Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2008.04.26  Ultimate A-Style / V.A 


ジャケットだけ見ると 昨今ありがちな
アニメトランス系だと予想がつくこのCD
確かに アニメ・ゲーム系楽曲の
ダンス・リミックスアルバムなのですが
よくありがちな カヴァーではなく
全てオリジナル音源を使用しています
個人的に注目していたアルバムの一つで
早速購入してきました

このアルバム 最大のポイントは なんといっても 「全てが本物」というところでしょうね
アニメ系楽曲をダンス・リミックスしてリリースされる曲は
そのほとんどが権利の問題上、カヴァーになっていることがほとんど
しかしながら、このアルバムは全曲 オリジナルアーティスト楽曲の
音源を使用してRemixしているわけです

この「オリジナルアーティスト」というのは やはり大きいと思います
人気のあるアニメ楽曲というのは数多くあるとは思うんですが
これがダンス・カヴァーされると バックトラックが異なる上に
ヴォーカルまで変わってしまうので なんとなくしっくりこないんですよね
そういう面においてオリジナルを使うというのは1枚上を行くと思いますし
何より 間違いなくとっつきやすいでしょう

↓こちらで全曲試聴できます



ちなみに自分が知っている曲が you しかなかったのはご愛嬌(笑)


このアルバム、HardcoreとTranceと(一部エレクトロハウス)が
混在していますが、Extendedのセパレートトラック仕様なので
全く問題はありません DJ仕様です
自分はHardcoreも聞くので まあちょうどいいわけですが(笑)


ざっとお気に入りレビューを

1曲目のReady Go!はポップでキャッチーな
爽やかハードコアスタイルで突き進みます
ヴォーカル前面押し出しのわかりやすいハードコアチューンです

そして2曲目の you (REDALiCE Trance Remix)
元曲の哀愁さを十二分に受け継いだ仕上がりで
オリジナル音源+SEの使い方が秀逸で 泣けます
それでいて意外とスピード感もあり
トランシーな音と切ないヴォーカルが見事に重なった良作品
ブレイク時に響くひぐらしの鳴き声がなんとも言えないです
今回 一番のお気に入りです

3曲目Asgardh ~アスガルド~ (Ace Closer Trance Remix)
Ace Closerによる とてもトランシーかつドラマティックなRemixです
シンセが力強くかつ流れるように進み 幻想的な雰囲気をかもし出しています

7曲目 Muse plot ~ミューズ プロット~ (StripE ENERGIZED)
リミキサーは BMIIDX や NISHのListen 2 Meで名前を目にするStripEです
やや太め展開のハードトランス風で始まり
ブレイクでは音が奥に広がるような極めてトランシーな雰囲気
そしてそこからアッパートランシーな展開へと移っていきます

9曲目 you (Ace Closer Electro House Remix)
you の登場は2回目ですが こちらはAce Closerによるエレクトロハウスになっています
ちなみにインストもの

10曲目 Brother soul (Ryu☆ Remix)
予想していたとはいえ とてもとてもRyu☆
超高速ハッピーチューンで これでもかというくらいに
明るめの展開 Rainbow Rainbowと似た感じですが
それよりもさらに一回り上です

Ultimate A-Style / V.A

1.Ready Go! (JAKAZiD J-Core Remix) -フェイト/タイガーころしあむ-
2.you (REDALiCE Trance Remix) -ドラマCDひぐらしのなく頃に解 目明し編-
3.Asgardh ~アスガルド~ (Ace Closer Trance Remix) -白銀のソレイユ-
4.STEPS Samplingmaster MEGA
5.brilliant azure (sensualness mix) -夜明け前より瑠璃色な-
6.Daylight (DJ Shimamura Happy Hardcore Remix) -Daylight-
7.Muse plot ~ミューズ プロット~ (StripE ENERGIZED) -君が主で執事が俺で-
8.Drop da Hardcore / teranoid featuring MC KENT,MC Natsack&MC RALLY
9.you (Ace Closer Electro House Remix) -ひぐらしのなく頃に解 目明し編-
10.Brother soul (Ryu☆ Remix) -君が主で執事が俺で-

HOBIRECORDS HBCS-102 日本盤CDA


スポンサーサイト


No.343 / Japanese Club Music / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.04.18  Beautiful Day / Sunburst 


