Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2007.10.29  Turn The Tide / Manian feat Aila 


先日 Manian の新曲として Heavenが
UKで先行リリースされたことは記憶に新しいのですが
次の曲もUKライセンスされ、UKプロモがリリースされています
この Turn The Tide はベルギーのSylverのカヴァーで
2000~2001にヒットしたTranceで Airscape Remixなどが有名
で、今回はManianがカヴァーということになるのですが
元々優しげな曲なために ManianのExtendedが恐ろしく地味に
Cascada Remixはいつもの通りでポップに仕上げてあります
ただ ちょっと華に欠けるのでは?というのが正直な感想ですね

Flip & Fill Remix はBPM高めのとてもスピード感のあるトランシーな仕上がり
これは上手く出来てると思います ポップですが疾走するようなシンセラインがなかなかです
Friday Night Posse Remix もちろん激アゲというわけではないですが
Flip & Fillと同じく 比較的トランシーで上手にまとめてある印象
FNPのアッパービートとブレイクとのメリハリが上手くついていて 悪くないです
Headhunters すっかりおなじみになってしまったUK産ハンズアップ系のRemixを作る人
いつもRob Mayth一歩手前っぽい作風なんですが 今回もそんな感じです
個人的にはCascada Remixよりもノリがよく ピアノとハッピーシンセが雰囲気を出しています

Enatic Remix このEnaticはドイツのRio & JulianoのBlind (Dan Winter vs. Enatic Remix)
このEnaticのことだと思います アッパートランシーな展開で やや安いDan Winterに近いです
キックが太くてシンセのアタックが強い ドイツらしい展開で
後半の急激なピアノブレイクがとても印象的
Bassloverは太い・・・・キックが・・・(笑) 雰囲気としてはパーティトランス系で
シンセも結構強く入っています が キックが太いです お遊び心満天


Turn The Tide / Manian feat Alia

Cascada Radio Edit 3:37
Extended Mix 5:10
Flip & Fill Remix 6:01
Friday Night Posse Remix 7:24
Headhunters Remix 6:18
Cascada Remix 4:40
Club Mix 5:25
Enatic Remix 6:39
Baselovers Remix 5:22
Radio Edit 3:15

AATW CDDJGLOBE692 UK盤 Promo-CD
スポンサーサイト


No.305 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.28  Sunset To Sunrise / Whelan & Di Scala 


Whelan & Di Scala は Dave WhelanとMike Di Scala
この二人のユニットで Tear Dropでデビュー
WhelanはThe Chosen FewやAdhesive名義で活躍し
Di Scala はUltrabeatのデカイ人です(笑)
この名義のときは間違いなくハウスなのですが
前作 Teardropはいささか難のある出来だったようで・・・・
ですが 今回はなかなか雰囲気のいいハウスに仕上がっています

ピアノリフが印象的な 哀愁系のヴォーカルハウスでタイトル通りの雰囲気そのまま
Extendedがとてもスタンダードなのでそれだけで十分だったりもします
Remixのほうはたくさんあるんですが うーん どれもちょっと使いにくい・・・かな
全体的に癖が強すぎて 扱いづらいというのが本音ですね
今回 ハウスではなく アッパーなRemixとして唯一Alex Kが採用されているのですが
これがまた雰囲気と合っているのか合っていないのか(笑) まさに俺流で突き進みます
しかしAlex Kはなんでも挑戦するんですね(汗)
この曲はデジタルリリースのみのシングルのようです

Sunset To Sunrise / Whelan & Di Scala

Short Version 2:55
Extnded Version 7:00
M-Factor Remix 8:14
M-Factor Dub 8:07
Da Mode Remix 6:27
Hott 22 Remix 7:37
Sunwalkers Remix 6:39
Colin Airey Remix

注:これはプロモCDなので実際にデジタルリリースされているものとは若干異なります
なおAlex K RemixはiTunes Store UKでのみ購入することが出来ます

AATW CDDJGLOBE662 UK盤 Promo-CD


No.304 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.27  Let Me Show You / K-Klass 


昨年からK-Klassが徐々にセルフ・リメイクや
少しずつRemixなどを手がけ始めていましたが
ついに正規リリースするまでに至ったようです
と 言っても デジタルリリースでダウンロード限定なのですが・・・
ここでは事前に発表されたプロモを紹介しています
K-Klassは昨年 Rhythm Is A Mystery をセルフリメイクして
プロモリリースはしたのですが どうやら評判がイマイチだった模様

で 今回は93年にリリースしたLet Me Show youをセルフリメイクしたようです
元々の曲はシンセサイザーフル活動の どっちかというとエナジー色が強いのですが
K-Klass自らリメイクした2007ヴァージョンは ピアノリフが印象的な
ややアッパーなハウスになっています
K-Klassic Remixも似たような感じです 2007に比べると音の厚みがやや薄い
しかしながら こちらのほうが踊りやすくなってると思います
Moto Blanco Remixは王道ですね バランスが取れている感じで 可もなく不可もなく
インパクトはK-Klassほど感じられないものの 安定感はあるので使いやすそうです
Stonebridge Remixなんですが 妙に低音が厚いんですよね グルーヴ感はあるのですが
インパクト的にはそこまででもなく サラーッと流れていく感じです
ATFCはエレクトロですねー 普通のエレクトロすぎます(笑)

