Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2007.09.28  (I'm So) Happy Happy (You're Mine) / The Sheilas 


さてさて ついに往年のSAWの復活作が
(S=Stock A=Aitken W=Waterman)
ついに正規リリースされました!
PWLファンにはたまらない仕様で
Extended Mixは
なんとPete Hammondが手がけています
予想通りの 安いヴォーカル&音(笑)
そして ある意味濃ゆい3人組♀
これだけでお腹いっぱいなんですが


それに輪をかけてRiffs & Rays Remixがとてもナイスな出来!
Pete Hammondの手がけたExtended Mixはやや太目の出来で
ポップながらも 比較的どっしり感があります
それに対しRiffs & Raysは BPMを少し高くして軽快なダンスポップに仕上げています

フロアではどっちも使えるでしょうが

PWL好きな人であれば 確実にExtendedを使うはずです(笑)

Riffs & Rays Remixもかなりいい出来になっているので
これはオススメですよ~!

(I'm So) Happy Happy (You're Mine) / The Sheilas

Listen♪

1. Radio Mix 3:25
2. Extended Mix 5:29
3. Riffs & Rays Extended Mix 7:00
4. Riffs & Rays Rado Edit 3:27
5. Karaoke Version
6. Enhanced Video

PWL(EMI) SAWCD1 UK盤CDS 2007/09/24 Release

ちなみに SAWと書きましたが この曲はAitkenは参加していない模様(汗)

スポンサーサイト


No.290 / UK - Pop & Vocal House / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲



2007.09.28  U Spin Me / Inaya Day 


Nasty Girlをリリースした後 すっかり沈黙を守っていた
Inaya Dayですが 噂のU Spin MeがUKでリリース予定です
なんとなく予想がつくと思うんですが
Dead Or Alive の You Spin Me Around をネタにしたトラックで
非常にパワフルな展開 Inaya Day節全開です

Mike Cruz Club Mixが当時のフレーバーを残しつつ ハウスにしているので
ある意味スタンダードで王道です 使いやすいですねこれ
Riffs & Rays はややエレクトロファンキーなハウスになってい
妙なグルーヴ感がありますね。ギター音色がアクセントになっていて
意外とカッコイイ仕上がりです

Kenny Hayesはちょっと地味なんですが 別名義のFugitiveは
オリジナルフレーバーを残して レトログルーヴィーなハウスになってます
Mike Cruz Club Mixよりも全然軽いのですが 思ったほど悪くはないです
レトロ感丸出しなので こっちのほうが受けがいいかもしれません
Fugitive D.O.A RemixのD.O.AはDead Or Aliveでしょうね多分

さて 今までハウス系が続いてきましたが ラストはFlip & Fill Remix
これは超異色の仕上がりで ポップトランシーでとてもキラキラな仕上がり
ハウスではないんですが これはこれでアリですね~
というか すごく上手いRemixだと思います
オリジナルがあれで それをここまでにするとは(笑)
しかも雰囲気的には全然悪くありません
ここ最近のFlip & Fill Remixのなかではトップクラスの出来だと思います

いろいろとシーン別で使えるRemixばかりなので 捨て曲があまりないですね
正規リリースが待ち遠しいです

U Spin Me / Inaya Day

1 Radio Edit 3:30
2 Mike Cruz Club Mix 10:41
3 Riffs & Rays Remix 8:45
4 Mr. Timothy Club Mix 7:21
5 Friscia & Lamboy Remix 10:40
6 Kenny Hayes Remix 6:37
7 Fugitives D.O.A. Remix 6:46
8 Flip & Fill Remix 5:13
9 Mike Cruz Dub 9:09

AATW CDDJGLOBE720 UK盤 Promo CDS


No.296 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.09.28  The Rain / Sublime 


AATWからの曲でやたらとRemixが多いんですが・・・・
ちなみにアーティストの詳細は不明です

哀愁系の歌モノで RadioとExtended は恐ろしく地味(笑)
Styles & Breeze がとてもいい出来で トランシーかつ ややハードに進みます
雰囲気抜群の仕上がりで とてもいいですねこれ

Alex Kはそこそこ こういうスタンダードな歌モノとAlex Kは相性悪いかも

CJ Stone なんていうか もう終わってますね・・・
一時期のあのトランシーさはどこに行ったのか・・・・
恐ろしく地味でどうにもこうにも・・・
Voodoo & Serano 上記のCJ Stoneと何が違うのか全くわかりませんが(汗)

