Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2007.02.28  Miracle / Cascada 


UKで大人気のCascadaですが
3rdシングルがリリースされました
なぜかAATWからではなくIncentiveからのいリリースですが
フォントなどは AATWからのリリースモノと統一しています
そして当初予定されていたトラックリストとは
大きく異なったようで UKプロモ盤収録の
SAD Remixは消えて 新たに2ヴァージョンの新規が収録です
3曲目の Socialites Mix は新規Remixですが
これは・・・・ハウスのつもりなんでしょうか?
なんとも地味でこんな調子で7分近いランタイムはどうかと・・
4曲目はAlex Meganeによるノイジーなハウスで
Remixアルバムに収録されていました これまた恐ろしく地味で 使えないです・・・・
5曲目はプロモに収録されていたのと同じです ややバウンシーな重いビートで
ノリだけならブレイクが無いKB Projectっぽい展開です
ただ 前振りが異常に長く Aメロまでがとんでもなく長い!
6曲目はハードコア仕様 BPMかなり高めです なかなかトランシーで悪くないです
UKハードコアの人気を伺えます

Cascada / Miracle

1. Radio Edit 2:46
2. Extended Mix 6:07
3. Socialites Mix 6:50
4. Alex M Extended Mix 6:44
5. Northstarz Remix 6:12
6. Joey Riot Remix 6:28
7. Video Edit 3:38
+Video

Incentive PTD20CDS UK盤CDS 2007/02/26 Release
スポンサーサイト


No.237 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.23  Think About The Way / Frisco vs Ice MC 


AATWからの久しぶりの新譜は
90年代に世界的ヒットを果たした
Ice MCのThink About The Wayをネタにした曲
以前Dizzy Deejaysが同ネタでカヴァーしてました(クエイク10収録)
今回のこの曲はUKの新鋭 Frisco が手がけています
ボンデケデケデケボデケデン というヴォイスが印象的な
似合ってるのかすらよくわからないノリで突き進みます
FriscoによるExtendedはごく一般的なUKスタイル シンセがトランシーですが
全体的にはそこまで派手ではないです どっちかというとMCとヴォーカルメインですね
Dancing DJ's はキラキラトランシー仕上げ
サビ手前のシンセとピアノでぐおーんと盛り上げるところが 個人的にものすごく好みです
ヴォコーダなども使用してインパクトのあるRemixになっています
Alex Kは相変わらずの俺流で(笑) でもアップリフティングなのはわかるのですが
いささか単調では・・・・?もう一つ何か欲しかったですね
KB Project は最近ブレイク部が妙に手が込んだ雰囲気になった気がします
ただそこ以外はいつもと同じなので もうちょっとなんとかならないかと・・・(笑)
DJ BOMBA はエレクトロです うーん 地味!

というわけで ベストは Dancing DJ's Remix かと・・
普通に盛り上がりそうです

Think About The Way / Frisco vs Ice MC

1. Radio Edit 3:37
2. Extended Mix 6:13
3. Dancing DJ's Remix 6:09
4. DJ Bomba & El Senor Remix 6:57
5. Alex K Remix 6:55
6. KB Project Remix 5:44

AATW CDGLOBE607 UK盤CDS 2007/02/05 Release

No.236 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.21  Club 2K7 / V.A 


Clublandがしばらくお休みしているUKで
こんなコンピが出ました Club 2K7=2007ですね
まあUniversal/AATWからのリリースなので
実質Clublandと ほぼ同じですが^^;
現在ヒット中の曲から 近日リリース予定のものまで
どっさり全42曲収録 Non-Stop Mixです

注目曲いくつか

Disc1

01. Be Without You(Mike De Scala Mix) / Wi-Fi
MJBのそっくりカヴァーで3月CDSリリース
UltrabeatのMikeによるHouse Remixです

03. I Will Love Again (Ultrabeat Remix) / Kelly Llorenna
ララ・ファビアンのカヴァーで3月CDSリリース予定
このUltrabeat Remixは激しくアゲでよろしい

07. Happiness / Amen UK vs Alex K
オススメ!!!! アグレッシブ イケイケです リリースは未定

11. When Love Becomes A Lie (Flip & Fill Remix) / Liz Kay
Quake Trance Best13に収録された曲のUK Remix
まだリリースは未定ですが Remixが出揃い始めているようです

