Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2009.05.31  Evacuate The Dancefloor / Cascada 


そんなわけでプロモCDです

これ以外にもRemixがあるっぽいのですが
基本的にハウスのようです

Radio-Extended は
従来のCascada節からイメージを変え、
ハウスとエレクトロをベースにしたような
独特のものになってます
Lady Gaga とかあの辺を意識したのでしょうか?
今までのようなポップスタイルというよりは
今のUKのミュージックシーンに合わせたような感じになっています
これ、プロデュースは従来どおりManianなんでしょうか?
ちょっと気になります。

Remixですが CahillとWideboysがなかなかいい仕事をしていますが
やはりCahillのほうが一枚上手ですね。
しっかりとしたハウスになっていて、特に違和感無く仕上がっています
むしろExtendedのアクの強さが取れて、かなり使いやすくなってます。
今までのCascadaのハウスリミックスの中で、
最もハウスらしいものに仕上がっていると思います。

Wideboys 雰囲気も良く、アプローチとしてはいいと思います。
Cahillと比べるとエレクトロ色が強いので癖がある感じですね。

Ultrabeat はいつもながらのアップテンポです。
ただ、なんとなく乗り切れないというか 単調な感じが・・・
音使いもなんとなく物足りなく、盛り上がりに欠けます

Frisco Remix もいつもどおりです。
ちょっとだけキラキラしていて、Ultrabeatよりも
安っぽさを抑えてはいます。雰囲気としては悪くないのですが
元が元だけに なんとなく物足りない感じが・・

Rob Mayth Remix ここでは唯一のZooland系リミキサーです
これは良いですね ハンズアップ好きなら鉄板でしょう
UltrabeatやFriscoに比べ、音が厚くて安っぽさがありません。
Extendedから比べると強引な展開なような気もしますが、
従来のCascadaスタイルに一番近いのはこれです。

Lockout Remix LockoutはKenny Hayesのトランシー名義なので
トランスを期待したのですが・・・・全く違いました・・・
Fugitive名義のハウスとなんら変わりません ちと弱いですね・・


Evacuate The Dancefloor / Cascada

1. Extended Mix 5:27
2. Cahill Remix 6:49
3. Wideboys Club Mix 6:12
4. Ultrabeat Mix 4:54
5. Frisco Mix 5:00
6. Rob Mayth Mix 5:30
7. Lockouts Mirrorball Mix 5:23

AATW CDDJGLOBE1179 UK盤 Promo-CD

Wideboys Radio Edit
スポンサーサイト


No.406 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.05.20  Cascada 3rd Album 


まあ そんなわけで 今年7月にリリースされます
Cascadaの3rdアルバム「Evacuate the Dancefloor」

先行シングルカットとして
Evacuate The Dancefloor が6月29日にAATWよりリリース決定


アルバムタイトルと同じということでリードトラックなんでしょう
今までの曲とはがらりと雰囲気を変えた楽曲に仕上がっています。
ハウスの要素を含んでるような なんともいえない感じですが・・

これは賛否が激しそう
前のスタイルがいいという人も確実にいるだろうし
同じようなスタイルじゃなくて 斬新で良い という人ももちろんだし

Cascadaらしさが出ていればいいんでしょうが
他の曲次第ですね


アルバム全体の雰囲気がどうなるかは判らないのですが
リードトラックがこれだと 前2作とはだいぶ変わるのでしょうか?

これが新曲のPVなんですが 果たして・・・。

EVACUATE THE DANCEFLOOR

シングルのRemixも気になるところ。

アルバムの情報とともに 判り次第ここで報告していきます。




No.404 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.05.14  Sing / Wynonna Judd 


カントリーソングのシンガーである
Wynonna Judd のアルバム
Sing Chapter 1 のリードトラックを
リミックス・シングルカットしたものが
デジタル配信されています。
リミキサーは Jody Den Broeder、Almighty と
最近 たくさんのRemixをこなしている Digital Dog
こちらも 最近妙に目にする Pete Hammond がRemixを手がけました。

Digital Dog Remix
Taylor Swift の Love Story の出来があまりに良すぎたため、かなり期待されていましたが
何のことは無い 今までのDigital Dogとそう変わりません(笑)
やはり Love Story が異色なんじゃないでしょうか・・・?

Jody Den Broeder Remix
こちらもDigital Dogと同じエレクトロですが、甲乙つけ難い感じです(汗)
Digital Dogよりもやや華があるとは思います。

Pete Hammond Remix
予想通り、往年のレトロな雰囲気たっぷりに仕上げています。
この辺はさすがPete Hammondの仕事 と言った感じで、フリークにはたまりません。
この手のヴォーカルと相性がいいのでしょうか?
とても違和感無く すんなり耳に入ってきます。
元は哀愁感がある曲だと思うのですが、華のある展開になっていて、
聞いていてなんだかワクワクします。

Almighty Mix
良くも悪くもAlmightyです。なんというか 普通の仕上がりで、無難に手がけました といったとこ。
悪くは無いのですが、やや華やかさに欠ける分 Pete Hammond には劣ると思います。
ただ、最もスタンダードで癖の無い作りになっているのは確かです。

