Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2007.06.29  A Never Ending Dream / Cascada 


CascadaのUKでの4thシングルがリリース決定
今回は A Never Ending Dream です
という アナウンスをしてから結構経つのですが
いざ正規盤を見てみると プロモとはトラックリストが
異なってリリースされました


結局あからさまに真似すぎてしまったFrisco Remixが未収録で
Deep Forces Remix が採用されたようです
ちなみに どうでもいいことなんですが
本来 Deepforces なんですが なぜか Deep Forces に分裂していますね(笑)
Club (Extended Mix)も収録されたので 結局のところ
ドイツ+UK的なバランスの取れた感じになりました
レビューは既にしているので割愛します

A Never Ending Dream / Cascada

1. Radio Edit
2. Fugitive Mix
3. Club Mix
4. Dancing DJ's Remix
5. Deep Forces Remix
6. Buzz Junkies Remix
7. Digital Dog Remix

AATW CDGLOBE708 UK盤CDS 2007/06/25 Release
スポンサーサイト


No.272 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.06.12  Sunday Girl / Erasure 


前作 I Could Fall In Love With You がなかなか良かった
Erasureのアルバムからのシングルカット曲です
前作よりも やや軽快でポップな印象 爽やかな感じですね
今回はいつも以上に聴きやすいと思います
Extendedもかなりいい雰囲気なのですが
Riffs & Rays Remixが最高に素晴らしく

元の爽やかさを残しつつ 見事なまでにポップに仕上げています
ややキラキラしたポップでキャッチーな音使いで 使い勝手のよい万能選手です

Sunday Girl / Erasure

1. Extended 12" Mix 5:35
2. Riffs & Rays Club Edit 6:44
3. Riffs & Rays Dub Edit 6:44

MUTE LCDMUTE376 UK盤 2007/06/11 Release


No.271 / UK - Pop & Vocal House / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲



2007.06.12  When Love Becomes A Lie / Liz Kay 


Liz Kayの記念すべきデビューシングルがUKでリリース
ただ残念なことに 一番いい出来だと思われる
Clubstar Remix が未収録になってしまいました
一応 iTunes UKでは購入できるのですが・・・・
それでも 強力な内容になっているのは変わりません
詳しいレビューはコチラをどうぞ

When Love Becomes A Lie / Liz Kay

1. Radio Edit
2. Ballad Version
3. Cascada Remix
4. Extended Mix
5. Dancing DJ's Remix
6. Flip & Fill Remix
7. Riffs & Rays Remix

AATW CDGLOBE636 UK盤CDS 2007/06/11 Release


No.270 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.06.10  Heaven / Manian feat Aila 


UKで大ブレイク中のCascada=Manian関連ですが
まだまだ楽曲リリースは続きます
次回作はついにManian個人名義でのリリースになりそうで
しかもブライアン・アダムスのHeavenのカヴァーです
ただ 聞いた限り 数年前大人気となった
Heaven/DJ Sammy & Yanou のカヴァーにしか聞こえません(笑)

メインミックスはCascada Remixのようで
これがまた思いっきりCascada節 わかりやすいのは認めますが
もうちょっと捻って欲しかった気もします・・・
Kareema Remixなのですが これもManianの別名義で 雰囲気としては
トランシーさが前面に出ています
ただ トランシーさで言うとDJ Sammy & Yanouのほうが一枚も
二枚も上手なので これは使い道に困りそうです

Fugitive Remix はハウスというよりはエアプレイ向きのポップ風味で
基本的に丸みを帯びた雰囲気です ハウスとしては微妙なのでフロア向きではありません

Blue Ray Remix はエレクトロなんですが妙にキラキラした優しいエレクトロで
Erasureのそれと雰囲気が似ています
特に I Could Fall In Love With You (Monteverde Vocal Extended Mix) と
そっくりな音使いで 繋ぎやすそうですね

Friday Night Posse Remix 本命です ハイテンションキラキラトランシーで
かなりのイケイケチューンです
基本的にアグレッシブだとは思うのですが かなりキラキラ感もあるため
とてもバランスの取れたトランシー具合で 秀逸な作品だと思います
最初のサビ部~ブレイクでトランシーさを出した後は キラキラしながら
徐々に盛り上げ そのままアグレッシブに突入します
久しぶりのFNP名義のこの曲ですが 文句なしにアタリです