12. See The Light (Flip & Fill Remix) / Paradise
昨年Turbulenceからリリースされた曲を AATWで再リリースする試みがあるそうです


Disc 2

08. Too Little, Too Late (Raul Rincon Remix) / Jojo
JojoのUK Remix 人気のRaul RinconによるRemixはなんともいえない
グルーヴ感で絶品の出来 オススメです

20. He's The Gratest Dancer (Shapeshifters Remix) / Dannii Minogue
なんと ダニーとシェイプシフターズがっ!
でも これ正規リリースはされないこと決定済み・・・・
Remixがかなり秀逸なものばかりなんですが・・・
もったいない・・・

CLUB 2K7 / V.A

試聴

Club 2K7 - Tracklisting - CD1
01. Wi Fi feat.Melanie M - Be Without You
02. Cascada - Truly Madly Deeply
03. Kelly Llorenna - I Will Love Again - Ultrabeat Remix
04. Frisco v Ice MC - Think About The Way
05. Micky Modelle v Jessy - Over You
06. Friday Night Posse feat Caroline Griffin - Amazed - Micky Modelle Remix
07. Alex K v Amen UK - Happiness
08. Girls Aloud - I Think We're Alone Now
09. Headhunters feat. Karen Danzig - I Got A Feeling - Dancing DJs Remix
10. Darren Styles - Save Me - Hypasonic Remix
11. Liz Kay - When Love Becomes A Lie - Flip & Fill Remix
12. Paradise - See The Light - Flip & Fill Mix
13. K-Klass - Rhythm Is A Mystery `06 - Paul Morrell Remix
14. Maximum Spell - Headbone Connected - Ultrabeat Remix
15. Elena - Before I Sleep - Frank Knebel Remix
16. Super Mal - Bigger Bigger - Jupiter Ace Mix
17. Outwork - feat. Mr Gee
18. Bodyrox - feat. Luciana - Yeah Yeah
19. Whelan & Di Scala feat. Nikki Belle - Teardrops - Hott 22 Remix
20. Shanie - Don't Give Me Your Life 06 - Uniting Nations Remix
21. FHM High Street Honeys - I Touch Myself

Club 2K7 - Tracklisting - CD2
01. Big Bass v Michelle Narine - What You Do (Playing With Stones)
02. Tweet - Boogie 2Nite (T&F Crushed DB Boulevard Club Mix)
03. MIKA - Grace Kelly (Bimbo Jones Remix)
04. Freeform Five v Mylo - No More Conversations - Fedde Le Grand Mix
05. Freemasons feat. Siedah Garrett - Rain Down Love
06. Just Jack - Starz In Their Eyes - Ashley Beedle Mix
07. Eddie Murphy - Party All The Time - Partied Up Remix
08. JoJo - Too Little Too Late - Raul Rincon Mix
09. Sublime - The Rain - CJ Stone Mix
10. Meck feat. Dino - Feels Like Home - TV Rock v Dirty South Remix
11. Rihanna - We Ride - Lenny B Club Mix
12. Roger Sanchez - Lost
13. Simmons & Christopher feat. Class Action - Weekend - Raul Rincon Mix
14. Tall Paul - Rock Da House - Fedde Le Grand Mix
15. Masters At Work - Work - Kenny Hayes Remix
16. James Kakande - You You You - Sergio Flores 17.Synthphonic - Club Mix
17. Michael Gray - Somewhere Beyond - Original Club Mix
18. Richard Grey - Warped Bass - Mario Ochoa Remix
19. Tom Snare - Philosophy - Phunkk Mob Mix
20. Dannii Minogue - He's The Greatest Dancer - Shapeshifters Remix
21. Seamus Haji feat. KayJay - Last Night a DJ Saved My Life

