説を書いたのですが、書いていた当時は情報があまり無くて
やや中途な紹介になっていますOrz
今頃になっていろいろわかってきたので
そのうち詳しく紹介しようと思います

ちなみにLiz Kayは25歳 オランダ生まれです
2005年にYanou&Manianと出会い
今後少なくとも 10枚のシングルをリリースするそうですよ
(ただし既に3枚リリースしているので あと7枚かな)

あと Dancing In The Dark / Micky Modelle vs Jessy
もー これ今年聞いた曲の中ではかなりいい部類なんだけど
これの解説も書いてます!!
ヒデキ(嘘)感激!

他3曲の解説については CD買って確かめてみてね(ほし


Quake Trance Best 13 / V.A

01. When Love Becomes A Lie / Liz Kay
02. Around The world (Original Mix) / Raccoon
03. Dancing In The Dark (Alex K Rmx) / Jessy & Micky Modelle
04. Insanity (Extended Mix) / Basslovers United
05. Summer Rain (Alex K Klubbed Up Mix) / Slinkee Minx
06. Club Kung Fu (Club Mix) / Vanilla Ninja
07. Stand Up! (Axel Coon & Staccato's Runble Rmx) / Alex M. vs. Marc Van Damme
08. A Deeper Love (Club Mix) / Taurin
09. Let It Go (Original Mix) / Bass Bros
10. Time Will Tell (Trouble Mix) / Hibeatz
11. We Are Back (Danny E Remix) / DJ-4-Motion & T-Flow
12. Jump Jump (Club Mix) / Nordic Stars
13. Heartquake (Candy Boyz Rmx) / 2 Jays
14. Self Esteem (Extended Club Mix) / Stars 'N' Stripes
15. No Cover Song / Deep Spirit
16. Ride On A White Train (Like A Hurricane) (DJ Manian Remix) / DJ Klubbingman feat. Beatrix Delgado
17. UBUP (Shizo Club Mix) / Shizofred
18. Don't Stop (Extended) / MR.7
19. Sunstorm / Bexta vs. Public Domain
20. Sky (Club Mix) / Project X
21. Make Some Noise (Extended Mix) / Greg City
22. If I Could Be You (DJ Dean Club Mix) / DJ Dean
23. The Invicible Spirit (Extended Version) / Accuface
24. Gigadance Anthem 2006 (Club Mix) / Ralph Novell vs Bas & Ram

Quake Records QRDJ-13 日本盤CDA 2006/12/27 Release





No.209 / Quake Trance / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.27  I Think We Are Alone Now / Girls Aloud 


Girls Aloudの新曲というか アルバムからのカット曲です
ティファニーの「二人の世界」が同ネタで有名ですが
実はもっと古い曲がカヴァー元なんですよ

Girls AloudはXenomania(ゼノマニア)が
プロデュースしているガールズ・グループで
Sound Of Underground や Jump など
多数のヒット曲をリリースしています

以前はAlmightyやFlip & FillによるRemixがCDSに収録されていたんですが
最近はTony Lamezma によるRemixのみの収録
ところがこれが中途半端で いかんせん乗り切れないんですよね
このCDの3曲目がそれに当たるのですが
今回は なんとか及第点 スタンダードポップで
意外とキラキラ系です やや丸い音なので温かみがある冬仕様
2曲目のUniting NationsによるRemixもそれなりにポップで まあまあの出来です

I Think We're Alone Now / Girls Aloud
1. I Think We're Alone Now
2. I Think We're Alone Now (Uniting Nations Remix)
3. I Think We're Alone Now (Tony Lamezma Baubletastic Remix)
4. Jingle Bell Rock
5. Video

Polydor 1714587 UK盤CDS 2006/12 Release


No.208 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.24  Quake Trance Covers 


クエイクトランスからリリースされた ダンス・カヴァーコンピ
クエイク音源の中から 厳選されたカヴァー集になってます
普通、カヴァーコンピというと過去の名曲のカヴァーが多いですが
これは比較的新しめ+話題の曲などが収録されていますね
全体的な仕上がりとしてはクエイクトランスそのもので
安心して聞けます ちょっとBPMが高いので そこが気になるくらい

