Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


11  09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2017.11.18  Dancing With A Broken Heart / Steps 


STEPSのアルバムはそれなりに売れ行きが良かったのか、新曲を追加したDELUXバージョンなるものがリリースされました。でもこの手のリリースの場合、2枚組にしてボーナス的なものをつけないと売れないとは思うのですが・・・。
それはさておき。
その追加新曲がこの、Dancing With A Broken Heart なわけです。
新曲追加と言うから、オリジナルかと思いきやカヴァーで、オリジナルはデルタ・グッドレムというオーストラリアのアーティストが2012年リリースしています。
今回、STEPSのカヴァーでは毎度おなじみ 7th Heaven がRemixを手がけていますが、デルタ・グッドレムのオリジナルにも、7th Heaven Remixがあるようです。
ただ、デルタのオリジナルは割とゆったりめのポップスになっているので、それをベースにした 7th Heaven Remix もポテンシャルは高いですが、正規リリースには至りませんでした。
逆にSTEPSがカヴァーした方は、少しアッパーなポップスになっていて、7th Heaven が手がけたRemixもそれだけでAir Playとして成立するような出来になっています。

余談ですが、強い決意を感じさせる歌詞も個人的にはお気に入りです。
そしてSTEPSのPVは意味不明です(笑)ハロウィンにあわせただけかな?

Dancing With A Broken Heart (Remixes) / Steps

1. Video Edit 3:37
2. 7th Heaven Radio Mix 3:28
3. Nathan Jain Radio Edit 2:23
4. 7th Heaven Club Mix 5:52
5. Nathan Jain Club Mix 3:36

スポンサーサイト


No.536 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



2017.11.07  Neon Blue / Steps 


Stepsのニューアルバムからのシングルカットはまだ続きます。
この曲、アルバム・ヴァージョンが大人しいながらも、すでにダンスポップになっていて、それをベースに7th Heavenがキラキラしたダンスポップに仕上げています。
やはり7th Heavenはこの手の曲と相性がいいのか、とてもハマった仕上がりになりますね。
それとは別にもう一つ Adam TurnerによるRemixもあるのですが、こちらは少しだけエレクトロ色が強い音使いのダンスポップになっています。全体的に少し地味で7thに比べると、華がない感じの仕上がりですが、使い分けはできそうです。と言っても、7th Heavenのイメージがやはり強すぎるので、クラブでかけるなら間違いなく7th Heavenですが(笑)

Neon Blue (7th Heaven Remixes) / Steps

1. 7th Heaven Radio Edit 3:39
2. 7th Heaven Club Mix 6:45



No.535 / UK - Pop & Vocal House / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。