Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2008.10.30  When It Was Me / Sweet XX 


事前情報なしで なんとなく入手したCDのうちの一つなんですが
意外どころか 結構良かった 掘り出し物です
Sweet XXというのはUKの女性ユニットらしいのですが
詳細は一切不明・・・・・
公式サイトのプロフも未公開のままです


Paula DeAnda の When It Was Me のカヴァーで
オリジナルとはリズムを大幅に変えてます

Radio Editがそつない仕上がりのAATWっぽいダンスナンバー
ややファンタジックな感じの音使い

Jorg Schmid Remix
UK+ドイツのいいとこ取りのような作品で
キラキラしつつ ややアッパー ◎
全体的な流れが上手く、前半はヴォーカルを押し出し、中盤はシンセ押し出しで
メリハリが付いていて かなりの好感度
聞いてよし 踊ってよしの万能型です

Flip & Fill Remix
相変わらずですが スピード感のある
ちょいトランシーなさわやかポップ
昨今のハンズアップの影響を受けてるのか
部分的に新しい音が使われてます

Kenny Hayes Remix
Blue Sphere っつーことで 超トランシーです
ややダークな綺麗目ユーロトランスで 趣が違います
元の雰囲気と合っていないわけではありませんが
この手の曲は もうちょっと明るいほうがいいのかも

Dancing DJ's Remix
今回はいいと思います 曲の雰囲気と合ってますし。
もっとキラキラしてると良いかなーーーと思うんですけど
バランス型で使いやすそうです BPM142

When It Was Me / Sweet XX

Radio Edit 3:50
Jorg Schmid Remix 6:02
Flip & Fill Remix 7:01
Kenny Hayes Blue Sphere Remix 7:18
Dancing DJ's Remix 6:00

AATW CDDJGLOBE930 UK盤Promo CD



スポンサーサイト


No.371 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.10.23  Party Around The World / smile.dk 


smile.dk 待望の5thアルバムがリリース
前作 Golden Sky から実に5年振りのアルバム
メンバーも変わったようで
ヴェロニカ は引き続き参加
マリン は脱退し、かわりに ハンナ が加入
デビューしてからはちょうど10年
Party Around The World というタイトルどおり
ポップで楽しい曲がたくさん収録
5年のブランクを全く感じさせないです
ファンなら素直に楽しめるアルバムです

トップを飾る Doki Doki からSmile dk節全開で突き進みます
従来のままの彼女たちらしい かわいらしくポップな展開です
この Doki Doki はハンナではなく マリンが参加したようで
同時に マリンの参加した最後のシングルカット曲になってます。

基本的にダンスポップがほとんどですが 中にはバラードもあり
いい曲展開になっています
5曲目の Koko Soko も王道のダンスポップ
ここ そこ あそこ Where are you, my Heart~
と Doki Doki と同じく 日本語を交えながら楽しく歌っています
11曲目の Tomoe これ日本語と言うか あの 平家物語の 巴 のことなんでしょうか?

ボーナストラックとして収録されているのは 以前にもアナウンスしたとおり
Heal My Broken Heart (Almighty Definitive Mix) が収録されています
数々のクラブヒットを飛ばした Almighty Recordsのクルーが手がけたこの作品は
オリジナルのポップなイメージはそのままに、ダンサブルかつかわいらしい
フロア向けのダンスポップに仕上がっています
ランタイムが6:26とやや短いのですが、イントロ、アウトロ共にしっかりとあるので
DJユースにも向いています

公式サイトで全トラック試聴可能

追記:購入方法の質問が多いので、コチラにまとめておきました。

Party Around The World / smile.dk

1. Doki Doki 3:07
2. Japanese Boy 3:20
3. Temptation Islands 3:38
4. Nothing's Missing (For Once in my Life) 4:11
5. Koko Soko 3:06
6. Summer Party 3:14
7. It's in Your Melody 3:33
8. Chick Tricks 3:02
9. Hummingbird 3:30
10. Paradise 3:25
11. Tomoe 3:10
12. Around the World 3:03
BONUS. Heal My Broken Heart (Almighty Definitive Mix) 6:26