あまり聞きなれないアーティスト名ですが、
実は Matt Darey のことなんです。
その Matt Darey がU2の同タイトルをハウスカヴァーした作品で
オリジナルの雰囲気を大事にしたのか、ロックテイストに。
しかし、それがアクセントとなりいい味を出していて、
派手ではないですがそつなく仕上がっています。

Remixが多数ありますが、Alex Gaudino はエレクトロ傾向、
James Kakande の You You You の時とはだいぶ違いますねー。
Smax & (Thomas)Gold はノイジーなエレクトロ仕上げです。
Riffs & Rays は BPM をやや上げて軽快なハウスにしています。
Extended Mix の雰囲気を十分残しつつ、耳障りがよく、聞きやすくて踊りやすい仕上がり。
Fugitive はもはやハウスではなくなっているので、なんとも・・・・
今の段階ではプロモ盤のリリースなのですが、ネタ的に正規リリースされる・・・・かも?

Beautiful Day / Sunburst

1 Radio Edit 3:43
2 Extended Mix 6:25
3 Alex Gaoudino Remix 8:38
4 Smax & Gold Remix 8:59
5 Riffs & Rays Remix 7:21
6 Fugitive Fierce Legend Remix 5:35
7 Smax & Gold Dub 8:27

AATW CDDJGLOBE723 UK盤 CD-Promo


No.342 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.04.11  All Out Of Love / Jenna Drey 


オーストラリアの人気バンドである
エア・サプライの楽曲である
All Out Of LoveをNewtonがカヴァーしてから
10年くらいが経ちました
当時のNewtonのヴァージョンは
人気が高く 長く愛されてきた作品だと思います

その曲が今年 Jenna Dreyによってカヴァーされ、リリースされています
オリジナルもNewtonも男性ヴォーカルだったので 今回は初となる女性ヴォーカルカヴァー
どうなるか期待していましたが いい意味で期待にこたえてくれたような気がします
オリジナルも爽やかだとは思うのですが 伸びやかなヴォーカルは
その爽やか度を増加させています
変に冒険もせず ポップかつメロディアスなダンスポップハウスに仕上げていて
聞いて良し 踊って良しのバランスの取れた秀逸な作品だと思います
ランタイムが短いのが気になりますが そのへんはDJの腕でなんとか・・・・(笑)

4曲目のRemixはEditなんですが Extendedより気持ち音が厚く明るめで 好みです
2曲目はバラード 6曲目もバラードに近いですが 趣向が違います

All Out Of Love / Jenna Drey

1. Giuseppe D. & Kevin Churko's Radio Mix 3:03
2. Candlelight Mix 3:44
3. Giuseppe D. & Kevin Churko's Club Mix 5:14
4. Harris/Frangioni Radio Reprise 3:19
5. Unplugged Pop Mix Radio 3:38
6. Giuseppe D.'s All Full Of Breaks Radio Mix 3:03

Robbins 72172 2 US盤 CDS



No.341 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.04.08  Fix Me / Velvet 


Tessを擁するスウェーデンのBonnierから昨年リリース
今年になってUS盤がリリースされた曲です
Velvetというのはプロジェクト名のようで
ヴォーカリストはJenny Petersson
スウェーデンのシンガーのようです
ちなみにUK進出も昨年進んでいたのですが
プロモというかアナログのみのリリースで終わりました

曲のほうですが、ソフトなダンスポップになっています おとなしい雰囲気で
ポップハウスに近い感じになっています
そのためか Remixはエレクトロハウスが多く D2 Club Editと Ali Payamiは
今風なエレクトロハウスになっています が 曲と合うかどうかは別の話です
Raul Rincon Vocal Mixはスタンダードなハウスに仕上がっていて フロアで十分使えますね
元のメロディといいヴォーカルといいなかなか上手くマッチしていて
聞いていると自然に体が動きますね~ 個人的にこれはなかなかの良Remixだと思います
Flip & Fill はいつもと同じ様相です 特に特筆すべきこともあまり無いかなと
Soft Versionはバラードになっています

Fix Me / Velvet

1. Radio Edit 3:03
2. Soft Version 3:50
3. Extended Mix 6:05 Listen♪
4. Raul Rincon Vocal Mix 7:47 Listen♪
5. D2 Club Edit 8:00
6. Ali Payami Remix 7:10
7. Flip N Fill Remix 5:42 Listen♪
8. Raul Rincon Late Night Dub 7:47