Universal 984 675 1 UK盤 CDA 2007/02/12 Release

No.235 / Compilation / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.20  Nothing Gonna Change My Love For You / Jon Otis 


最近 レガシィのCMで 鈴木雅之が
Glenn Medeiros の「変わらぬ想い」をカヴァーしていますよね
これで思い出したのですが
10年前にZIP-FMから大ヒットになった
同ネタのダンス・カヴァーがありました


それが このJon OtisによるNothing Gonna Change My Love For Youです
スピード感のある爽やかポップに仕上がっていて かなりいい出来です
出だしの I Love You~ という部分がとても効果的で盛り上がります
ここで紹介しているのは 日本盤アルバムで これにExtendedが収録されているのですが
問答無用で素晴らしいです 派手さというよりもストレートな感じがとても好感触
すんなり入ってきます
当時 ZIP-FMで大ヒットとなったのがよくわかります

この JON OTIS 実は元PWLアーティストで
KylieやSinitaとともにツアーに参加していたらしいのですが
そのときには曲はリリースしていないようです

で その後の展開が謎なのですが
この日本盤アルバムの解説によると
日本のZIP-FMが Jon Otisの曲として この「変わらぬ想い」はどうか?
と ストック&エイトケンに送って この曲が出来たらしいのに
プロデューサー欄に 肝心のPWLの名前が無いんですが(笑)
このアルバム自体のプロデュースがClaive Scott(元ジグソーの人)によるものなので
それで上書きされたのか何なのか・・・・
この辺がよくわかりません

ちなみに全曲カヴァーらしいですが わからないネタが多いです
ただ13曲目は 有名ですね(笑)

Nothing Gonna Change My Love For You / Jon Otis

01. Nothing Gonna Change My Love For You
02. Just Don't Have The Heart
03. Who Do You Think You Are ?
04. Bed Of Nails
05. Love Brings Me Round
06. Used To Be
07. Better Off
08. Out Of The Blue
09. If Ever You're In My Arms Again (Disco Mix)
10. Words
11. Stayin Alive
12. Never Gonna Let's You Go
13. I Only Wanna Be With You
14. Nothing Gonna Change My Love For You (Extended)
15. Words (Full Vocal & Links)

Cutting Edge/avex CTCR-11038 日本盤CDA 1997/10/29 Release


No.234 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.20  Here And Now // You'll Be Sorry / STEPS 


STEPSの2000年リリースの曲です
STEPSというと日本人にとっては
5.6.7.8のイメージがやはり強いと思うのですが
それ以外にも名曲はかなりあります
特に One For Sorrow などは極上すぎて
もうびっくりするくらいです

この Here And Now もOne For Sorrow には劣りますが まずますの哀愁ダンスポップで悪くないです
ここではSleaze SistersによるポップなRemixを収録していますが
青春万歳(笑)なAlmighty Mixも甲乙つけがたい出来です
しかし このSleaze Sisters 今のメンバーはどうなったんだっけ?
元はYomanda(P.Masterson)とかだったはずですが
なんかShanghai Surpriseとどうこうで・・・とか
ややっこしいので もう忘れそうですね(汗)

話を戻して
このCDS 実は一番出来がいいのは3曲目の You'll Be Sorry で
W.I.Pが切ない哀愁系の素晴らしいものに仕上げています
最高の出来です

そういえば W.I.Pというか PWL関連もゴブサタですよね
最近だとPOP!以来・・・目立った話を聞かないのが・・・
個人的にPWL関連は好きなのですが やっぱり今の時代の流れじゃないのかな・・

Here And Now // You'll be Sorry / STEPS

1. Here And Now (Q-Street Mix) 3:28
2. Here And Now (Sleazesisters Anthem Mix) 7:51
3. You'll Be Sorry (W.I.P Bach To Classics Mix) 6:48

JIVE 9201322 UK盤CDS 2000 Release


No.233 / UK - Pop & Vocal House / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.20  You're My Number One / S Club 7 


初代S Club 7の2000年リリース曲で
カップリングに収録されている
You're My Noumber One (Almighty Mix)は
Halfway Around The World(Almighty Mix) / A☆Teens や
Ready Or Not (Almighty Club Mix) / A1 などと同レベルクラスの
Almighty会心の1曲に仕上がっています