Ninthwave Records nw10065 US盤 CDA



No.370 / Northern Europe / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲



2008.10.16  Last Goodbye / Avenue 


UKから久しぶりのボーイズグループです
オーディション番組X-Factorで勝ち残ったのは
いいものの、実は既にプロ契約をしていて
失格となるという ある意味危険な感じでしたが
無事にデビューを果たしたようです
典型的なアイドルソングと言う感じで
王道一直線の仕上がりです
Remix も多数作成されましたが まず Clubstar Vocal Mix
AATW の Kenny Hayes の別名義なんですが もはや昔の雰囲気はどこへ・・・
すっかりトランスポップ一辺倒になってしまいました。
軽めトランシーな感じで 元の元気で爽やかな雰囲気とマッチしてると思います。
ただ フロアで使えるかどうか という点になるとそれは微妙で・・・・
なぜかと言うと BPM が高すぎるんですよね。多分オリジナルを元にしたため
雰囲気を損なわないようにしたんじゃないかと思うんですが・・・
しかし BPM 155 はさすがに・・・・

Spencer & Hill Remix はいつもほど重い感じでもなく どちらかと言えば軽め
というか 今度は軽すぎるんじゃ・・・?
だいぶソフトなポップハウスになってしまって 逆の意味で使いにくいです

Riffs & Rays Remix なんですが・・・ ポップな雰囲気に Remix すればいいのに
どういうわけか 超地味なハウスに・・・ 盛り上がりも何も無い平坦な雰囲気です

Digital Dog Remix 上記のRiffs & Rays の音をエレクトロにしてみました程度の
かなり薄い仕上がりになっています
というか この手の曲は エレクトロハウスとか合わないだろう・・・・

上記4ヴァージョンが CDSに収録なのですが
1つだけお蔵入りになったものがありまして・・・・
それが Jorg Schmid Remix です。別ヴァージョンのPVなどで使用されている
All Around The World Remix と表記されているのがまさにそれで、
雰囲気としては BPMやや高めの アッパーチューンです
UKとドイツの雰囲気を上手く混ぜた非常に秀逸なRemixで
これが一番使いやすいこと間違いなしなんですが・・・・購入できません;;

Jorg Schmid Remix

Last Goodbye / Avenue

1. Radio Edit
2. Clubstar Vocal Mix
3. Spencer & Hill Vocal Mix
4. Riffs & Rays Vocal Mix
5. Digital Dog Remix
+ Enhanced Section

Universal Island 1783187 UK盤 CDS



No.369 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.10.14  Caramell Dancing / Caramell 


以前 ウッーウッーウマウマ - Caramelldansen が
UKでライセンスされたけど 評価が大きく二分されてる
という記事を書きましたが、
ここ最近 その評価が上がってきているようで・・・

なぜかと言うと


英語ヴァージョンが出来たから


最初はこれがネタか何かで 別人が歌い直してるんだろうとか
思ったりもしたんですが いつのまにやら完成している
公式サイトにしっかり告知されているわけで・・・・

ただ、この英語ヴァージョン もはや「バルサミコ酢 やっぱいらへんd~」などの
空耳は消えてしまっているので 日本としては全く意味が無いのですが(笑)
イギリスとしては わかる言語で歌ってほしかったんでしょうかね~
まあ 子供向きと言うのもあるかもしれませんが。

で、この Caramelldansen オランダではシングルが(デジタル)リリースされているようで



Caramelldansen / Caramell

1. Speedy Remix (Speedycake Remix)
2. Nordposse Remix
3. Dan J Goez Jump Mix
4. Rye Remix (Ryu* Remix)
5. Karaoke Mix
6. O-O-Oa oa