Robbins 76869-72177-2 US盤 CDS




No.340 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.04.07  Before I Sleep / Elena 


アメリカ、Robbinsレーベルからのリリースです
このレーベルはCascadaなど 輸入ライセンスの
リリースをしていますが、イギリスやヨーロッパの
マニアックなダンスポップなどを多く
リリースしていることで有名(笑)
この曲も なかなかマニアックです


この曲は 2005年にルーマニアでDJ Projectというアーティスト名で
リリースされていたŞoapte というアルバムに収録の
PRIVIREA TA という曲の英語ヴァージョンです
ヴォーカリストは ジャケット中央の女性 Elena なので
海外リリースの際に Elena 個人名義に変えたようですね

曲のほうは とても優しい感じの当たりが丸いおとなしめのダンスポップです
実は1曲目のOriginal EditがRadio Editよりもいい雰囲気に仕上がっていて
オリジナルよりも音を厚くし、ややトランシーな音を交えて 洗練された出来になっています

Danny D Club Mix はオリジナルの雰囲気をそのまま残しつつ 音数を増やし
やや厚みを持たせています トランシーなダンスポップな感じです
中盤のブリッジでは 意外とシンセが響くので 曲調の割には派手な展開かもしれません

Darren Styles Remix 毎度おなじみUKハードコア界の重鎮で AATWの看板リミキサー
BPMをグッとあげて イケイケトランシーポップになっています
基本的にイケイケですが イメージを大事にしているようで
ピアノを効果的に使ったドラマティックチューンになっています
ちなみに UKのどこかのレーベルがライセンスを取ってるはずなんですが
コンピなどに収録されてはいるものの、音沙汰は無いようですね
実はAlex KによるとんでもないRemixも存在するのですが・・・・・(笑)

PRIVIREA TA は前述の通りでルーマニア語のヴァージョンです

あと この曲 日本でリリースされたコンピにも収録されていますが、BPM上げすぎです

Before I Sleep / Elena

1. Before I Sleep (Original Edit) 3:08 Listen♪
2. Before I Sleep (Radio) 3:39
3. Before I Sleep (Danny D Radio Edit) 4:00
4. Privirea Ta (Radio) 3:38
5. Before I Sleep (Extended Mix) 6:33
6. Before I Sleep (Darren Styles Remix) 5:59 Listen♪
7. Before I Sleep (Danny D Club Mix) 7:34
8. Privirea Ta (DJ Raoul Remix) 6:35
9. Privirea Ta (Extended) 7:00

Robbins 76869-72176-2 US盤 CDS

Danny D Club Edit


No.339 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.04.01  Insanity / Oceanic 


AATW得意のリメイク作
元々は1991年にリリースされた曲で
当時の主流である テクノっぽい音使いのハウスです

今回 AATWによって
ハウス・・・ではなく ほぼ全曲がイケイケ仕様の
今風にリメイクされています

Oldskool Club Mixはおそらく当時のそのままでしょう 懐かしい音使いで昔を思い出します

Rezonance Q は昔に比べるとだいぶ色がつきましたね
それでもまだ何かあと一押し足りない気がします
サビ以外がちょっと弱いんじゃないかと・・
今回は 比較的ライトでポップなシンセを使い 聞きやすい感じにはなっています

Hypasonic 毎度おなじみ超イケイケ BPM高めです

Friday Night Posse なんだか久しぶりですね~ 今回は雰囲気としっかりマッチしているので
なかなかクールにまとめてあります ちょっと昔に立ち戻った感じもしますね

Headhunters こちらはいつになくハンズアップしています
雰囲気と合ってるかどうかは微妙なラインですが そこまで不釣合いな印象はないかと

Flip & Fill はいつもと同じく安めポップ Lee SはHypasonic以下Flip & Fill以上な雰囲気
KB Projectも毎度おなじみです

オススメは FNPとHeadhuntersで使い分けが出来そうなのでこの2曲
でも Old Skoolもまだ現役で使えるでしょう

Insanity / Oceanic

Oldskool Radio Edit 3:56
Oldskool Club Mix 7:17
Rezonance Q Remix 6:12
Hypasonic Remix 5:16
Friday Night Posse Remix 6:56
Headhunters Remix 5:35
Flip & Fill Remix 5:37
Lee S Remix 5:52
KB Project Remix 5:41

AATW CDDJGLOBE689 UK盤 Promo CDS


No.338 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。