Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2008.08.29  Caramelldansen / Caramell @ UK 


日本で大ヒットとなったCaramelldansenですが
今度はイギリスでのリリースが検討中らしいですね。
ライセンスを取ったのは AATWなので
いろんな意味で期待できるかなと思ってますが、
この曲、UKだと賛否が大きく分かれているようで
大好き or 大嫌い に激しく分かれてます。

まあ なんとなくその気持ちはわからないでもないのですが
AATWは既にPVも製作済み・・・仕事が速いです・・・

しかし・・・・

このPVをよく見ると・・・ Caramelldansen のリリースということはわかるのですが
まず Radio Edit が Speedycake Remix になっているというのと
そしてPVの内容から察するに、日本の ウッーウッーウマウマ のUK盤的な
雰囲気がしますよね。
正規リリースされるかどうかは 全く不明ですが ちょっと楽しみです(笑)



スポンサーサイト


No.362 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.08.28  Faded / Cascada 


Cascadaのアルバムからのシングルカットですが
この曲はUS盤のアルバムにのみ収録されている
曲のようで、このシングルもUS盤でのリリースです
他国でのリリース予定はいまのところ不明です
曲は Kate DeAraugo という人の Faded のカヴァー
元はロックのようです

Album Version と Album Extended を聞く限り、Cascada節ですが
はっきり言ってダンサブルではないので ただのポップスですね。
とにかく 盛り上がる場所がないので、
いくらCascadaとは言えフロアではまず使えないでしょう。

そしてRemixなのですが、見事なまでにほぼエレクトロハウスになっています。
今回、ついに Wideboys が Cascada の楽曲Remixを手がけたのですが
Wideboys Miami Remix を期待したいたのに 思いっきりエレクトロになってました・・・・
どのRemixも盛り上がる場所がないため、いかんせん平坦で単調
よくこれをリリースしようと思ったものです・・・・


Faded / Cascada

1. Album Version 2:49
2. Dave Ramone Electro Club Edit 2:55
3. Wideboys Electro Radio Edit 2:34
4. Dave Ramone Pop Radio Mix 2:52
5. Album Extended 4:24
6. Dave Ramone Electro Club Extended 6:23
7. Wideboys Electro Club Mix 6:00
8. Dave Ramone Pop Extended Mix 5:48
9. Lior Magal Remix 5:25
10. Giuseppe D.'s Dark Fader Club Mix 7:20

Robbins 76869 72180 2 US盤CDS


No.363 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.08.27  Come On / 森永真由美 


前回、Quake 19の記事で少しだけ紹介した
森永真由美の新曲である Come On
ブックレットでこの曲の解説を担当しているのですが
その補足も兼ねて ここでもう一度レビューを。



前述したとおり、この曲は もともと加藤ミリヤの「夜空」という曲を
Charlie が「Come On」というタイトルでカヴァーして、
そこからさらに 森永真由美がカヴァーしたのが この「Come On」になるわけです。
Quake 19に収録されているのが B.U.S.Remix ということで
かなり存在感のある、スピード感あふれるハードでクールな展開、
原曲とはかなり違ったアグレッシブ感がたまらないです。


このB.U.S. Remixなんですが、Caramelldansenとかラッキーガールなどで
お目にかかってはいるんですが、元の曲の雰囲気と音使いが一致しないのか
妙に合わないような感じのRemixが多かったのですが、このCome Onを聞いて
これが本来のスタイルなんだな と実感しました。
やはりRemixは元曲に左右されますね・・・・

裏話になるんですが、この原稿を書いたとき、
この曲がカヴァーだと全く知らなかったわけで(原曲も知らず)
ブックレットのレビューにはカヴァー云々といったことは書いていません。
ただ あまりに原曲と離れているので、それはそれでよかったかなと。

さらに余談ですが このCome Onのレビュー原稿、明らかに誤植があるんですが
そこはお気になさらず・・・(不可抗力でどうにもならなかったんですOrz)

No.361 / Japanese Club Music / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.08.25  Quake Trance Best 19 / V.A 


Quake Tranceもついに19作目
今作は 当初決まっていたトラックリストを
大幅に変更し、リリースが遅れていましたが
その分 パワーのある作品に仕上がっています
中でも 目玉は1曲目 森永真由美の Come On
元は加藤ミリヤの 夜空 ですが
その原曲を感じさせないほどのクールな曲になってます

Cascadaの新曲 Because The Night や Manian の Hold Me Tonight
そして Liz Kay の True Faith などのZoolandをはじめとした新曲を多数収録
全体的に とてもバランスの取れた聞きやすい仕上がりだと思います

お気に入りは 上記の Come On と
Tr.15 Reborn (Pharanx Remix)
かなりトランシーな展開で 泣きシンセでむせび泣けます

今回もブックレットで曲解説&レビューをを書かせていただいています
収録曲全19曲中 12曲を担当していますので 是非とも読んでくださいませ

トラックリストはコチラ

No.360 / Quake Trance / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.08.03  Singin Dam Di Da Do / Eyeopener 


久しぶりのEyeopenerの新曲は
ついに Eye から外れたようで(笑)
しかし 彼ららしいとてもポップ&安い 曲で
個人的には今期のポップモノの中では
かなり上位に食い込みます
キュートで安いヴォーカルに
ポップな曲調と ある意味王道です

Extended Mix はスタンダードでポップな展開で 一番バランスが取れています
ランタイムがやや短いのが欠点ですが、それを差し引いてもイイ出来です

リミキサーもなかなか豪華 というか AATW総出という感じで
Hypasonic Remix イケイケビートに盛り上げシンセというお約束展開 元気になれます

Jorg Schmid Remix かなりCascadaライクな雰囲気で、元の曲調、イメージと
ピッタリ合致しているため 全く違和感なく聞けます
かなりいい出来です