まず 謎なのが Ryu*Rye になっちゃってるところ・・・・
そのままでは表記できない言葉の壁があるのでしょうか・・・?(汗)
2,3曲目は新規Remixのようで ややトランスっぽいです
6曲目は ウッーウッーウマウマ のヴォイス・・・



Caramell Dancing / Caramell

1. Radio Edit
2. Extended Mix

これが英語ヴァージョン もちろん Speedycake Remix になってるけど・・
だけど Extended ってなんだ・・・・

ついでにウッーウッーウマウマスピードアルバムも出てますね



このアルバムは既にUKでもダウンロード販売されている模様

気になるのはUKのCDシングル 英語が採用になるのか
元のままで収録されるのか そして新規Remixはあるのか・・・・
ちょっと楽しみ

Caramell 公式サイト








No.368 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.10.11  Heart to Heart / Rob Mayth 


ZoolandからリリースされたRob Maythの新曲です
UKではAATWがリリースするらしく プロモ展開されています

元ネタは Blossom のHeart to Heart (Herz an Herz)
数年前に Re-Vival もカヴァーし、日本でコンピに収録され
大人気となったのは記憶に新しいです

今回の Rob Mayth によるカヴァーは、彼らしいハッピーハンズアップな
雰囲気100%の出来になっています

メインミックスとしては Manian によるヴァージョンが使用されてるのですが
こちらはほぼ Cascada と同じで、曲との相性がいいのか 全く違和感ないですね
ヴォーカル前面メロディアスチューンになっています

Hypasonic Remix は毎度おなじみBPM高めで突き進む展開です
ただ、思ったほどアゲ仕様ではなく、BPMが高い割りに
若干スピード感に欠けますね

Fulfillment Remix 軽いトランシーといった感じの作品で 淡々とクールに進みます
盛り上がりがあまり無いため 単調な印象を受けます 音そのものはそこそこいいので
展開にもう一ひねりほしかったかもしれません

Topmodelz Remix キック太目 はっきりとしたシンセ と
全体的にワンランク上の作品になっています
かわいらしい部分もアクセントしては 上手いですね
ただ、あまり山場が無いのがどうにも微妙で 平坦な印象を受けます

DJ Cyrus Remix ドイツらしいキック太目打ち付ける系になっています
ある意味 一番雰囲気としては合っているのかもしれません

Mondo Remix エレクトロハウスです 恐ろしく地味です・・・

この曲、全体的に地味に感じてしまうのは、
おそらく前述の Re-Vival の Herz an Herz のせいですね・・・きっと
あれが あまりに完成された出来だったために、それと比較すると
どうしても粗が目立ってしまいます。
ヴォーカルも悪くは無いんですが もうちょっと声が高ければよかったのかなー

Heart to Heart / Rob Mayth

1. Manian Radio Edit 3:19
2. Manian Extended Mix 4:43
3. Hypasonic Remix 5:16
4. Filfullment Remix 6:23
5. Topmodelz Remix 5:58
6. DJ Cyrus Remix 5:11
7. Mondo Remix 4:59
8. Original Mix 4:49

AATW CDDJGLOBE943 UK盤Promo CD






No.367 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.10.06  All Of My Life / N-Force 


先日 Right By Your Side をリリースした
N-Force ですが、早くも次のシングルが決定したようです
今作は K-Ci & Jojo の名バラードを
Jorg Schmid がアップリフティングなダンスナンバーに
リメイク・カヴァーしています
それに加え、ヴォーカルを女性にしたことで
かなり印象が違っています。

メロディアスなのはそのまま受け継ぎ、切ないピアノパートから始まるのも同じですが
メイン部分は アッパーで ややキラキラした Joeg Schmid らしい
ドイツとイギリスの中間な雰囲気に仕上がっています。
今回、またしてもリミキサーが多いのですが、
まず Flip & Fill は相変わらずの超安いダンスポップです。トランシーと言うわけでもなく
むしろ音が足りないような印象が・・・

Frisco も似た系統なのですが、こちらはキックが太く、リフの作りもはっきりとしているので
Flip & Fill よりかはだいぶいいです。しかし、やや単調なのと Extended に比べると
インパクトが無いのが残念なところです。

Dancing DJ's はいつもと同じ展開なのですが、ややトランシーキラキラポップです。
今回は なんとかそつなくこなした感じです。若干盛り上がりに欠けますが、
雰囲気としては悪くはないんじゃないでしょうか?

