Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2010.03.26  Out Of The Blue 2010 / System F 


いわずと知れたFerry Corstenの代表曲
90年代後半からのトランスブームの走りともいえる曲の一つで
根強い人気を誇る。
その Out Of The Blue の 2010 Verがリリース。
先日リリースされた Airscape の Lesperanza と同じく
時代の流れということで、エレクトロ要素を含んだ
ヴァージョンをRadio Editとして起用。

傾向としてはエレクトロ方向にシフトしているのかなと思いきや
実際にはそうでもなく、Originalのイメージを強く残したものなど
多種多様なヴァージョンが製作された模様。

今回、Radio Cutされている Hi_tack と Rafael Frost はエレクトロの要素が強いヴァージョン。
ただエレクトロ一辺倒ではなく、オリジナルの持つイメージを残しています。
Rafael Frostのほうがトランシーな音使いが多く、元のイメージにより近い雰囲気です。

Tiest Remix は上記の Rafael のヴァージョンをより流れるような雰囲気に仕上げていて、
なかなか味のある展開になっています。
1999当時のTiestのイメージからするとちょっと地味かもしれないですが、
まさに今の音ですねこれは。

Giuseppe Ottaviani Remix は元のオリジナルを一回り広げて仕上げていて
スピード感もありトランシーでオリジナルの要素を十分に残し、
とても上手く仕上げてあると思います。
音のアタックを全体的に強くし、ダンサブルかつ臨場感のある雰囲気です。

Showtek はハードテック要素が強いのですが、中盤のブレイクからが
どのヴァージョンよりも幻想的でなんとも素敵。すごい対比になっています。

他に1999当時のOriginalと それを基にしたViolin Version が収録
Violin はOriginalと音は同じですが、
途中のブレイク時にバイオリンのソロパートが大きく使われていて
とてもドラマチックな雰囲気のあるものに仕上がっていて素敵です。

ここには収録されていませんが、他にもRemixはありまして、
ポップトランシーな Akira Kayosa Remix もドラマチックでいい仕上がりです。

Out Of The Blue 2010 / System F

1 Hi_Tack Radio Mix 2:53
2 Rafaël Frost Radio Edit 3:06
3 Original Violin Edit 8:20
4 Tiësto Remix 9:33
5 Laidback Luke Remix 6:50
6 Giuseppe Ottaviani Remix 8:10
7 Koen Groeneveld Remix 7:37
8 Showtek Remix 6:49
9 Original 1999 Extended 6:41

EU(オランダ)盤 CDS PREMIER 1403-1

Giuseppe Ottaviani Remix



Akira Kayosa Remix
スポンサーサイト


No.439 / Belgium , Holland / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2010.03.21  On & On / Agnes 


Agnesの新曲UK盤プロモ
Original Mix はBPM遅めのダンスポップなのかな?地味ですが。

Remix はほぼハウスですが 中でも
7th Heaven Remix がなかなかの仕上がり。
Almightyっぽいラインの仕上がりで(当たり前だけど)、安心して聞けます。
しっかりとした作りで、フロアでも問題なく使えそう。
最近7th Heavenは大活躍ですね~

そして Cahill もいい仕上がりで、7th Heaven がダンスポップ色が強いのに対し
こちらは ポップハウス色が強め。
Taylor Swift の Teardrops On My Guitar (Cahill Extended Mix) と
なんとなく雰囲気が似ていて 音も厚く これも間違いなさそう。
Cahill Remix全てに言えることですが、音の作りと展開が上手く、
厚みを感じさせます。

Warren Clarke Mix も軽めですが、軽快なハウスになっていて○
Original に比べかなり軽い展開で、さくっと聞けて、さくっと踊れるような感じです。
これはこれでアリではないかと。


On & On / Agnes

01. Original Radio Edit 3:52
02. Extended 5:48
03. Alex Colle Edit Remix 3:06
04. Alex Colle Remix 7:34
05. 7th Heaven Remix 7:42
06. Cahill Remix 5:56
07. Benni Benassi Remix 5:30
08. Warren Clarke Mix 7:00
09. Warren Clarke Dub 6:00




No.438 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2010.03.21  Right Now / Loveline 


昨年末 Zoolandからリリースされた新曲。
Extended はとてもZoolandらしい雰囲気。
キック太め ポップタスティックでメロディアスな展開、
ストレートな女性ヴォーカル と揃っています。
明るめなメロディで これからの季節にいいかもしれない。

それを一回り音を厚くして 若干トランシーに仕上げたのがRyan Thistlebeck Remix
ハンズアップほどイケイケではないにしても ポップでなかなかお気に入り。

Alex K はいつものように俺流。テンポアップで一気にまくし立てる感がなんとも。

De-Grees Remix 彼ららしいポップトランシーな作品。
ポップさが前面に押し出されていて聞いていて安心感を覚える安さ。
エアプレイ向き、ランタイム短めです。

Right Now / Loveline

1. Radio Edit 3:08
2. Extended Mix 4:49
3. Ryan Thistlebeck Remix 5:50
4. Alex K & Wilz Remix 5:06
5. Degrees Remix 4:21




No.437 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2010.03.08  Pyromania / Cascada 


Evacuate The Dancefloor 以来、UKポップスを
ターゲットにした曲調で成功を納めているCascadaですが
この新曲 Pyromania もUKで人気が出そうな雰囲気です。
Radio-Extended はギリギリハウスな感じの
ポップスになっています。
Extended はフロアで使えなくはないでしょうが
今回もRemixが豪華なので、そちらのほうが良さそう。


それもそのはず 今回も Cahill と Wideboys による鉄板の二人を起用。
Cahill は従来どおりバランスの取れた踊りやすい仕上がりです。
Evacuate~に比べると ちょっと曲的に華がないような感じなので 少々地味ですが、
よく出来ています。使いやすい、踊りやすい という感じでオススメです。

Wideboys はエレクトロ路線ですが、音のアタックが強く、クールな仕上がり。
ヴォコーダーなどの使い方も上手く、なかなかカッコいいです。
是非ともクラブで聞いたみたい曲ですね。

Spencer & Hill 彼らにしてはちょっと音が足りない。
せっかくのサビ部分が妙にスカスカで、グルーヴ感に欠けるためフロアでは
ちょっと使いにくそうな感じ。

Frisco は従来のCascadaテイストにかなり近いです。
元が元ですが 今回は特に違和感なくさらっとポップに聞けます。
意外と高BPMのほうが似合うのかもこの曲。
かなりテンポが良く、軽快に進むのでポップなシーンでは使いやすそう。


Pyromania / Cascada

01. Radio Edit 3:31
02. Cahill Radio Edit 3:27
03. Extended Mix 5:32
04. Cahill Club Remix 6:18
05. Spencer & Hill Airplay Remix 5:41
06. Wideboys Stadium Remix 7:41
07. Frisco Remix 5:28




No.436 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。