Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2009.10.18  Dangerous / Cascada 


アルバム、Evacuate The Dancefloor からの
シングルカット第2弾はDangerous になったようです。
Original Version は哀愁系メロディックダンスチューン
ハウス寄りとかではなく、従来のCascadaな雰囲気。

とりあえず聞いた感じ
Cahillはちょっと微妙 ハウスとしては若干物足りない感じ
Wideboysのほうが使いやすそうではありますが
元の曲がハウスとして相性が良くないのかも。

Darren Styles 切ない系のアッパーなRemixで とてもダンサブル
Originalと並んで いちばん「らしい」Remix

N-Force 要するにJorg Schmidなんですが
彼のスタイルは元々Cascadaのそれと似ているので
どうしても印象が薄くなる感じが・・・
悪くは無いのですがOriginalとさほど変わらない気が。

Immerze Remix 初めて耳にするリミキサーですが なかなかいいですね
ピアノ音色で切ないイントロから始まったかと思うと
キック太めで若干ハードな雰囲気に。 その後トランシーでアタック強めのシンセが
良い味出していると思います

Fugitive 相変わらず弱いです(笑)

前作のシングル Evacuate The Dancefloor と比べると やや微妙ですが
今回は ハウスではなくポップ系Remixが頑張ってるので
そっちが好きな人には需要ありそうですね。

ただし 残念なことに CDSはEditのみの収録です。
iTunes UKではリリースされているものの 中途半端にEditかつ一部トラックのみ。
別のDLストアなら 以下のトラックリストと同じ内容で購入できます。

Dangerous / Cascada

1. Cahill Mix 6:38
2. Original Mix 4:34
3. Darren Styles Mix 5:39
4. N-Force Mix 5:11
5. Wideboys Stadium Mix 7:08
6. Immerze Mix 5:44
7. Fugitives Special Dance Mix 6:27
8. Wideboys Stadium Dub 7:08




スポンサーサイト


No.421 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2009.10.18  Burning / Alcazar 


活動再開したAlczarのシングルが本国でリリースされ
その後だいぶ経ってからUKでのプロモが展開されています。
まあ この話自体は数ヶ月前の話なのですが(笑)
しかし いまだに正規リリースの話が出てきません。
おそらくダウンロードリリースだと思うのですが・・・


従来の彼らの曲と比べると 今の流行なのかハウス・エレクトロ指向が強めです。
でも雰囲気的には悪くなく、ポップさ加減も十分。
しっかりと作りこまれた、ダンサブルなチューンです。
UKでの新規Remixも オリジナルの雰囲気に引きずられて Cahill が手掛けています。
しかも このCahill Remixが素晴らしい。
Extendedを一回りダンサブルにした感じで それがとても上手く仕上がっている。
バランスがよく、踊りやすいハウスチューン。

他のRemixはというと、AATWからAlex KとJorg Schmid
Alex Kは毎度おなじみ俺流でかなりバンピン(笑)これはこれで楽しい。
逆にJrog Schmidがイマイチ乗り切れていない感じ。
トランシーポップで悪くは無いんだけど・・・ なんか印象が薄い。

尚、後発でAlmighty Remixesも発表されていて、こちらもなかなか。
Cahillと同じように ExtendedをベースにRemixしているけど 若干トランシー。
使い分けが出来そうな感じではあるかな。
ただ 音的に若干Cahillよりおとなしい展開なので、Cahillのほうがフロア映えしそうですが。

Burning / Alcazar

1. Radio Edit 2:36
2. Extended Mix 3:58
3. Cahill Radio Edit 3:17
4. Cahill Floorfillas Mix 4:23
5. Cahill Remix 6:01
6. Daz Bailey Mix 8:40
7. Jorg Schmid Mix 5:54
8. Alex K Mix 5:57

1. Almighty Radio Edit 3:53
2. Almighty Club Mix 7:45
3. Almighty Dub 7:14
4. Almighty Instrumental 7:44


Cahill Club Mix



No.420 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。