Mickey Modelle は個人名義のリリースでの音使いにすればいいのに・・・
今回も 非常に怪しげな作風で、とても使えません・・・
全体的に跳ねてしまっているので 踊りにくさてきめん・・・意味ないです

KB Project もいつもと似たような展開ですが、いつもよりかは凝っているようで、
ややハッピーなトランシーな雰囲気になっています。

とういわけで Extended が一番 次点で Dancing DJ's ですね。
これはプロモ盤なのですが。正規リリースは11月予定。

All Of My Life / N-Force

1. Radio Edit
2. Extended Mix
3. Flip & Fill Remix
4. Frisco Remix
5. Dancing DJ's Remix
6. Mickey Modelle Remix
7. KB Priject Remix

AATW CDDJGLOBE906 UK盤 Promo CD





No.366 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2008.10.02  Gotta Tell You / Micky Modelle vs Samantha Mumba 


2000年にリリースされたSamantha Mumbaのデビューアルバム
Gotta Tell You に収録、シングルカットされ大ヒットとなった曲が
リメイクされて帰ってきました
Micky Modelle が音を手がけているようで、Jessyの時と同じく
プチキラキラしたポップでさわやかな展開になっています。
元はダンサブルなR&B、彼女の若いのに渋い声が印象的でした

当時はアップテンポなSleaze Sisters Remixの人気が高かったですね。
今作はMicky Modelleがリメイクしたことで、爽やかで、ちょっとキラキラした
ポップな雰囲気に仕上がっています。

プロモ展開され、PVも今現在のSamantha Mumba自身が登場させる
と、ここまでしておいて 正規CDリリースされないというなんとも意味不明な展開
残念ながら デジタルリリースのみになってしまったようです。
PVはトラックリストの下に載せておきます。

で、そのプロモ収録の楽曲を紹介していきます。
Remixが多数存在しますが、まずはUltrabeat Remix
ここ最近のイケイケで今風な感じで、ヴォーカルを上手に使いこなし、
盛り上げてくれます。BPM高めのアッパートランシーチューンです。

Jorg Schmid Remix UKでの知名度がかなり上がったのか あちこちで目にする彼ですが
今回も UKとドイツの中間的要素を兼ね備え、Cascadaっぽい雰囲気に仕上がっています。
今風の音使いということもあり、BPMが150と他に比べてかなり高いのが欠点ですが、
それを差し引いても上手に出来てると思います。

Flip & Fill Remix 意外と爽やかにまとめています。チープなのはチープなのですが・・・
派手という感じでもないし、昔ながらという感じでもない どっちつかずですね

Alex K Remix まさに俺流 もう何でもアリの展開です。Alex K節が炸裂です

Ghetto Busterz Remix BPM高めですがFlip & Fillと同じく 若干音が足りないような・・・
あと一歩何かがないと使いにくいですね

Delinquent Remix と M65 Remix はベースラインハウスなのですが 地味すぎて使いにくい
この2つ、BPMこそ違えど 雰囲気が似ているので なんとも・・・


Gotta Tell You / Micky Modelle vs Samantha Mumba

1. Radio Edit 3:14
2. Extnended Mix 5:20
3. Ultrabeat Remix 5:44
4. Jorg Schmid Remix 5:14
5. Flip & Fill Remix 5:39
6. Alex K Remix 6:18
7. Ghetto Busterz Remix 6:04
8. Delinquent Remix 5:32
9. M65 Remix 6:02

AATW CDDJGLOBE 854 UK盤Promo CD





No.365 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。