キラキラキャッチーなポップハウス仕上げで 文句の付け所がありません
そしてランタイムが10分オーバー!
これだけでAlmightyがどれだけ気合を入れたのかがわかります
10分もの曲ですが 飽きが来ない構成になっています

この2000年前後というのは Almighty から様々な良作が出た年で
今にしてみれば ある意味すごいことです
最近はすっかり落ち着いてしまったAlmightyですが
この頃の活気を取り戻して欲しいものです

Natural / S Club 7

1. Natural (Single Version) 3:14
2. If It's Love 4:08
3. You're My Number One (Almighty Mix) 10:44
+Picture Gallerly

Polydor 587 760-2 UK盤 CDS 2000 Release


No.232 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.20  Like A Rose / A1 


A1の2000年の曲です
タイトルは「バラのように・・・」
そのまんまの甘いバラードです(笑)
このPVみればわかるのですが なんていうか乙女向けですね^^
プロデュースはWestlifeやBoyzoneを手がけるSetve Mac
ボーイズグループの大御所です

Like A Rose自体非常に質の高いバラードで十分に評価できます
というのも このCDS以前の曲が、Metroプロデュースの
全部アップテンポのダンサブルチューンだったため
CDSとしてのバラードのリリースはこれが初になるわけです

そしてカップリングには If Only (Almighty Club Mix)が収録
こちらも原曲はSteve Macのプロデュースです
Almightyらしいお約束どおりのアップテンポなポップハウスになっていますが
やはりA1というとReady Or Not (Almighty Club Mix)の出来が良すぎたせいか
やや地味に聞こえてしまいます でも水準よりは上だと思いますよ

Like A Rose / A1

1. Like A Rose (Valentine Mix)
2. If Only (Almighty Club Mix)
3. Everytime (Instrumental)

COLUMBIA 668903 2 UK盤CDS 2000 Release


No.231 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.14  Breathless / Tess 


2005年に急にリリースされたもう一つの曲で
先に紹介した The Second You Sleepと同じスタイルです

ですが



メロディラインがThe Second~よりも明るめで かなりトランシーな印象です
Silverroom Extended が文句無しの仕上がり 優しくキラキラした感じですが
サビの部分で泣きのシンセとともに盛り上がります
また Vasco & Millboy Remix も負けず劣らずの出来
とてもトランシーでメロディ・ヴォーカルともにベストマッチです
ややキックが弱いのですが それを差し引いても 素晴らしいです
曲のラスト付近 シンセがアルペジオで上がっていくとこなんか たまりません

Breatheless / Tess

試聴

1. Silverroom Radio 3:12
2. 2N Radio 3:12
3. Silverroom Extended 4:50
4. Vasco & Millboy Remix 6:24
5. Silverroom Remix 4:59

BONNIER 334 22111 スウェーデン盤CDS 2005 Release


No.230 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.14  The Second You Sleep / Tess 


2000年にソロデビューを果たしたTessですが
その後ぱったりと姿を見せなくなり
そのまま消滅したのかと思っていたら
2005年になって 急にCDSをリリースしました
そのうちの1枚が この The Second You Sleepで
US盤がリリースされるほどになっていたようです
曲調は以前のようなアグレッシブスタイルから
キラキラトランシースタイルに変わっています まるで違う人が歌っているような
とても優しい美しいメロディアスな楽曲になっています
この曲から入った人はいいのでしょうが 以前のTessを知ってる人からすると
やや物足りない気もしますが・・・
Remixがいくつかありますが 一番綺麗でかつ盛り上がるExtendedがいいです

The Second You Sleep / Tess

1. Radio Version (Silverroom) 3:33
2. Extended (Silverroom) 7:29
3. Remix (Silverroom) 5:43
4. Interphace Remix 6:46
5. Video


The Second You Sleep / Tess
1. Radio Version (Silverroom) 3:33
2. Extended (Silverroom) 7:29
3. Antillas Remix 7:33
4. Interphace Remix 6:42
5. Remix (Silverroom) 5:40