Dancing DJ's ちょっといつもと雰囲気が違うようで
ベースは同じだけども ピアノとシンセの音使いが上手いです
盛り上がり的にやや決め手に欠けるので 使いどころが難しいかも

Flip & Fillはオリジナルを上手いことポップにした感じ
スタンダードすぎてますが Originalよりかはまともです

最近AATWでよく目にするHeadhunters やはりハンズアップ系になっています
ハッピーはハッピーですが シンセが鋭いのと
ピアノが聞かせる感じなのでややクールな印象もあります



The Rain / Sublime

Radio Edit
Extended Mix
Styles & Breeze Remix
Rezonance Q Remix
Alex K Remix
CJ Stone Remix
Voodoo & Serano Remix
Dancing DJ's Remix
Flip & Fill Remix
Headhunters Remix

AATW CDJGLOBE563 UK盤 Promo CD



No.295 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.09.28  Magic Touch / M&C feat Rebecca Rudd  


だいぶ前に Do You Want It Right Now ?をリリースしてたM&Cの新曲で
前作よりもキャッチーなポップ仕上げで UKとドイツの中間くらいの雰囲気
Dancing DJ'sはいつもとほぼ同じな感じなんですが
メロディとの相性がいいのか なかなかの爽やかキラキラになってます

D:CodeはかなりBPM高めでハイテンションピアノトランシー
別名義のHypasonicとほぼ同じような展開です
Flip & Fillはとても安っぽいイケイケ系で いつもの通りです

Headhuntersは思いっきりハンズアップでドイツのRob Maythほどではないにしても
かなり展開がハッピーな感じです シンセリフが特に

Squad E はハードコアになってますが 先のD:Codeをさらにアグレッシブにした感じです

KB ProjectとAlex Kは曲の雰囲気とあってないんですよね 完全に浮いてます

Magic Touch / M&C feat Rebecca Rudd

Original Mix
Dancing DJ's Remix
D:Code Remix
Flip & Fill Remix
Headhunters Remix
Squad E Remix
KB Project Remix
Alex K Remix

AATW CDDJGLOBE691 UK盤Promo CD


No.294 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.09.28  You You You / James Kakande 


ワールドカップ、トリニダードトバゴのオフィシャルソングらしいのですが
全くわかりません
どう聞いてもラガなんですが
ATFCがエレクトロ風味に Buzz Kitchenはキャッチー
Alex Gaudino & Jerma が軽快でスタンダードなハウスにしています
10曲目のHardinoは Friday Night Posseのハウスでの名義
今回はポップタスティックながら ドラマティックなサウンドになってます
ただし キックが弱いのがちょっと・・・

個人的にはAlex Gaudino & JermaとHardinoがいいですね
特に後者は珍しく出来がいいです

You You You / James Kakande

1 Alex Gaudino & Jerma Radio 4:00
2 ATFC Vocal Club 7:48
3 Alex Gaudino & Jerma Extended 5:20
4 Buzz Kitchen Remix 7:27
5 Sergio Flores Synthphonic Club Remix 8:07
6 Sergio Flores Synthphonic Dub 5:54
7 Marks Full On Vocal Dub Remix 8:15
8 ATFC Big Room Dub Remix 7:11
9 Marks Full On Big Room Dub 8:16
10 Hardino Remix 6:20

AATW UK盤 Promo CD CDDJGLOBE591


No.293 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.09.20  Castles In The Sky / Liz Kay 


When Love Becomes A Lie に続くLiz Kayの新曲は
Castles In The Sky / Ian Van Dahl のカヴァーです
実のところ When Love~よりも以前に作られているはず・・・
先頃 やっとアナログがリリースされ 同時にDL販売もスタート
ただ今のZoolandはノイジーなハウスっぽいのが大好きなようで
Cascada Remix 以外は恐ろしいほどに地味なハウスです(汗)

その本命Cascada Remixですが 毎度おなじみいつもと全く同じパターンです
ですが 曲の雰囲気と合ってないとかそういうのは全く無いので
安心して聞けるし フロアでも使いやすいでしょう バランス型で安定です
で Remixなんですが とりあえず Club MixとMondo Remixが特に酷く
異様なまでにノイジーなハウスっぽいエレクトロとでも言うんでしょうか・・・
聞きにくいことこの上ないです
Sunset Crew と Basetian も基本的にノイジーエレクトロハウス
上記2つよりかは聞きやすく使いやすい印象・・・ですが 使い道が・・・(汗)