Let Me Show You / K-Klass

K-Klassic 2007 Club Mix 9:04
K-Klass 2007 Remix 7:54 Listen♪
Moto Blanco Remix 8:11
Moto Blanco Dub 8:41
Micky Slim Remix 6:47
Stonebridge Remix 7:39
ATFC Remix 9:17
K-Klass 2007 Edit 7:54 注1
Moto Blanco Edit 3:13

注1 Editとか書いてあるのに間違えてExtended(Tr.2)が収録されている

AATW CDDJGLOBE650 UK盤 Promo-CD



No.303 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.19  ポリリズム / Perfume 


ここのところ急に人気の出てきた 中田ヤスタカ が
プロデュースしている Perfume というグループ
前作 チョコレイト・ディスコ もそれなりに人気があったのですが
このポリリズムは それよりもかなりヒットしているようです
中田ヤスタカの楽曲は 基本的にエレクトロポップ
癖があるかと思いきや そこまで癖はなく 聞きやすいですね
キックがはっきりしていて ダンサブルな出来です

ヴォーカルをデジタル処理をしているのが ある意味最大の特徴なのですが
逆にこれが個性を殺す結果にもなっているのが なんともいえません(笑)
鈴木亜美のFree Freeという曲も中田ヤスタカプロデュースなのは有名
それを聞くとわかるのですが 誰が歌っても同j(以下略

話を戻してポリリズムですが チョコレイト・ディスコの時もそうでしたが
ポップさが前面に出ているので とてもわかりやすくていいですよね
音的にメリハリがついているので 個人的には好きです

前述の鈴木亜美のFree Freeはクラブ向けになっているので よくかかるとは思うのですが
実はこのポリリズムも かなりフロア映えします
キックがはっきりしているので 違和感なく かつ重厚に聞こえるんですね
クラブで聞くとかなり印象が違って聞こえます
余談ですがCDSには Edit というのが収録されてますが だからと言って
1曲目がExtendedというわけではないです(笑)

ちなみにC/Wの Seventh Heaven もいいですよ~ こっちもフロア映えします


ポリリズム / Perfume

1. ポリリズム
2. SEVENTH HEAVEN
3. ポリリズム -extra short edit-
4. ポリリズム ~Original Instrumental~
5. SEVENTH HEAVEN ~Original Instrumental~

徳間ジャパンコミュニケーション TKCA-73255 日本盤CDS


No.302 / Japanese Club Music / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.18  Sun Is Shining / Yanou 


以前 DJ Sammyと組んでHeavenをリリースしたり
Manianと共にCascadaやLiz Kayのプロデュースをしている
Yanouの新曲です
Yanouは個別名義のときは 地味なエレクトロハウスで
このSun Is Shiningも そんな感じです
ただ 今回はボブ・マーリィのカヴァーということで

UKでピックアップされAATWからプロモがリリースされたようです
確かにハウス台等になってきていますが ドイツ産のハウスは
妙にノイジーで癖があるのが多く 使いどころが・・・・ってのが多いですよね
今回 Spencer & Hill Remix はドイツらしい太いベースラインで
妙なグルーヴ感を持ったRemixになっています
使いどころを選びますが 個人的には悪くないと思います

そんなわけでUK Remixに期待がかかるわけですが
元が元だけに そこまでポップにはなりきれてません(笑)
Hardino もオリジナルの雰囲気は壊さずに やや聞きやすく仕上げた感じ
Kenny Hayes Sunshine Funk はハウスとしてはちょっと弱いかなぁとも
思ったりしますが ピアノが印象的 大人っぽい雰囲気でまとめてあって
これはこれで悪くないですね

Sun Is Shining / Yanou

Listen♪

Radio Edit 3:49
Spencer Hill Radio Edit 3:28
Buzz Junkies Remix 6:07
Extended Mix 5:46
Spencer Hill Extended Mix 6:35
Hardino Remix 6:28
Mondo Remix 6:35
Spencer Hill Dub 6:35
Kenny Hayes Sunshine Funk 5:23
Buzz Junkies Dub 6:05

AATW CDDJGLOBE734 UK盤 PromoCD


No.301 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.17  Touch Me Like That / Dannii Minogue 


X-Factorの影響で 急に人気が上がってきたダニー・ミノーグ
過去のアルバムの特別盤を2枚
AATWからデジタルアルバムを1枚
そしてシングル Touch Me Like That をリリース
・・と 一気にリリースが決まっています


そのシングルであるTouch Me Like Thatなんですが
He is a Gratest Dancerと同系統のポップハウスな仕上がりです
オリジナルもさることながら前作同様LMC Remixもなかなかのいい出来 今から期待できます
Listen♪  