Alex K Remix なんだか妙な雰囲気ですが これはこれで○
ただしキャッチーさには欠けるので アクセント程度に・・・

Flip & Fill Remix 作っている人はExtendedとほぼ同じなんでしょうが
こっちはトランシーな展開になっています
ちょうど Jorg Schmid と対を成すような感じで、UKらしいトランスポップです

Dancing DJ's Remix 今回のはまあまあ良い出来ではないでしょうか?
”らしさ”がよく伝わってくるRemixになっていると思います
ただ 盛り上がりに欠けるのも事実で この手の曲の場合 底抜けにしたいのですが・・・

Clubstar Remix 今までの作風がぶっ飛んでしまっている Clubstar なんですが・・・
BPM高め 安いトランシー音 何がいったいどうなったのやら・・・・
ちなみにUKでは この Clubstar Remix が人気あるそうです

Singin' Dam Di Da Do / Eyeopener

1. Radio Edit 2:56
2. Extended Mix 4:31
3. Hypasonic Remix 5:36
4. Jorg Schmid Remix 5:22
5. Alex K Remix 6:22
6. Flip & Fill Remix 5:20
7. Dancing DJ's Remix 5:12
8. Clubstar Remix 3:54

AATW CDDJGLOBE885 UK盤 Promo-CD





No.359 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.08.03  Discolights / Ultrabeat vs Darren Styles 


Ultrabeat vs Darren Styles名義での新曲
初聞きだと かなり癖のあるダンスチューンで
なんだこれ?と思う人がほとんどなんじゃ・・・
男性ヴォーカルの いささかキャッチーとはいえない
雰囲気で、バックトラックがかなり癖のある展開
跳ねてしまう構成になっているので
妙な雰囲気になているのは確かです
ただ、それを何度も聞くうちに これもアリかな と思うようになり
何度も聞いてしまっている自分がいます(笑

DS Hardcore も Extended とそう雰囲気は変わりません
ランタイムがやけに短いのが気になりますが これでフルサイズなんでしょうか?

Hypasonic もさすがにこの曲だといつものようには行かないのか
かなりおとなしい展開で いつもの超盛り上げはどこにいったのやら・・・
比較的Extendedに忠実で、その音を若干ハイテンションにした程度です

Bassfreakerz Remix もかなり中庸な出来 要所要所で遊び心がありますが
使いにくそうなのは必死です

Riffs & Rays Remix うーん エレクトロ・・・・地味すぎて使えないな~
もう少し キャッチーなディスコハウスっぽいのならいけるのに・・・

Discolights / Ultrabeat vs Darren Styles

1. Radio Edit 2:46 Listen
2. Extended Mix 5:13
3. Hypasonic Remix 6:01
4. BassFreakerz Remix 5:50
5. DS Hardcore Remix 3:31
6. Riffa & Rays Remix 7:49

AATW CDGLOBE937 UK盤 CDS


No.358 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.08.03  Troubled Water / BCD vs Clubstar 


タイトル知らなくても曲を聴けば知ってる人多いでしょう
サイモン&ガーファンクルの1970年の大ヒット曲
おそらく今まで何度かダンス・カヴァーもされているわけですが
今回はBCD(UltrabeatとかClear Vuとかに
関わってる一連の人達の別名義)と
Clubstar(Kenny Hayes)による競作

Original Mix はスタンダードなAATWらしいポップトランシー
Hypasonicは毎度おなじみアゲ仕様



Jorg Schmid ですよ
これ Cascada とか好きな人は間違いなく好きになる雰囲気で
今回の男性ヴォーカルとも相性がよく 上手くまとめてありますね~

Jorg Schmidは今年がんばってるな
この人別名義が多すぎるんですが Jorg Schmid名義に限ると
他に
Apologise (Jorg Schmid Remix) / Dee Grees Vs The Real Booty Babes
Singin' Dam Di Da Doo (Jorg Schmid Remix) / Eyeopener
Sweetest Ass In The World (Jorg Schmid Remix) / Alex C Feat. Y-Ass
最近だとこの3つの出来がよろしい

Troubled Water / BCD vs Clubstar

Original Mix  Listen♪
Hypasonic Remix
Jorg Schmid Remix

AATW CDDJGLOBE874 UK盤 Promo-CD


No.357 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.08.03  姫トラSPEED 


姫トラ最新作がリリース
今作は SPEED という名の通り BPMが高くなっていて
Dancemania SPEEDシリーズに似た傾向です

新・吉宗のサントラからの新曲やアニメソングのカヴァー曲を収録していたり
姫トラテイストが盛り込まれていますが
他の収録曲が 以前にSPEEDシリーズに収録されていたものがほとんど
気になる点はまだあって
姫トラテイストの曲は 実際のところBPMを上げただけ という曲があるので
せめて1曲目だけでもSpeed Remixすればよかったのになーと

Remixといえば Paya Paya だけ あのRedalice氏がRemixを手がけています
音的にとてもいい出来で さすが と言えます
これ以外にもRemixが聞きたくなります

あと アニメソングカヴァーの出来が悪いので そこは大きなマイナスポイント
そのほとんどはヴォーカルが問題だと思うのですが・・・・・
残酷な天使のテーゼ なんかはせっかくファストフォワードが手がけてるのに
とてももったいない・・・・・

全体的な感想としては ギリギリ及第点 かなと

ちなみに BPMは一定ではなく 160~170~175~180 と上がっていきます
180はラストの曲だけです

トラックリストはコチラ

No.356 / Compilation-Japan / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。