Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2013.12.10  I Should´ve Followed You Home / Agnetha Fältskog feat. Gary Barlow 


前作に引き続き、
アグネッタのアルバム A からのシングルカット。
今回は、Take Thatのゲイリー・バーロウとのデュエットソングで、アルバムヴァージョンは、メロディアスなバラードになっています。

ところがこのシングルカットでは、メインミックスを7th Heavenが担当。
ポップでメロディアスなダンスチューンになっています。

前作はアルバムヴァージョンそのものがダンスチューンだったため、とてもノリのいい雰囲気でしたが、今回はダンサブルと言うよりは、ちょっとメロウな感じが漂う雰囲気に仕上がっています。フロアでかけるとまた違った印象になるかもしれません。

しかし、7th Heavenはここ最近、本当にいい仕事をしますね。
メジャーリリースはされなくとも、結構な数のRemixをこなしていますし、やはり、往年の旧Almightyクルーの力は強しと言ったところでしょうか。

I Should´ve Followed You Home / Agnetha Fältskog feat. Gary Barlow

1. 7th Heaven Radio Edit 4:49
2. Album Version 4:40
3. 7th Heaven Club Mix 7:36
4. 7th Heaven Dub 7:17


スポンサーサイト


No.519 / Northern Europe / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。