Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2010.08.25  Loco / Manian 


Manianの新曲は Welcome To The Club と
似たようなジャンプスタイルの楽曲ですが
今回は ややパワフルな女性ヴォーカル。
これがまた なぜかとても相性が良くて
ノリノリのパワーチューンになっています。


Boom Booooom ワッチュゴナ から入る
サビ部分の Lo o-o-o-o Co !など盛り上がりポイントを上手く掴んでいて
フロアでも盛り上がるんでしょうかね。

Remixはいくつかありますが、なんだかんだで一番使いやすいのは
Extended な気がします。

Empyre One はトランシーで悪くはないのですが
元々のノリのよさが若干かけてしまっているため、なんとなく盛り上がらず。

Raverforce はまた別の意味でトランシーなのですが
こちらもちょっと盛り上がりに・・・

Raaban & Evana はZoolandらしいユーロハウスになっています。

PVもなかなかいい感じで、夏らしくていいです。


Loco / Manian

1 Video Edit 3:11
2 Raaban & Evana Radio Edit 3:29
3 Empyre One Radio Edit 3:21
4 Extended Mix 4:33
5 Raaban & Evana Remix 5:10
6 Empyre One Remix 5:32
7 Raverforce Remix 5:25



スポンサーサイト


No.449 / Germany , Austria / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2010.08.20  Get Outta My Way / Kylie 


カイリーの最新アルバム「アフロディーテ」からの
セカンドシングルカットは
予想通り Get Outta My Way でした。

Remixは多数あるようですが、珍しく有名どころで
Bimbo Jones と 7th Heaven が
手掛けています。



前者は大抵ハズレなのであまり期待していないのですが
後者の7th Heavenはなかなかいい出来で、オリジナルの良さを残しながら、
彼ららしい質の高いポップな展開に仕上げています。
キラキラテイストのシンセがいい味を出していて、フロアでも映えるでしょう。
どかーんと盛り上がる感じではないのかもしれませんが、
意外とフロアで化けそうな予感です。

ただ残念なのは、この7th Heaven Remixが
ルサイズで収録されるCDSのリリース予定がないと言うこと・・・
UK盤ではEditのみ収録、デジタルリリースも同じく。
US盤デジタルリリースでは Extended が収録されると言う話なのですが・・・・・
CDで欲しいのですよ(涙



No.448 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。