12月リリース予定で LMC Remixの他には StonebridgeやSoul Seekerzなどが収録予定


No.300 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.17  Sunrise / Milk Inc 


既に本国ベルギーなどではリリースされていて
彼ららしい トランステイストを含んだ バランスのいい曲です
昔に比べてトランス色がかなり薄くなりました

どうも久しぶりにUKライセンスされるらしく AATWが権利を取ったらしいのですが
UK Remixは現状 ほぼ全てハウスになってます
Buzz Junkiesなど エレクトロっぽいのが多いのですが
注目は Love To Infinity Remix ですね
Milk Inc と LTI というなんとも不可思議な組み合わせですが
個人的には聞き心地がいいなと思います

まだプロモすらリリースはされていないのですが 音源の試聴は可能です
Listen♪


No.299 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.03  Quake Trance Best 16 


遅れましたが Quake 16 のレビューです

今作も毎度おなじみ全曲(ほぼ)新曲です
トップを飾るのはDivynalsのTouch My Selfのカヴァーですが
これは先日レビューした通りの出来で なかなかキャッチー
2曲目は Heaven なのですが ManianではなくAndorfineのほうの
別のカヴァー・ヴァージョンです
ただManianに比べヴォーカルがイマイチなのと
バックトラックが単調で地味な印象がします というか 同じネタでリリースを続けると
比較されやすくなっちゃいますよね
3曲目Heaven繋がりで こちらも散々カヴァーされたHeaven Is A Place On Earth
だいぶ前に複数出ていたカヴァーよりもハッピーで明るい印象です
安っぽいですが聞きやすいです
これもAndorfineからのリリースです
4曲目 S.E.X.Appeal 以前レビューしたCcK Remixが収録されました
5曲目 Natalie Imbruglia のカヴァーなんですが 思いっきりItarobrothersに染まってます(笑)
7曲目 Grolia Estefanのカヴァーで 以前Mysterioがカヴァーしたものと同じ
Mysterioよりも音が太い感じ キュートさではMysterioのほうが勝っているかな
9曲目 メロディラインがとっても好み
結構アッパーな作りになっているので そのギャップがまたいい
10曲目 MaBra名義のDJ Lhasaの新曲 哀愁系メロディ+アッパーな感じで悪くないです
ただしこれはOriginalではなくRemixのほうが盛り上がる感じがしますね
12曲目Apolloの名曲 Dance の2007VerのCascada Remix
雰囲気的には間違いないです 解説にもあるとおり太目のシンセがいいです
UKでもリリースされるといいんですが・・・・
13曲目 ItarobrothersのMoonlight Shadowです Groove Coverageのよりも
遥かに聞きやすくてそして綺麗に作ってあります Remixも豊富でなかなかです
15曲目 DEE DEE (Ian Van Dahl)のカヴァーで とても懐かしい
当時には無かった雰囲気でトランシー+アッパーで攻め立てます
哀愁メロディと絡み合って なかなかいい作品に仕上がってます

16曲目から ややハードな方向へシフトしていく
18曲目 Megara vs DJ LeeによるRemixは非常にアタックの強いパワフルな作品
19曲目 YOJI BIOMEHANIKA によるRemix作品 ここだけかなり趣が違う感じで
非常にテクノ性が強いハードダンスになってます
22曲目 非常にトランシーな作品で アッパーながらかなりスペーシーな仕上がり
ちょっとBPMが高すぎるのが欠点で もう少し低BPMで聞きたい


全体を通して いつにも増してポップかつ聞きやすい曲が非常に多く
今風のハンズアップ~ハードトランス好きなら とてもオススメな一枚
後半数曲はトランシーでドラマティックな展開になるので メリハリがついていい感じ
ただし 後半BPMの高さゆえに落ち着いて聞けないのと
トラックによって収録時間に差がありすぎるのが難点



←and more
No.298 / Quake Trance / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2007.10.03  Quake最新音源 


よく考えたら久しぶりかも・・この企画
都合により出来なかったのでね・・・
今回は2曲紹介

I Touch Myself (Handz Up Club Mix) / Jan Wayne & Scarlet

既にリリースされている Quake Trance Best 16の1曲目
解説にあるとおりDivinalsのカヴァーで
UKではLove To Infinityがカヴァーなどもしてました
Remix名でわかるとおり ポップなハンズアップ系の曲で
非常にキャッチーでわかりやすいです
ヴォーカルがややチープなんですが 全体的な雰囲気がチープなので
バランスは取れていると思います


In A Dream (Pitch Man Remix Extended) / GITH

BE52の新作
珍しい男性ヴォーカルのハンズアップポップな曲で
イマイチやる気があるのかないのかわからないヴォーカルが印象的
メロディが単調気味の割りに シンセリフのアタックが非常に強く
特に後半部分 畳み掛けるハッピーなシンセがなかなかナイス




No.297 / Quake Trance / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。