1曲目 ダニエル・パウターのBad Dayのカヴァー
これ ポップハウスのカヴァーは聞いたことあるのですが
こういうポップな方向だと雰囲気がかなり違いますね
ヴォーカルのせいもあるのでしょうが かなりかわいいというか ポップでキュートな感じ
2曲目は既にクエイク12で収録された ケリクラのカヴァー
これはスタンダードながら上手くまとまっていて 好感持てます
12と14曲目 今話題のグヴェン・ステファニーのカヴァー
特に14曲目のRich Girlがスピード感溢れる仕上がりでなかなかハイパーな出来
15曲目はだいぶ前にZYXからリリースされた曲で tatuのカヴァー
ハードトランスですが これは雰囲気がピッタリだと思います トランシーで秀逸
16曲目 TOTOのカヴァーなんですが これは若い世代は知らなさそう・・・w
ただ 小室哲哉プロデュースのTrue Kiss Destination がカヴァーしていたので
聞いたことある人もいるかな・・オリジナルは80年代の曲です
21曲目 ベルリンのセルフカヴァーになるのかな・・
SADが超イケイケ仕様にRemixしていて 盛り上がり必死ですね
ちなみに映画「トップ・ガン」のテーマです

Quake Trance Covers / V.A

01. Bad Day (Club Mix) / Spicy
02. Behind These Hazel Eyes (Speed Breaker Extended Mix) / Commercial Club Crew
03. Wake Up (Valcalepio Doc Edit) / Kassandra
04. Dragostea Din Tei (Everybody Banzai Mix) / DJ Satomi
05. Pretty Fly (For A White Guy) (Kiker Remix) / DJ Neutrinz
06. 99 Red Balloons (Extended Voice Mix) / Trip Crew
07. Counting The Days / Rocco
08. Heaven Is A Place On Earth (Original Mix) / DJ Lhasa
09. Have You Ever Been Mellow (Club Mix) / Tune Up!
10. Take On Me (Ole Van Dansk Remix) / Beat Factory
11. Carlito (Radio Mix) / Spaghettini
12. Hollaback Girl / Kopy Katz
13. Let's Get It Started / Party Playaz
14. Rich Girl / Party Playaz
15. All The Things She Said / DJ Sputnik
16. Africa (Extended Straight Mix) / DJ Sputnik
17. Only Time (Mix 1) / White Flag
18. Since U Been Gone (Da Franco Remix) / The Real Booty Babes
19. Always Love (Kaze Remix) / Safyre
20. I Was Made For Lovin' You (Extended Version) / Mysterio
21. Take My Breath Away (S.A.D. Full Vocal Mix) / Berlin
22. Listen To Your Heart (Furious F. EZ Extended Mix) / D.H.T. featuring Edmee
23. Livin' On A Prayer (Blanco Y Negro Edit Extended) / Jordan James
24. Numb/Encore (Extended Mix) / The New West Project
25. Time After Time (Ravelab Club Mix) / Moon Child
26. We Will Rock You / DJ Microman

Quake Recoed QRDX-1 日本盤CDA 2006/11/22 Release




No.207 / Quake Trance / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.24  By The Way / Jenna Drey 


これもRobbinsの新曲
Main Mixは ポップハウス
ややマイナーなのが気になりますが 出来のほうはなかなか悪くなく
AL B RichによるRemixが一番スタンダードで好きです
無論アゲなハウスではないのですが メロディ自体はキャッチーで
悪くないと思います

ただし 4曲目はBPMが高いダンスポップ仕様で こっちはアゲ風味です
DHTのシングルでもRemixしていた Siuseppe D による
とてもキャッチーポップな仕上がりです
欠点はランタイムが異様に短いことですね・・・

Candlelight Mix はタイトルそのままバラードヴァージョン

聞かせます

By The Way / Jenna Drey

1. Al B Rich Radio Mix 3:45
2. Giuseppe D.'s Euro Shiver Radio Edit 2:49
3. Candlelight Mix 3:33
4. Al B Rich Club Mix 6:35
5. Giuseppe D.'s Euro Shiver Remix 4:42
6. DJ Escape & Johnny Vicious Club Mix 8:42

試聴♪(iTunes)

Robbins 76869-72157-2 US盤CDS 2006/12 Release


No.206 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.24  Against All Odds / Kira 


USのRobbinsからの新曲で
フィル・コリンズの「見つめていたい」のダンスカヴァー
全体的に同じ雰囲気のRobbinsらしいポップな仕上がり
ただ どれもちょっと中途半端な展開が多く 使いどころとしては
少し迷う感じ・・・


ExtendedとEuroがややキラキラしていて 少しBPMを上げるといい感じになります
Albert CによるRemixは どっちかというとハウス寄りですね

この「見つめていたい」のダンスカヴァーは UK Almightyレーベルの
Deja Vu feat Tasmin など 多数のアーティストによって
カヴァーされていますが Kiraによるこの曲は かなり中庸ですね
出来そのものは悪いわけではないので シーンによって使い分けることが出来そうです

Against All Adds (Take A Look At Me Now) / Kira

1. Albert C's Aural Flux Radio Mix 3:12
2. Radio Mix 2:50
3. Euro Radio Mix 3:00
4. Albert C's Aural Flux Mixshow Mix 5:50
5. Extended Mix 4:52
6. Euro Mix 4:59
7. Albert C's Aural Dub 4:59