Robbins 76869-72126 US盤CD 2005/5 Release


No.229 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.14  Viva L'aMour / Tess 


Tessの曲はバリエーション豊か
このViva L'aMorは 打って変わってラテンフーバーのある
ちょっとメランコリックなハウスに近い雰囲気
Extendedを含むどのMixもハウスっぽい仕上がりです
極上の哀愁系メロディで 秋っぽい感じがします
切なく優しい感じですね
Lost Children Mixが一番ハウスで かつ 大人っぽい仕上がり
Extendedはラテンフレーバーが一番強く出ていて メロディックです

Viva L'aMore / Tess

1. C&N Project Remix
2. The Lost Children Mix
3. Extended Version
4. Radio Edit

BONNIER SCANDINAVIA スウェーデン盤CDS 2000 Release


No.228 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.14  One Love / Tess 


Tessの曲は そのどれも質が高く
プロデューサーにとても恵まれたといえます
このOne Loveもそんな曲の一つで
ややアグレッシブな極上トランシー哀愁系に仕上がっています
ただ Justifyと同じく やはりRemixがおとなしめです
ただFuel Remixだけは切ないトランシー系で なかなか聞かせてくれる
感じに仕上がっていて いいと思います

One Love / Tess

1. Richi M Remix 7:28
2. ARI Remix 6:49
3. Fuel Remix 5:58
4. Extended Version 6:42
5. Radio Version 3:59

BONNIER SCANDINAVIA 334 2004 2 スウェーデン盤CDS 2000 Release

No.227 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.14  Justify My Love / Tess 


Tess(本名 Tess Matisson)はスウェーデンで17歳に本格的な歌手活動を開始。
La Cream というグループとして 成功を収め、この Justiy My Love でソロデビューを果たしました。
北欧というと先に紹介したPapayaやAquaなどのバブルガムダンス的な曲を思い浮かべる人も多いと思いますが、実際にはそれ以外のダンスミュージックもたくさんあります。
この曲は2000年にリリース、日本ではDancemania X8に初収録されました。
哀愁系かつクールな雰囲気の仕上がりで、洗練されていてアグレッシブ。
グイグイと迫ってくる、とても質の高いダンスミュージックになっています。
Exetndedの出来がいいせいか、その分Remixはおとなしめで 意外と地味なものが多いですが、
その中でも Nello's 303 Dub Mix はとてもクールでトランシーなDubヴァージョン。
完全フロア仕様で、使いどころはありそうです。

ちなみに彼女が所属していた La Cream というグループの楽曲も似たような雰囲気でいい出来なので、興味がある方はぜひそちらもどうぞ。

Justify My Love / Tess

1. Radio Edit
2. CεN Club Mix
3. Red Tops Club Mix
4. Trinity Boys Trance Mix
5. Nello's 303 Dub Mix
6. Extended Mix

BONNIER SCANDINAVIA スウェーデン盤CDS 2000 Release


No.226 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.07  Dolly Song / Holly Dolly 


なんていうか

安いっ!!!!

という言葉しか思い浮かばない曲ですが
実はスウェーデンなどでバカ売れした曲です

元々はLoitumaというアーティストのIeva's Polkaという曲がネタで
この曲のPV(?)が どう見ても日本アニメな女の子が
ひたすらネギをぶんぶん振り回すというシュールな内容で
それがウケたのかなんなのか イタリアで思いっきり安くカヴァーされたのがこれです

紹介しているジャケット写真はオーストラリア盤のジャケなのですが
KontorからリリースされているEU盤のジャケと比べると
どういうわけかバックの女の子が

微妙に別人に変わってます(笑)

さすがにそのままパクるのはまずかったのか

髪をまとめて、洋服を着せ替えてみました
程度の変更ですが(笑)

そしてジャケット左のキャラはロバっぽいです
このDolly SongのPVでは このロバ(♀)が 怪しいくらいにノリノリに歌ってます(笑)

