Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2008.02.28  Medicine / Kim Leoni 


久しぶりにタワレコに行ったら Kim Leoniのシングルが
置いてあったので 購入の巻 ZYXレーベルだったわけですが
Universalとは大違いで ちゃんとRemixを入れてくれてます

さてさて この新曲なんですが
うーん これはちょっと及第点をあげられないような・・・
悪くは無いんです Remixも含めてわかりやすい展開なんですが

肝心のメロディが・・・・ メロディが 前作 Again とそっくりなんですよねー
同じアーティストで似たような曲ってのは よくありがちなので別にいいとは思うんですが
2回連続だと どーしてもインパクトが薄くなるわけで・・・・・
Remixも前作が秀逸だったために 今回が余計に薄く感じてしまう悪循環が・・

Original Extendedは ありがちなユーロ・ハウスで 前作同様地味な印象

Topmodelz Remixはややアッパーな程度でオリジナルの雰囲気を残しています
ですが なんか・・・ 妙に初めてじゃない印象が・・・というのも 某曲に似ているのです・・アレンジが・・

Raindropz RemixのほうがTpmodelzよりも若干アッパーな感じがします
全体的なバランスは同じだと思うのですが シンセリフが決定的に違うため
ドラマチックだけではなくアッパーな印象も与えています

Meicine / Kim Leoni

Original Radio Edit 2;49
Original Extended Mix 5:28
Topmodelz Radio Mix 3:39
Topmodelz Remix 5:35
Raindropz Radio Edit 2:58
Raindropz Remix 4:45

ZYX ZYX1009-8 ドイツ盤CDS 2008 Release
スポンサーサイト


No.330 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.02.25  Sea Of Love / Frisco 


昨年 比較的人気のあったFriscoの新曲
タイトルからして夏っぽいのかと思えば
そんなことも無く どちらかというと哀愁系で
冬っぽい雰囲気
Extendedは非常にスタンダードで可もなく不可もなく
ややトランシー程度で それなりに使いやすいですが
やはり決め手には欠けます

ちなみにカヴァーでして、元ネタは90年後半に
デンマークで人気のあったユーロダンスアクトの
Daze のアルバムSuperheroに収録のSea Of Loveです

この曲、AATWか力を入れているのか 妙にRemixが多くて
とりあえず10ヴァージョンもあるんですが・・・・一つずつ見ていくと

D:Code Remix
BPM高めで 昔のFlip & Fillのような哀愁系シンセを使ってはいますが
キックのしっかりした Hypasonic風味一歩手前のような雰囲気になっています
D:CodeとHypasonicの曲調が似てしまうのは まあ 仕方ないですね

M&C Project Remix
すっごくチープ これでもかというくらいに音が安い(笑)
音数がちょっと足りないので使いにくいですが 途中でヴォーカルをいじるなど
遊び心は備えている模様

Flip & Fill Remix
良くも悪くもFlip & Fillですが 今回は出来が良い方だと思います
全体的にシャープにまとまっていて 雰囲気が出ているんじゃないでしょうか?
トランシーさが比較的出ていて 個人的には好きな部類です
ただ 綺麗にまとまりすぎて盛り上がりに欠けます

Alex K Remix
これは ただ単に曲との相性が悪いだけのような・・・(笑)
なんとも単調でイマイチ

Headhunterz Remix
毎度おなじみ UKハンズアップ系ですが 導入から綺麗なブレイクとキラキラ音で
なかなか聞かせてくれます その後サビ終了後はハンズアップな感じになるわけですが
そこまで激しくもなく適度にバランスがいい感じです
ブレイクとのメリハリがついて なかなか好きな展開です

Clubstar Remix
これは ユーロトランシーなClubstarなら良かったのでしょうが
地味です エアプレイにも使えません これでは・・

FNP Remix
なんだかちょっと久しぶりなFNPですが 曲との相性がいいのか
なかなかにアゲ風味です Headhunterzと使い分けできそうですね
ただ Dancing DJ's名義にかなり近い出来なので もう少しハードにしてもいいような

Lee S Remix
メタリックさがすっかりなくなったLee Sは面白みにかけます
彼らの色がなくなってしまった感じで 平々凡々 ピアノがアクセントですが果たして・・

KB Project Remix
今回は悪くないです 毎度同じみのバンピンな展開ですが意外と使えるのでは?
使いどころは難しそうですが・・・・

Sea Of Love / Frisco

Listen♪

Radio Edit
Extended Mix
D:Code Remix
M&C Remix
Flip & Fill Remic
Alex K Remix
Headhunterz Remix
Clubstar Remix
Friday Night Posse Remix
Lee S Remix
KB Project Remix

AATW CDDJGLOBE725 UK盤Promo-CD


No.329 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.02.11  Caramelldansen / Caramell 


きっかけは 友達からの質問でした
「Caramelldansenって曲知ってる?
ユーロっぽい曲なんだけど。。。」
それに対して最初は「そんなのあったかなー?」
とか言ったら
「バルサミコ酢~~ って聞こえるの
ちょっと聞いてみなよ」
なんのことだかわからず 言われるがままに
ニコニコ動画で見つけて聞いてみると
ややテンポの高いダンスポップが・・
それがこのCaramellのCaramelldansenだったわけです
CD自体は結構前から持っていたのですが 紹介をずっと忘れてたようで・・

動画で使われているのは Speedycake Remix となっているんですが

実はこのRemix

ただ単に曲のBPMを上げただけだったりします

実際 持っているCDをCDJを使ってBPMを引き上げたら 全く同じになったので・・・

このCaramellはスウェーデンのダンスポップアクト
プロデュースはTESSやDa BuzzのRemixをしているVasco & Millboyです
実はこのジャケットの後ろ二人の男が Vasco & Millboy本人だったりします
Caramelldansenをはじめとして 全曲北欧ダンスポップ全開で とても当たりのいいアルバム
smile dkやPapaya、Bambeeなどが好きな方は間違いなく好みでしょう

スウェーデンで2001年リリースということで もう入手は困難でしょうが
これをきっかけに日本で・・・・・ってのはあるんでしょうか・・・?

