Main Site

POPFILLERS

お問い合わせは
ページ下部のメールフォームでお願いいたします。


profile

mAsa

人気トランスコンピレーションアルバム、 「QUAKE TRANCE BEST」「EXIT TRANCE BEST」 シリーズでの楽曲解説、「QUAKE NEWS」シリーズでは 選曲から解説まで携わり、同時に自身もDJとして活動開始。

現在は偶数月第4日曜日開催の「STANDARD @ alamas cafe (新宿)」にてレギュラーを務める。

トランスやユーロダンス、ダンスポップなど 特に楽しい楽曲を軸に、 "ダンスミュージックの楽しさ"を伝えることを得意としている。



Blog Serch




Links




Categories




Recent Entries




Recent Comments




Recent Trackbacks




Archives


09  07  05  02  01  04  02  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  03  02  01  12  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


Contact

ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらで

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


注:携帯電話用メールアドレス、
Hotmailアドレスでは
こちらからの返信が届かない場合が
ありますので ご遠慮ください。


RSSフィード




Janitor




--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲



2011.09.28  Dancemania 15周年 


Dancemania が今年で15周年。
なんだか感慨深いものを感じます。
というのも、洋楽ダンス/クラブミュージックに
ハマるきっかけになったのがこのコンピで、
しかも最初に聞いたのが 99年発売のX3。
なので、ダンスミュージック歴は
実はまだ12年弱くらいだったりします。
CDS収集するようになったもそれからすぐで、
その後は一気にCDSが増えていきました。

とまあ 自分のダンスミュージックの原点が
このDancemaniaシリーズだったわけです。

他のコンピやCDSを集めだすと、ポップだけではなく
いろんなジャンルのものが聞きたくなり、
ダンスポップやポップハウスだけでなく、トランスやハウス・・・etcと幅が広がりましたが、
ここ最近は元の ダンスポップ/ポップハウスに加えてトランスポップなどを
メインに聞くようになり、ポップ一筋で落ち着いたようです。
一つの趣味でここまで続いたのは初めてなので、CDSのリリースが無くなった昨今ですが
これからも細々とポップなものを紹介できればな。と改めて思いました。

残念ながらDancemaniaのリリースは今現在は無くなったも同然になってしまいましたが、
これから先、何らかの形で続いていけばいいなぁと思ってたりはします。
(でも数年おきにスパークルのようなコンピを出すとかっていうのはさすがにアレですが・・・)

今までいくつかDancemania収録楽曲のCDSレビューもしてきましたが、
あまりに昔に書いたレビューは修正して順次再アップして行こうと思っています。
関連記事


No.474 / Column / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲



← Captain Jack / Captain Jack / Home / Rhythm & Rule (Reason To Live) / Deja Vu featuring Tasmin →

Comment Post


Name:
Title:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。