RemixのほうはNockout RemixとJay Frog's House Mixがノイジーハウスです
Nockout Remixは一瞬どうかな?とも思うのですが 意外と相性がいいようです
Jay Frog's Electro Mix は地味なんですが
怪しいグルーヴ感と独特なメロディがうまく絡まっていて
Original Mixの雰囲気を残したままとても上手にRemixしていると思います
後半は妙な盛り上がりを見せますが(笑)

で、DJ Satomi & Puredust Remix なんですが
ManianとRob Maythを足して2で割って少し薄くしたようなRemixになっています
なんていうか 問答無用でわかりやすい 底抜けハンズアップな感じです
一言で言えば 今風
だけど Rob Mayth の作風に似すぎてるような気がするのは 自分だけではないはずです(笑)

公式サイトで試聴できます

Dolly Song (Leva's Polka) / Holly Dolly

01. Radio Edit
02. Nockout Remix Edit
03. DJ Satomi & Puredust Remix Edit
04. Original Mix
05. Nockout Remix
06. DJ Satomi & Puredust Remix
07. Jay Frog's House Mix
08. Jay Frog's Electro Mix

Central Station CSR CD5 0525 AU盤CDS 2007/1/27 Release



No.225 / Italy / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.05  Fast Food Song / Fast Food Rockers 


元PWLのMike Stockが設立した
Better The Devil Records の第一弾シングルで
2003年にリリースされました
もう文句なしにハッピーになれる
超キャッチー系のダンスポップです
<Radio Edit PV>

タイトルが「ファーストフードの歌」というだけあって
ピザハット ケンタッキーフライドチキン マクドナルド連呼します
あからさまにファーストフードの店名が出てきてしまうのが ある意味すごいです(笑)
Remixのほうは Shanghai Surprize が手がけた
Shanghai Surprise 'Go Large' Club Mix が恐ろしいほどにキャッチー
そして盛り上がり仕様ポップに仕上げていて とてもいいいです

Fast Food Song / Fast Food Rockers

1. 'Deep Pan' Radio Mix 3:10
2. Extra Large 'Deep Pan' Radio Mix 4:16
3. Shanghai Surprise 'Go Large' Club Mix 6:05
4. Sing-A-Long-A-Fast Food 3:08
5. Video

Better The Devil Records BTD1CD UK盤CDS 2003 Release



ちなみに このあとSay Cheeseという曲がリリースされてます
なんとなくチーズの歌っぽいですが 写真撮るときの
「チーズ」と チーズをかけているようです
曲調のほうはSTEPSなどを髣髴させる
爽やか青春ポップスになっていて とても好感度高め
<Radio Edit PV>

RemixはLMCが手がけているのですが
ややキラキラトランシーになっていて こちらも最高の出来です

Say Cheese!(Smile Please) / Fast Food Rockers

1. 'Parmesan' Pop Mix 3:40
2. LMC Extended 'Fondue' Remix 5:59
3. Stompin' 3:45

Better The Devil Records BTD5CDX UK盤CDS 2003 Release

 

No.224 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.02.01  Operator / Papaya 


デビューアルバム PNIK からのシングルカット
北欧全開な1曲で キャッチーさ200%です
オペレータ オペレーター♪は一度聞いたら忘れません(笑)
何ヴァージョンか収録されていますが
Main Mixとして使われているTwo Gees Extended Mixが
キュートでかわいらしい仕上げで一番「らしい」と思います

当時の北欧系モデル出身美人アーティスト(笑)の中に
他に Bambee というのがいるのですが 彼女の曲も似たような感じでいいですね
その後 スカンジナビア航空のスチュワーデス兼モデル という経歴の(笑)
Nini というアーティストもいました
そこから先音沙汰が無いのですが スカンジナビアンレコードは
どうなったんでしょうか・・・?

Operator / Papaya

1. Two Gees Radio Edit 3:19
2. Original Radio Mix 3:34
3. Two Gees Extended Mix 4:40
4. Cableguy Vocal Mix 5:30
5. Cableguy Instr. Mix 5:30

SCANDINAVIAN RECORDS SRCDM 53577 北欧盤 CDS



No.223 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。