Hardino Remix これもFNPが手がけたものですが こっちはややノイジーなハウスです
ただ ハウスとするにはやや弱く ホームリスニングの域を出ないような気がします

Ballad Versionは毎度おなじみです 癒し系~

Heaven / Manian feat Aila

1. Cascada Radio Edit 2:43
2. Cascada Remix 4:48
3. Kareema Remix 6:42
4. Fugitive Remix 5:45
5. Blue Ray Remix 5:10
6. Friday Night Posse Remix 7:42
7. Hardino Remix 6:41
8. Ballad Version 3:45

AATW CDDJGLOBE713 UK盤 CD-Promo

しかし Heaven / DJ Sammy & Yanou のYanou と
Cascada=Manian & Yanou のYanouが同一人物だということは
どれだけ知られているのでしょうか?(笑)






No.269 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.06.07  Halfway To Heaven / Melanie Flash 


2006年にドイツのSuprime Recordsから
リリースされた作品がAATWにライセンス
最近のUKはドイツがいたくお気に入りのようです
この曲はAxel Konradがプロデュースで 正直なところ
Groove Coverageが最近微妙なのでどうかなと思ったのですが
Extendedは意外とポップで悪くないです

むしろGroove Coverage Remixがダメな気がします・・ ちょっとノイジー過ぎますね うるさい・・

Radio-Extendedは ベーシックなドイツスタイルです そこまでトランシーでもなく
ややキック強めのポップな展開でいい感じです
HandzUp Remixは名前の通りで ハンズアップ系です
なかなか陽気なパーティートランスで 好きなスタイルです
Headhunters Remixも文句無しのパーティートランスで こちらのほうがややおとなしい風
HandsUpとHeadhuntersはクエイクトランスに収録されそうな
かなり今風の仕上がりで 特にHandsUp RemixはCODEとかならフロアで盛り上がりそう
ちなみにHeadhuntersは先日YamatoとAATWからデビュー曲をリリースしています
Flip & Fillはかなりのイケイケ仕様 基本的にExtendedの雰囲気を受け継いでいるようで
ややハイテンションポップな仕上がりになっています
KB Project これは前振りが単調なのですが 途中 妙にトランシーな部分があります
が、ただそれだけで ちょっと使いにくいですね・・・

総合評価としては 一番「らしい」Headhunters がイチオシ
次点でExtendedとFlip & Fill といったところです

Halfway To Heaven / Melanie Flash

1. Radio Edit 3:39
2. Extended Mix 6:11
3. HandzUp Remix 6:29
4. Headhunters Remix 6:13
5. Groove Coverage Remix 6:09
6. Flip & Fill Remix 5:41
7. KB Project Remix 6:23

AATW CDDJGLOBE688 UK盤 Promo CD


No.268 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.06.03  Break Up / Kim Sozzi 


UKでのCascada人気は衰えることを知らないようで
このBreake Upを皮切りに
Manian関連の曲が多数リリースされます
でも この曲はManianの曲ではなく
Main MixであるCascada Remixの人気が非常に高いために
選ばれたようです

日本ではQuake Trance Best14の1曲目に収録された曲で
解説にもあるように 元々Ultraからリリースされていたのを
Zoolandがライセンスしたもの ただ元が地味で Cascada によるRemixが
前面押し出しになってしまって・・・
実質的にManianの曲のようになってしまっています(笑)
そのCascada Remixもランタイム4:40ときわめて短く使いにくいのが欠点です

ドイツの2-4GrooveによるRemixはノイジーなハウスに・・・
地味は地味ですが妙なグルーヴ感があって悪くないと思います
Hixxy はいつもに比べるとポップすぎるというか安いというか・・・
トランシーさが控えめな仕上がりで 原曲を生かした感じです
DHTによるバラード ヴァージョンは予想外でしたが出来はいいです
元がバシバシ迫るような感じだったので 雰囲気どうかな~と思ったのですが
なかなかどうして うまい具合に綺麗に仕上がっています 癒し系です

Breake Up / Kim Sozzi

1. Cascada Radio Edit 3:04
2. 2-4 Grooves Edit 2:56
3. Cascada Remix 4:40
4. 2-4 Grooves Remix 7:18
5. Hixxy Remix 5:20
6. DHT Ballad Edit 3:20

Substance SUB25CDS UK盤CDS 2007/05/28 Release


No.261 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。