Robbins 76869 72156 2 US盤CDS 2006/12 Release

試聴♪(iTunes)

どうでもいい話なんですが
ジャケットが妙に厚いなと思って出してみたら

なぜか 4枚も・・・

無駄遣いですよww




No.205 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.21  Cartoon Heroes / Aqua その2 


少し前に同ネタを書きましたが 今度はそれのEU盤です
ってか 本当は CD1を取り寄せたつもりだったんですが・・・
なぜかEU盤が来てしまいました(汗)

ただ内容的に UKのCD2と内容が被らなかったので
それはそれでよかったかなと。

このEU盤には4種類のRemixが収録です
Metroによる2曲目は Metroらしいオリジナルをとても大事にしたRemix
基本に忠実 スタンダード という感じです
Hampenberg Remix は ややテンポが速いですがこれもそう雰囲気的には
オリジナルと変わらないかもしれないです
そして Junior's Playground Remix ですが
これは あの Junior Vasquez(ジュニア・ヴァスケス)が手がけています
Junior というとこんなダンスポップと組み合わさるとは思えないんですが
ややハードですがポップに仕上げてあると思います
さすがだなぁ と思わせる1曲です
ややまったり感があるので フロアでは Sleaze Sisters に軍配が上がりますが
個人的にはこのRemixは嫌いではないです
E-Lite はランタイムがやたらと長いです ややハードハウス調で
音が厚くて妙なグルーヴ感があります
ミスマッチかと思いきや そこまで合わないわけでもなく
キックが太いダンスポップといった感じです

Cartoon Heroes / Aqua

1. Radio Edit 3:38
2. Metro's That's All Floks Remix 6:22
3. Hampemberg Remix 5:41
4. Junior's Playground Remix 7:53
5. E-Lite Extended Mix 9:09

UNIVERSAL 156 382-2 EU盤 CDS


No.204 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.15  Clubland X-Treme Hardcore 3 


さて やっとリリースされました
今年2作目のClubland Hardcoreです
このことから推測できるのは UKでHardcoreの人気が
高いということですね
もっと活性化して日本にまで伝わってくれると
嬉しいのですが・・・・

というわけで3作目のレビューを・・・

やたら長いので 続きは折りたたんでおきました(笑)






←and more
No.200 / UK - Hardcore / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.14  Exit Trance 02 


Exit Tranceの第2弾が早くもリリースされました
前作がバランスの良い出来だったために
第2弾も期待していました はてさて その中身は・・・

今回は特にDisc1がポップで聴きやすくてバランス取れています
18曲目 Everytime We Touchの前後辺りがなかなか好きです

ただ既発曲ばかりの構成なので 思ったほど目新しさが無いのが欠点でしょうかね

Disc2も悪くないとは思うのですが ちょっとキャッチーさに欠ける気がします
ハードなものが多いせいか 好みが別れるかもしれません
しかし 8曲目 Thunderstruck 懐かしいです(笑)

年末には メインシリーズの Quake Trance Best 13 のリリースが控えています
そちらも楽しみです&ちょっとした秘密があります このアルバムは・・
リリースされてからのお楽しみです



←and more
No.202 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2006.12.11  Cartoon Heroes / Aqua 


AQUAは北欧ダンスポップアーティストの中では
かなりの成功を収めたグループでしょう
それを象徴するのがこの曲です





1996年にRoses Are Red(邦題:ときめきダンディディダ)でデビュー
その後アルバム AQUARIUM が全世界で1400万枚セールスを記録

このCartoon Heroesは その後のアルバム「AQUARIUS」からのカットで
2000年にリリースされ 北欧ではもちろん
ヨーロッパ イギリス アメリカなどでヒットとなります
この曲 Remixが異様に多く、中でもJUNIOR VASQUEZが手がけた
Junior's Playground Mix と Sleeze Sisters が手がけた
Sleaze Sisters Anthem Mix が素晴らしいです

ここで紹介しているのはCD2で Sleaze Sisters Anthem Mix 収録の盤
オリジナルの雰囲気を全く損なわずに とてもキャッチーなPop Houseに
仕上げています イチオシです

ちなみにこの曲 当時日本でもヒットしましたが
そのだいぶ後にTVCMで使用され 再び人気となったのは記憶に新しいです

Cartoon Heroes / Aqua ≪CD2≫

1. Radio Edit 3:38
2. Sleaze Sisters Anthem Mix 7:50
3. Metro That's All Folks Radio Edit 4:05
4. Video 5:05

UNIVERSAL MCSXD 40226/156799-2 UK盤CDS



No.201 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。