Sing (Remixes) / Wynonna Judd

Pete Hammond Radio Edit 3:39
Jody Den Broeder Radio Edit 4:17
Digital Dogs Radio Edit 2:47
Jody Den BroederExtended Mix 6:39
Digital Dogs Extended Mix 6:36
Pete Hammond Extended Mix 8:10
Almighty Extended Mix 6:35

iTunes Store Japan で購入可能



No.405 / Others / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.05.11  All Or Nothing / N-Force 


昨年リリースした All My Life の
評判が良かったのか、セカンドシングルが
発表され、プロモ展開されています。
ただ、N-Force名義ではセカンドシングルですが
Jorg Schmid としては昨年末から今年にかけて
多数のRemixやプロジェクトを手がけていて、
すっかりUKで大人気となっているようです。

今作はSteve MacがプロデュースしO-Townが歌い上げ、
後にWestlifeもカヴァーした同名曲のバラードを
女性ヴォーカルでアップテンポのトランスポップにカヴァー
曲の雰囲気、ヴォーカルともに文句無しで、
彼らしいポップセンスが光る とてもキラキラかつ爽やかな曲に仕上がっています。
春先から夏に向けてピッタリの楽曲です。

Remix ですが意外に少なめです。

Verde Remix ギリギリハウスといったところでしょうか?かなり軽いです
まったりのんびり感はありますが、ちょっとインパクト弱いです。

Alex K Remix 相変わらずの俺流ですが、曲に合わせて明るめの雰囲気にしています。
やはり一時期に比べると 踊りやすく聞きやすくなっていますね。

Clubstar Remix すっかりHypasonicと並ぶ高BPMのリミキサーになってしまいました。
今回もBPM150とかなり高めです。キラキラキャッチーで悪くないのですが
個人的にはExtendedのほうが ダンサブルでキラキラも含めた
バランスと雰囲気がいいと思います。

PVもなかなかいい雰囲気に仕上がっています。正規リリースはされるでしょうが、
デジタル配信のみの可能性が高いです。

All Or Nothing / N-Force

1. Radio Edit 3:53
2. Extended Mix 5:30
3. Verde Remix 5:56
4. Alex K Remix 5:53
5. Clubstar Remix 5:21

AATW CDDJGLOBE960 UK盤 Promo-CD




No.403 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.05.10  You're Not Alone / BWO 


日本でもアルバムがリリースされ、
Daishi DanceなどのRemixでも話題になり
徐々に人気が出てきている BWO
彼らの最新アルバム
「Big Science」からのシングルカットです


アルバムに収録されているのはバラードヴァージョンなのですが
CDS収録のRemixは全てダンスになってます
元が元だけに派手ではないですが、切なさ乱れ打ちの感じのものが多いです。
特に7曲目がドラマティックで味のある感じ。 8曲目も悪くありません。
音的にちょっと軽いのと ランタイムの都合上フロアでは使いにくいのが欠点
といっても 曲的にピークにかかるわけではないので
そんなに気にならないかもですが(笑)

You're Not Alone / BWO

1 Ballad Mix 3:02
2 Skylab Radio Edit 3:05
3 Fatty Phunk Radio Edit 3:55
4 SoundFactory Radio Edit 3:43
5 Oscar Holter Radio Mix 3:02
6 SoundFactory Club Anthem 6:21
7 Skylab Extended Mix 4:47
8 Fatty Phunk Extended Mix 4:52
9 Oscar Holter vs Tombola Techhouse Mix 5:24
10 SoundFactory Big Room Dub 6:57

Bonnier Music 334 24941 スウェーデン盤 CDS

Skylab Radio Edit




No.402 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.05.02  Rain / E-Type 


昨年末にAATWからTrue Believerが
デジタルリリースされたE-Type
セカンドシングルは Rain になったようです
この Rain なんですが
True Believerとは趣を変えての
ハッピーユーロチューンになってます。
サビは女性ヴォーカル A~Bメロは
MCに近い男性ヴォーカルで、 独特の味があるRadio Editももちろんいいのですが
今回 Clubstar Remix がすごくいいです

まず Jorg Schmid は最もスタンダード
BPM142と使いやすく、音も厚いため フロア向け。
ややロックっぽい感じもあり。

Jupiter Ace 地味なハウスで使えないです・・

Clubstar はやっぱりBPM150もあるのですが、
とてもキラキラしていて 爽やかポップな仕上がり。
サビ部分がなんとも上手く仕上がっています
2コーラス目のサビは ブレイクになっていて
そのあとのブリッジがまたいい感じ。
Dress You Up、All Or Nothing と並ぶ出来。
BPMがやたら高いのを除けば 文句なしです。

Styles & Breeze はハードコア仕様になっています
これは 女性ヴォーカルのサビ部分だけを使用していて
かなり疾走感溢れる良作です

Rain / E-Type

1. Radio Edit 3:20
2. Jorg Schmid Remix 5:20
3. Jupiter Ace Vocal Mix 6:03
4. Jupiter Ace Club Mix 6:33
5. Jupiter Ace Dark Knight Mix 5:47
6. Clubstar Remix 5:17
7. Styles & Breeze Remix 4:25

AATW CDDJGLOBE1069 UK盤 Promo-CD




No.401 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。