Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2009.04.28  Keep Love Together / Love To Infinity feat Kelly Llorenna 


2007年末に話題になった曲ですが
なかなかプロモが入手できず 今になってやっと入手しました
Love To Infinity の名曲リヴァイヴァルで、
数年前にも 一度リリースされました。
オリジナルがリリースされた頃は
ハッピーハンドバッグなどが人気だった頃で
数年前のリリースの頃は トランスポップが人気
という感じで その時代に即したRemixになっていました。

2007~2008年頃は UKハウスが人気のあった頃なので、Remixもそれに合わせて
当時引っ張りだこだった Moto Blanco を起用しています。

Love To Infinity の手がけたExtendedが最もスタンダードな感じです。
ハウスですが どっぷりでもなく さらっと聞ける感じになっています。
同じLove To Infinityでも、やはりClassic Paradiseのほうが ハウス色が強くて
ダンサブルで盛り上がりますね。
ただ、このプロモ、表記はClassic Paradise になっているのに
収録されているのはRadio Editになっています。

Moto Blanco ですが 無難にまとめた と言ったところ。
聞いても○ 踊っても○ の良作だと思います。
ただ 無難すぎて特筆することも無いのですが(笑)

Bottlethrower Remix はちょっと弱いですがハウスになっています。
おとなしい作りで 大人っぽいおしゃれな雰囲気に仕上がっています。

Hypasonic Remix は問答無用で盛り上げる展開で BPMが非常に高い
トランスポップになっています。これはこれで面白くていいのですが
BPM的に使いにくいので ここまでやるなら ハードコアにして欲しかったような。

Alex K Remix 相変わらずのバンピン俺流です
ちょっと音が薄いので 使うには微妙かもしれません。


Keep Love Together / Love To Infinity feat. Kelly Llorenna

1. Radio Edit 3:23
2. Extended Mix 7:13
3. Moto Blanco Remix 8:37
4. Classic Paradise Remix 3:57 注:表記と違いRadio Edit が収録
5. Bottlethrower Remix 7:25
6. Moto Blanco Dub 7:37
7. Moto Blanco Radio Edit 3:10
8. Hypasonic Remix 6:00
9. Alex K Remix 6:07

AATW CDDJGLOBE798 UK盤 PromoCD
スポンサーサイト


No.400 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.04.24  Chemistry / Velvet 


2007年にスウェーデンのBonnierからリリースされ、
2008年にアメリカのRobbinsからもリリースされた曲が
今頃になって UKでライセンスされ、
プロモ展開されています。
そんな派手目な曲でもなく、ややディスコティックな
ハウス風の曲で、そんなに注目されていないのですが、

今回、UKでリリースされるに当たり、新規Remixが多数追加、
しかも その新規の中に Pete Hammond の名前があるのです!
ややレトロでディスコティックなRemixに仕上がっていて、
PWLファンなら思わずニヤリとしてしまうこと間違いなし。
オリジナルの地味さはどこに飛んでしまったのか、
見事なまでにダンサブルな雰囲気に仕上がっています。
この辺は 流石 としか言いようがないですね。
また、ランタイムも8分以上あり、DJにも安心の仕上がりです。

次点で良いなと思うのは、Digital Dog Remix エレクトロハウス風味なので
地味さは残るのですが、音使いが上手く、意外と踊れる感じになっていて
悪くありません。 Radio Editが作られていることからも ポテンシャルは高いようです。

他のRemixは残念ながら音数が足りなくて 全く厚みがない雰囲気で イマイチです。
Digital Dog の他にAATW系リミキサーとして、Hypasonicの名前があります。
毎度おなじみのハイパーアゲ仕様なんですが、今回はちょっと合わないような・・
Dancing DJ's とか Fugitive のほうが雰囲気としては良かったかも。

ところが ここまでやっておいて
正規盤のCDSは Radio Edit と Eric S Radio Edit の
2トラックシングルになってしまいました。

どうやらデジタルリリースでは
このプロモ盤とほぼ同内容でリリースされるらしいのですが・・・
プロモはFeverpitchですが 正規盤はPositivaからリリースされるのと
何か関係があるのでしょうか・・・・?

Chemistry / Velvet

1. Extended Mix 6:27
2. Digital Dog Remix 6:20
3. Pete Hammond Remix 8:17
4. PJ Harmony Remix 4:47
5. Agent X Remix 5:18
6. Hypasonic Remix 4:33
7. Digital Dog Dub 5:51
8. Digital Dog Radio Edit 3:25
9. Original Radio Edit 3:00

Feverpitch UK盤 Promo-CDR

Pete Hammond Radio Edit



No.388 / Northern Europe / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲



2009.04.22  Wanna Be With Me ? / Da Buzz 


2002年リリース Da Buzz の名曲
Wanna Be With Me? を今更ながら入手(遅)
一度買いそびれたら そのまま放置してしまって
余計に入手が困難に・・・・
その上 プレミアが付いていることが多くて
さらに放置していたんですが
やっと格安で入手できました。
Let Me Love You と並んでDa Buzzの名曲とされる このWanna Be Wite Me?
Da Buzz自身が最高の出来と言っているのは過言ではなく、
かなりポテンシャルの高い センス溢れるダンス・ポップナンバー。
ポップなだけでなく、クラブで聞いても遜色ない仕上がりで、フロア映えします。
Let Me Love You では Hex Hector のRemixが圧倒的支持を得たようですが
今作ではRemix一切無し、Extendedだけで勝負しています。
しかし これがとても秀逸かつ素晴らしい出来で、文句の付け所がありません。
今でも クラブで時折耳にする名曲です。


Wanna Be With Me? / Da Buzz

1. Wanna Be With Me? 3:30
2. Wanna Be With Me? (Extended Version) 6:54

edel 136866 スウェーデン盤 CDS


No.399 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。