ちなみに ウッー ウッー ウマウマー と聞こえる部分は
O-O-Oa-Oa が正解のようです(笑)

Caramell / Supergott

01. Caramelldansen 3:30
02. Vad Heter Du ? 3:14
03. Ooa Hela Natten 3:41
04. Doktorn 3:10
05. I Min Mobil 4:01
06. Spelar Ingen Roll 3:35
07. Diskotek 3:38
08. I Drömarnas Land 3:12
09. Kom Håll Om Mig 3:46
10. Här E Jag 3:22
11. Ett & Två 3:23
12. Vild Och Galen 3:19
13. Caramell Megamix 4:43

REMIXED RECORDS RRCDA30 スウェーデン盤CDA 2001Release


No.328 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.02.10  What Do You Want From Me ? / Cascada 


What Hurts The Mostに続く
Perfect Dayからのシングルカット第2弾
What Do You Want From Me?
ついに正式に決定し、UKでプロモがリリース開始
今のところUKでのみリリースされるシングルのようです
期待のRemixはFlip & Fill , Hypasonic , K-Klass ,
Fugitive , Manox らが手がけています

曲のほうはというと やや哀愁風味のメロディックチューン
まずRadio~Extended Mixなのですが 一番Cascada節
彼ららしいスタイルで聞いてる限り不安な要素はないのですが
Extendedのランタイムが4:46とかなり短い上に イントロが非常に繋ぎにくい
パーカスだけでキックが無いままイントロが始まり そのままAメロに突入するという
なんとも豪快なDJ泣かせの曲になってます これClub Mixを別に欲しいです

K-Klass Remix 前作でもなかなかのハウストラックだったK-Klassですが
今回も似たような作風で 盛り上がり系ではないですがしっとりと聞かせる感じ
しかし 聞いていると自然とゆったり体が動く感じで朝方ハウスといった雰囲気
パッと目立つ曲調ではないんですが ポテンシャルは高く しっかりした出来だと思います

Flip & Fill Remix 前作がかなり良かったので期待したのですが 今回はややパワーダウン
しかし それでも以前の彼らほど安っぽいわけではないんですが 若干音が・・
A~Bメロ部分とブレイクの構成はなかなかクールなのに 肝心のサビ部分がなぜか安い・・
どう考えても雰囲気的に盛り上がらないわけです

Hypasonic Remix 前述のFlip & Fillよりもかなりアグレッシブ
とてもハイテンションなシンセでグイグイ攻める Hypasonic節全開です
イントロ部分のキックに混じって 教会の鐘の音のSE が響いたり いろいろアクセントも。
終始イケイケのかなりハイパートランシーに仕上がっています
Aメロ~Bメロが一瞬単調かと思いきやそんなことを思ってるうちに
派手なサビ部分で巻き返すので 特に気になりません

Fugitive Freedom Remix 毎度おなじみ ややロック調のエアプレイ向きな感じ
まっすぐストレートランな感じで 可もなく不可もなく

Manox Remix UKプロモの中ではExtendedを除いて唯一のドイツリミキサー
今回の中では一番ハンズアップしてると思われます
ちょっとシンセブリッジが単調で癖があるかな とも思いますが
ジャーマンハンズアップ系が好まれるのであれば
使いにくいExtendedよりもこっちのほうがいいかもしれません


一応 ドイツでのリリースもあることになっているので
Club Mixとその他のRemixに期待したいんですが 間違っても
ジャーマンエレクトロハウスRemixだけとかにならないことを祈ります


What Do You Want From Me? / Cascada

Radio Edit 2:49
Extended Mix 4:46
K-Klass Remix 6:27
Flip & Fill Remix 6:06
Hypasonic Remix 6:06
Fugitive Freedom Remix 5:21
Manox Remix 6:02
K-Klass Classic Radio Edit 3:33

AATW CDDJGLOBE797 UK盤 Promo-CD


No.327 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.02.05  Anything For Love / Reina 


1999年にUSでリリースされ
瞬く間に日本でも大人気となったハウスポップで
ヴォーカルハウス主体のイベントであれば
同じくらい昔のKim WildeのHeavenと同じく
今でも比較的耳にすることの多い曲の一つ
Hex HectorがRemixを手がけているのですが
そこまでアゲ~という雰囲気でもないですね
一般的に Welcome Club というヴァージョンが使われているようで
確かにこちらのヴァージョンのほうがメロディアスかつ音も厚くドラマチックで
言うことなしの仕上がり 基本はメロディアスさを前面に押し出し
そしてサビの部分ではメキメキ盛り上がる感じです
普通にCDで聞くとそうでもないかもしれないのですが
クラブで聞くと音が厚く とてもダンサブルに聞こえるため 印象がかなり異なります

Anything For Love / Reina

Hex Hector Radio 4:40
Welcome Radio 4:04
Hex Club 8:25
Welcome Club 10:36
Radio Mixshow 6:06
Hex Dub 7:37
Welcome Dub 10:49
Acappella
Find Another Woman Radio 4:09
Find Another Woman Club 9:27

Groovilicious Music GM088 US盤CDS


No.326 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。