とりあえずUK Remixerのものもあるようで
Flip & Fill Remix はわかりやすいライトなトランスポップ路線
キック薄めで 高トランシーな感じで やや安いですが
基本イケイケ路線なので 印象としては悪くないです
Kenny Hayes Remixは昔ながらの彼らしいキラキラユーロトランスで
イケイケではないながらも 綺麗にまとめてあります とても彼らしい作品です
Kenny Hayes Nitlite Remix は スロウテンポの聞かせる曲です

ちなみに他にもAlex K Remixがあるはずなんですが・・・
あとUK勢はFNP関連もなんとなくありそうな・・・・

Castles In The Sky / Liz Kay

Cascada Radio Edit
Club Radio Edit
Sunset Crew Radio Edit
Mondo Radio Edit
Bastian van Shield vs Detire Radio Edit
Cascada Remix
Club Mix
Sunset Crew Remix
Mondo Remix
Bastian van Shield vs Detire Remix
Flip & Fill Remix
Kenny Hayes Remix
Kenny Hayes Nitelite Remix



No.292 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.09.20  When You're Gone / Soraya 


だいぶ前の話なのですが
AATWからプロモアナログのみでリリースされた
Soraya の When You're Gone がデジタルリリースで
結構前から再販されています
実はこの曲 個人的に大好きで(笑)
とても綺麗な哀愁系メロディが心に響きます

今回 プロモ未収録のRemixもまとめてリリースされています
Original Mix は ピアノがアクセントになった哀愁ダンスポップで
合間合間の笛の音も心に響きます
ただイントロとアウトロが無いので完全にエアプレイ向きです
さらに 不思議なことに Radio Edit はOriginalではないようで 若干アッパーになっています
これのExtendedが個人的に聞きたかったのですが・・・

LMC Remix は当時のLMC丸出しのやや跳ねるトランシーな音使い
曲の持つ独特の雰囲気と見事にマッチしていて 抜群の出来だと思います
Flip & Fill も当時を象徴するようなRemixでポップトランシーで バランスがいいです
イケイケというまでは行かないですが
オリジナルの雰囲気を生かしつつ トランシーに仕上げています

Kenny Hayes はダーク目のキラキラユーロトランスです
ブレイクの回数が目立つのですが 基本的にドラマチックな仕上がり
雰囲気的には一番ハマっているかもしれません
I-Nation Remixはやや音数が足りないような気もするんですが・・・
音の割りに地味な構成になっています

Friday Nigt Posse Remix は基本的に現在のFNPとは作りが全く違います
まずキックが重く 低く弾むような音使いでイケイケというよりは 比較的地味です
お遊び心が入っていますが 地味なので使いどころが難しそうです
音的にはややハードといった程度 ただしキックは太め

Monsoon & Dreamworx はKB Projectの雰囲気とさして変化ありません
単調なのも同じです
Clubstar Remix はKenny Hayesよりも流れるような雰囲気になり
さらには ややポップアッパーになっていて これはこれでなかなか好きです


When You're Gone / Soraya

Radio Edit
Original Mix
LMC Remix
Flip & Fill Remix
Friday Night Posse Remix
I-Nation Remix
Kenny Hayes Remix
Clubstay Remix
Monsoon & Dreamworx Remix


No.291 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.09.05  Lucky Star / Killa Deejays feat Sarah 


UK Hardcore の Next Genelation から
Brisk & Ham がリリースした Angel Eyes という曲
ずいぶん前に マリオロペスもカヴァーしてましたが
なんかまたカヴァーされたみたいですね

ところがタイトルが変わってるのは何故・・

Lucky Star

サビの部分ラストに Lucky Star っていう歌詞があるんですが
その部分をタイトルに変えてしまったようです

Original Mix
D:Code Remix
KB Project Remix
Squad-E Remix

Listen♪ 

Squad-EによるHardcore Remixが入っています
Brisk & Hamは哀愁系なのに対し こっちは明るめ展開なので
対極に位置する感じ
ちなみに Squad-E は Hypasonic のことで
しかも Hypasonic と D:CODE はメンバーの1人が重複しているので
結果的には同じ人が絡んでます

それ以外は AATWっぽいわけで この3つの中だと
D:CODE Remix がトランシーでいいんではないでしょうか

でも 実は他にもRemixがあって

Dance Assassins Remix
Donk Machine Remix
Handz Up Remix

この中の Handz Up Remix は 確かにハンズアップです
BPMを少し上げれば なかなか良さそうな感じに・・・

D:CODEとHandz Upで使い分けたい感じですね



No.289 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。